南湖公園・翠楽苑の紅葉2018見頃の時期はいつ?ライトアップも!

Pocket


南湖は、1801年白河藩主松平定信により、「士民共楽(武士も庶民も共に楽しむ)」という理念のもと、身分の差を越えてだれもが憩える場として造園されました。

一周約2kmで、日本最古の公園といわれています。

秋になると南湖公園は紅葉の名所として知られており、湖畔にある「南湖十七景」と呼ばれる17の景勝地が見どころとなります。

また、隣接する日本庭園の翠楽苑も人気の紅葉スポットで、夜にはライトアップも行われます。

そんな南湖公園・翠楽苑の紅葉2018の見頃の時期は、いつ頃なのでしょうか?

今回は、南湖公園・翠楽苑の紅葉2018見頃の時期はいつ頃か?さらにライトアップ情報などについて見ていきます。

スポンサードリンク

南湖公園・翠楽苑の紅葉の2018見頃の時期は?

南湖公園は、大正13年国の史跡名勝となり、松平定信の理念とともに現在に受け継がれています。

植えられた松、桜、楓などは四季折々に典雅な風趣をたたえ、多くの人々を魅了し続けています。

南湖の湖畔やていねいに整備された庭園と紅葉が鮮やかに調和するのは、今年はいつ頃になるのでしょうか?

南湖公園・翠楽苑の紅葉は、例年10月下旬に色づき始め、10月下旬から11月中旬に見頃を迎えます。

例年の色づき始め   10月下旬
例年の紅葉の見頃   10月下旬~11月中旬
定休日        なし
料金         無料(翠楽苑は大人320円、小・中学生160円)
駐車場        無料 100台
所在地        福島県白河市南湖
アクセス
電車
JR白河駅またはJR新白河駅から、バスで南湖公園停留所下車、徒歩約5分


東北自動車道白河ICから、国道4号を経由し、国道289号を南湖方面へ約15分

南湖公園・翠楽苑の紅葉2018の見どころとおすすめの鑑賞方法

南湖公園は、「南湖十七景」と呼ばれる17の景勝地が見どころというのは前にも書きましたが、他に最もおすすめの見どころとして隣接する翠楽苑をあげたいと思います。

翠楽苑には、ゆっくりと呈茶(抹茶と生菓子)を楽しめる「松楽亭」や茶室の「秋水庵」があり、約4,000本の木々に囲まれた「池泉回遊式日本庭園」です。

紅葉の見頃の時期にはライトアップが行われます、毎年、大変好評です。

この他、おすすめの鑑賞方法としては公園・庭園の散策はもちろん、南湖でボートに乗って、南湖名物の南湖だんごを食べながら、翠楽苑の庭園の紅葉を眺めるのもおすすめです。

スポンサードリンク

南湖公園・翠楽苑の紅葉2018のライトアップ情報

南湖公園・翠楽苑では紅葉の見頃の時期になると、翠楽苑の紅葉ライトアップが行われます。

しかもうれしいことに日中には有料だった入園料が紅葉ライトアップの時間は無料になります。

かがり火と水面に浮かぶ灯篭、赤や黄色に色付いた紅葉がなんともいえない情緒があります。

奥の松楽亭では500円位で、お抹茶とお菓子がいただけるはずで、松楽亭から眺めるライトアップされた翠楽苑の紅葉も見どころのひとつです。

幻想的な雰囲気と色鮮やかな紅葉を満喫して、秋の夜長をぜひお楽しみ下さい。

開催期間   2018年10月30日(火)~11月4日(日)
開催時間   日没~20:00まで
料金     紅葉ライトアップは、入園無料(日中は、大人320円、小・中学生160円)
所在地    福島県白河市五郎窪山45-1

まとめ

今回は、南湖公園・翠楽苑の紅葉2018見頃の時期はいつ頃か?さらにライトアップ情報などについて見てきました。

まとめると、南湖公園・翠楽苑の紅葉は、10月下旬から11月中旬に見頃を迎え、特に南湖公園に隣接する翠楽苑の紅葉が素晴らしく、ライトアップも行われます。

また、日中は湖畔や庭園の散策はもちろん、南湖でボートに乗っての紅葉鑑賞もおすすめです。

まだの方は、ぜひご検討いただければと思います。

この記事が少しでもお役に立てば、うれしいです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

その他の福島県の紅葉の記事は、こちらからどうぞ!
☞ 鶴ヶ城公園の紅葉2018見頃の時期はいつ?ライトアップも!

☞ 夏井川渓谷の紅葉2018見頃の時期はいつ?色づき状況と見どころも

リンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする