雨は洗車代わりになる?汚れを落とすだけなら拭き取りも雑巾だけ!



スポンサードリンク

Pocket


筆者は面倒くさがり屋なので、洗車代わりにしています。

しかし、同じ雨でもきれいに(?)洗車できる時と逆に汚れが目立ってしまう時があるように思います。

雨が上がって汚れが目立つような時には、仕方がないので雑巾で拭き取りをしなくてはなりませんが、ワックスやコーティング剤なども使用してません。

はたして、雨は洗車代わりになるのでしょうか?

今回は、「雨は洗車代わりになる?汚れを落とすだけなら拭き取りも雑巾だけ!」と題して、雨は洗車代わりになるかを見ていきます。




スポンサードリンク

雨は洗車代わりになる?

雨は洗車代わりになるなら、洗車代も得した気分になりますし、手間もかからなくていいですよね。

車が汚れたちょうどいいタイミングで雨の天気予報が出たりするとうれしくなったりもします。

しかし、必ずしも雨が降ったからといって洗車代わりになるとは限りません。

黄砂や泥などが付着したり車の汚れがひどければ、きちんとした洗車が必要なのは言うまでもありません。

雨は洗車代わりになるには、条件があるように思います。

その条件とは、次の2つです。

◎雨にホコリや土砂が含まれていないか?

◎ある程度の雨量

詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

雨は洗車代わりになる条件その1~雨水の質

空から降ってくる雨水(地面に落ちる前)には、ホコリや土砂などがあまり含まれていないので、洗車代わりになるでしょう。

この場合は雨が上がって車のボディーが乾いても雨つぶの跡はあまり残りません。

これに対して、一度地面に落ちた雨の場合は路面のホコリや土砂が雨水に含まれてしまいます。

なので道路を走った時に車のボディーに付着した雨水では、洗い流そうにもどうしても汚れが残ってしまいます。

この場合は汚れが残らないようにするために拭き取りの作業が必要になります。

このように同じ雨でも地面に落ちる前と後では、洗車代わりになる場合とならない場合があります。

雨は洗車代わりになる条件その2~雨量

雨は洗車代わりになるもうひとつの条件として、雨量があります。

小雨など少ない雨量だった場合、雨が上がった後、逆に降雨前より車が汚れていたということはありませんか?

これは雨量が中途半端だったために、車のボディーに付着していた汚れが雨水によって浮き出てきてしまったんですね。

この汚れを洗い流すには、ある程度の雨量が必要です。

雨を洗車代わりにするなら、汚れを洗い流してくれる多少強い雨の方が向いているといえます。

汚れを落とすだけなら拭き取りも雑巾だけ!

続いて、拭き取りについてです。

車のボディーに浮き出た汚れは、雑巾やタオルなどで拭き取りの作業が必要になります。

拭き取りの作業を怠ると、雨粒と汚れの跡が目立って見た目もよくありません。

拭き取りには専用の雑巾もありますが、普通の雑巾や古いタオルでも全然OKです。

車の拭き取りには汚れを落とす以外にも大事な目的があります。

なぜ濡れた後ですぐに拭き取るのかというと、汚れ以外に濡れて錆びが発生する恐れがあるからです。

塗装のわずかなひび割れなどから錆びが始まりますから、濡れた後は早めに拭き取りした方がいいです。

ワックスやコーティング剤を使用するには雨の日は向いていませんが、汚れだけを落としたい時はこのように雑巾などで拭き取りするだけで雨を洗車代わりにすることができます。

天気によって、これらを分けるのもいい方法だと思います。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ 雨の日の洗車のメリットは何?デメリットはたいしたことない?

まとめ

今回は、「雨は洗車代わりになる?汚れを落とすだけなら拭き取りも雑巾だけ!」と題して、雨は洗車代わりになるかを見てきました。

まとめると、雨は洗車代わりになるかは、雨水の質と雨量の条件次第で、汚れを落とすだけなら雑巾やタオルの拭き取りでOKです。

ワックスやコーティング剤を施してバッチリきれいにするなら晴れた日に、逆に汚れを落とすだけなら雨の日を洗車代わりにするのもいいのではないでしょうか。

この記事が少しでもみなさんのお役に立てば、うれしいです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。



スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする