藤井聡太のA級順位戦の日程と成績は?Abemaなど中継予定も!

史上最年少名人を目指す藤井聡太竜王の第81期A級順位戦がいよいよ開幕します。

対局は6月から翌年3月まで各棋士が総当たりで9局を指し、名人への挑戦権を争います。

注目の対局日程やAbemaなどの中継予定はどうなっているのでしょうか?

藤井聡太竜王にとっても1局1局が重要な意味を持ちますが、その成績も気になります。

今回は、藤井聡太竜王の第81A級順位戦の対局日程と成績、Abemaなど中継予定などについて見ていきます。

スポンサーリンク

藤井聡太のA級順位戦の日程

藤井聡太竜王の第81期A級順位戦の対局日程は、2022年6月22日(水)の佐藤康光九段戦を皮切りに2023年3月2日(木)の稲葉陽八段戦まで全9局が行われます。

概ね月1局のペースで指され、8回戦、9回戦の対局日はわかっていますが、その他の対局については対局日の1か月前ぐらいに発表されているようです。

全9局中、6局が名古屋将棋対局場で行われる予定となっています。

藤井聡太竜王の第81期A級順位戦の対局日程は、以下の通りです。

藤井聡太の第81A級順位戦の対局日程など概要
対局日程
1回戦:2022年6月22日(水)
vs 後手・佐藤康光九段(名古屋将棋対局場)

2回戦:2022年8月10日(水)
vs 先手・菅井竜也八段(名古屋将棋対局場)

3回戦:2022年9月12日(月)
vs 後手・糸谷哲郎八段(名古屋将棋対局場)

4回戦:2022年?月?日(未確定)
vs 先手・斎藤慎太郎八段

5回戦:2022年?月?日(未確定)
vs 後手・広瀬章人八段

6回戦:2022年12月?日(未確定)
vs 先手・佐藤天彦九段

7回戦:2023年1月?日(未確定)
vs 後手・豊島将之九段

8回戦:2023年2月1日(水)
vs 先手・永瀬拓矢王座

9回戦:2023年3月2日(木)
vs 後手・稲葉陽八段

対局開始時間
10時00分~

昼食休憩
12時00分~12時40分

夕食休憩
18時00分~18時40分

持ち時間
各6時間

スポンサードリンク

藤井聡太のA級順位戦の成績

藤井聡太竜王の第81期A級順位戦の成績は、以下の通りです。

藤井聡太の第81A級順位戦の成績:21敗(3回戦終了)

対局手番対局相手勝敗
1回戦先手佐藤康光九段
2回戦後手菅井竜也八段
3回戦先手糸谷哲郎八段
4回戦後手斎藤慎太郎八段
5回戦先手広瀬章人八段
6回戦後手佐藤天彦九段
7回戦先手豊島将之九段
8回戦後手永瀬拓矢王座
9回戦先手稲葉陽八段

藤井聡太のA級順位戦のAbemaなど中継予定

続いて、藤井聡太竜王の第81期A級順位戦の中継予定を見ていきましょう。

地上波、BS、CSのテレビ放送はなく、映像付きのライブ中継はインターネットテレビのABEMA将棋チャンネルと毎日新聞になります。

対局の様子がプロ棋士の大盤解説付きで無料で楽しめるとあって最も手軽でおすすめです。

他にも名人戦棋譜速報、将棋連盟ライブ中継アプリでライブ中継が予定されています。

こちらは文字解説付きで有料となります。

ご視聴はこちらからどうぞ!

ABEMA将棋チャンネル(無料)
⇒ https://abema.tv/now-on-air/shogi

毎日新聞「対局Live第81期名人戦・順位戦」(無料)
https://mainichi.jp/meijinsen/2023/live/

名人戦棋譜速報(有料)
⇒ http://www.meijinsen.jp/

将棋連盟ライブ中継アプリ(有料)
⇒ https://www.shogi.or.jp/lp/mr201704/

いずれも対局開始から投了まで、完全生中継の予定となっています。

ABEMAプレミアムがおすすめ
ABEMAプレミアムなら960円/月(税込み)で、広告が表示されず追っかけ再生可能、加えて将棋以外のコンテンツも見放題で過去に放送された作品も楽しむことができます。

※2週間無料お試しあり(登録から13日後の解約期限までに解約した場合、料金はかかりません)

詳細・お申込みはこちらからどうぞ↓↓

藤井聡太のA級順位戦の日程と成績~まとめ

今回は、藤井聡太竜王の第81期A級順位戦の日程と成績、Abemaなど中継予定などについて見てきました。

藤井聡太竜王の第81A級順位戦の対局日程は、6月の1回戦・佐藤康光九段戦を皮切りに202332()の稲葉陽八段戦まで全9が行われます。

成績はわかり次第、更新していく予定です。

中継予定は映像付きのライブ中継はインターネットテレビのAbema将棋チャンネル(無料)と毎日新聞(無料)で、他に有料で名人戦棋譜速報、将棋連盟ライブ中継アプリでライブ中継が予定されています。

史上最年少名人を目指して、A級順位戦の藤井聡太竜王から目が離せません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました