台風が来るのに旅行に行くことになった!こんな時はどうする?

Pocket


楽しみにしていた旅行台風に当たってしまっては魅力半減となってしまいます。

旅行に行く準備をしながらテレビを見ていたら、旅行先に台風接近という天気予報だったら、いろいろ考えてしまいます。

台風が来るのに旅行に行くことになっているけれど、旅行そのものをキャンセルしたほうがいいのか、旅行先で台風が来てしまったらどうするのがいいのか、心配事は尽きません。

そこで今回は、「台風が来るのに旅行に行くことになった!こんな時はどうする?」と題して、台風と旅行について見ていきます。

スポンサードリンク

台風が来るのに旅行に行くことになった!

台風は自然現象ですから、私たちの手ではコントロールすることはできません。

急に進路を変えて支障がない場合もあれば逆のケースもあります。

しかし、対応策を考えておけばその後の旅行がスムーズに運ぶこともあります。

少しでも有意義で楽しい旅行にするために台風が来た時の対応策を知っておきましょう。

まず、同じ台風でも旅行に行くタイミングによって、対応策がまったく変わってきます。

ここでは、旅行に出発する前・旅行先での滞在中・最終日の3つのタイミングに分けて考えていきます。

台風が旅行の出発前ならどうするのがいい?

台風が来るのに旅行に行くことになった場合、まず考えるのはキャンセルするかどうかでしょう。

これは、キャンセル料が発生するかどうかが最大の問題になるかと思いますので、いつからキャンセル料がかかるかをチェックして旅行に行くかどうかを決めるのがおすすめです。

一番もったいないのが台風が来るからという理由で、旅行は無理だと判断してキャンセル料を払ってしまうことです。

飛行機の場合は、台風で欠航した場合、便の振替え(変更)やキャンセルは無料ですからあわてずに対応しましょう。

また困ったことに飛行機の欠航はほとんど当日か前日に決まるので、航空会社のホームページなどでチェックしておきます。

飛行機の欠航がいつ決まるかは、こちらの記事をご参照下さい!
☞ 台風による飛行機の欠航はいつ決まる?飛ばなくなる基準は?

旅行先での滞在中はどうする?

旅行先での滞在中に台風が来たなら、やはり観光は屋内中心にならざるを得ません。

また台風の規模によっては、屋内の観光施設もクローズドになるケースもあります。

筆者が沖縄で台風に当たった時は、タクシー以外の交通機関がストップし、国際通りもコンビニとホテル以外はクローズド、美ら海水族館も閉館になりました。

街路樹は折れ、看板も剥がれ飛ぶほどの強風で、外出も危険な状況でした。

こうなると飲食物の確保が先決になり、観光どころではありません。

ホテルの部屋でジッと待機し、もし延泊という場合に備えて情報収集していました。

ここまでひどいケースは稀だとは思いますが、情報収集がひとつのポイントとなるのは間違いないところです。

台風の規模によって、どう行動するのかを決めましょう。

スポンサードリンク

最終日に台風に当たったらどうする?

最終日に台風に当たったらどうするかは、まず帰れる手段があるかどうか調べることです。

代替えの便があれば、時間がかかってもこれで帰ることになるケースが多いと思いますが、問題は帰る手段がない場合です。

帰る手段がない場合はほとんどが延泊することになるかと思いますが、延泊に要する経費は旅行会社や航空会社などが負担ではなく、利用者の負担となります。

筆者の場合は、旅行会社から欠航の連絡が来て、代替え便の手配の提案などがありました。

おそらくは旅行会社を通している旅行の場合は、いろいろと旅行会社が相談に乗ったり、手配してくれると思います。

情報収集した上で、最大限活用することをおすすめします。

問題は個人で手配した場合ですが、その場合はすべて自力で手配するしかありません。

やはり情報収集がポイントとなるでしょう。

まとめ

今回は、「台風が来るのに旅行に行くことになった!こんな時はどうする?」と題して、台風と旅行について見ていきます。

まとめると、台風が来るのに旅行に行くことになったなら、

出発前⇒いつからキャンセル料がかかるかをチェックして旅行に行くかどうかを決める

旅行先での滞在中⇒情報収集しつつ台風の規模によって、どう行動するのかを決める

旅行の最終日⇒帰れる手段があれば帰る。なければ、情報収集した上で、旅行会社を最大限活用することをおすすめします。

台風という自然現象が相手ですから、それに合わせて行動するしかありません。

旅行するにあたっては台風が来そうな時には台風が来た状態を想定して、対応策をあらかじめ用意しておくのがポイントといえそうです。

そして、何をするにも早め早めの行動がその後の命運を分けることになります。

ある意味では旅行では何かしらのトラブルは付き物ともいえます。

あまり一喜一憂せずにこういうこともあるというくらいの気持ちでいたほうが的確な判断が下せるようにも思えます。

この記事が少しでもお役に立てば、うれしいです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

その他の台風・豪雨に関する記事はこちらからどうぞ!
☞ ゲリラ豪雨のゲリラの意味とは?増えた原因と対策も探ってみた!

☞ 台風の強さ・大きさは何で決まるの?基準は気圧かヘクトパスカルか?

☞ 台風の名前はだれがどう決める?由来・決め方や番号の付け方も!

☞ 台風で飛行機が欠航になる確率は?離着陸が最も危険で雲の上は安全?

リンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする