台風の目に入るとどうなる?大きさや通過時間などもわかりやすく!

近年は異常気象ともいえる今までにないような気候になることがよく見られています。

台風も例外ではなく、規模の大きなものが増えてきているような気がします。

その台風の中でも天気予報などでよく聞かれるのが、”台風の目”です。

台風の目は天気図などで見るとはっきりとわかりますが、台風の目に入るとどうなるのかは入ってみて初めてわかる驚くべき体験になると思います。

今回は、台風の目に入るとどうなるのか、また大きさや通過時間などについてもわかりやすく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

台風の目に入るとどうなる?

台風の目は台風の中心なわけですから、最も風雨が強くなるような気がします。

しかし、実際はこれとは逆に台風の目に入ると風も雨も噓のように止んで突然静かになります。

場合によっては雲がなくなって青空が見えることさえあります。

天気図で見るとわかりやすいと思いますが、台風の中心部は目のようになっていて穴が開いているのがはっきりと確認できます。

この穴(台風の目)の部分はほとんど雲がないことを意味します。

雲がなければ、風雨も止むというわけです。

ちなみに、台風の目は英語では、そのままですが「eyewall(アイ・ウォール)」と呼ばれます。

日本語では「目の壁」、あるいは「眼の壁雲」とも呼ばれます。

台風の目に入るとどうなる?~筆者の体験

筆者も数年前、沖縄に旅行した時に大型の台風に当たり、飛行機はすべて欠航になり街路樹は折れるなど経験したことのない強風を目の当たりにしたのですが、台風の目に入った途端それまでの強い風雨が噓のように止み静かで穏やかな天候になったのを実際に体験しました。

台風の目が過ぎ去った後は再び強い風雨が吹き荒れましたが、台風の目に入る前よりは弱かったのを覚えています。

停電になった地域もありましたし、コンビニ以外の店はほとんど休業となり食事はどうしようかというほどで、本場の台風はこれほど凄まじいものかと思い知らされた沖縄旅行でした。

スポンサードリンク

台風の目の大きさや通過時間

続いて、台風の目の大きさや通過時間を見ていきましょう。

台風の目の大きさは、直径20~200km、高さ約12~18kmほどで地表から対流圏いっぱいに広がることが多いです。

通過時間は速度が遅い台風では1時間以上もかかることもありますが、台風の規模によって異なりますが数分から1時間ほどというのが目安です。

一般的に台風の規模が大きく速度が遅ければ、それだけ台風の目の通過時間も長くかかるといえるでしょう。

台風の目が通過した後は再び強い風雨が吹き荒れます。

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

台風の強さ・大きさは何で決まるの?基準は気圧かヘクトパスカルか?
こちらでは、「台風の強さ・大きさは何で決まるの?基準は気圧かヘクトパスカルか?」と題して、台風の強さ・大きさとその基準についてまとめました。天気予報で耳にするヘクトパスカルのような言葉は聞いていてもピンときません。わかりやすい基準は何でしょうか?

台風の目は被害少ない?

最後になりますが、台風の目の被害が少ないかどうかを見ていきます。

台風の目の中に入ると風雨が弱くなることから被害も少なくなるようにも思えます。

確かにずっと台風の目の中に入っている状態ならば被害は少ないでしょう。

しかし、台風の目の中に入るということは目の中に入る前後は強烈な風雨が吹き荒れることを意味します。

台風の目の中に入るといってもその前後は暴風域になるため、必ずしも被害が少ないというわけではありません。

むしろ台風がまともに直撃してくるわけですから、大きな被害が発生する可能性は高いといえます。

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

台風の目の中が天気いいのはなぜ?風が弱いのに過ぎた後は要注意!
こちらでは、台風の目の中は天気がいいのはなぜなのか、また風が弱いのに過ぎた後は要注意な理由についてもまとめました。台風の不思議な現象のひとつが台風の目の中は天気がいいことです。また風も弱いのに過ぎた後は逆に風雨が強くなるのはなぜ?

台風の目に入るとどうなる?~まとめ

今回は、台風の目に入るとどうなるのか、また大きさや通過時間などについてもわかりやすく見てきました。

台風の目に入ると風も雨も噓のように止んで突然静かになり、場合によっては雲がなくなって青空さえ見えることもあります。

台風の目の大きさは、直径20~200km、高さ約12~18kmほどで、通過時間は台風の規模によって異なりますが数分から1時間ほどが目安です。

また、台風の目の中に入るということは台風が直撃するということですから、必ずしも被害が少ないというわけではなく大きな被害が発生する可能性は高いといえます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました