松島・観瀾亭の紅葉2018色づきと見頃の時期は?ライトアップも!



スポンサードリンク

Pocket


日本三景のひとつとして有名な松島にある観瀾亭は、「月見御殿」とも呼ばれ、ここから眺める月景色は大変風情あるものです。

秋になれば紅葉の名所としても人気で、赤く染まったモミジとお屋敷のコラボが美しく、ライトアップされた光景は幻想的な雰囲気に包まれます。

そんな松島・観瀾亭の紅葉2018の色づき始める時期見頃の時期はいつ頃なのでしょうか?

今回は、松島・観瀾亭の紅葉2018の色づき始めと見頃の時期、さらにライトアップ情報などについて見ていきます。




スポンサードリンク

松島・観瀾亭の紅葉2018の色づきと見頃の時期は?

松島・観瀾亭は、松島湾に面した高台にある建物で、伊達政宗が伏見城にあったものを譲り受け、二代藩主忠宗が松島に移築したとされています。

眺望も抜群なので、お屋敷も立派なため昔は接待用の建物として使用されてきました。

国の重要文化財にも指定されており、博物館も併設されています。

松島湾の絶景を眺めながら、美味しい抹茶と和菓子が食べるのが人気で、和のテイストを存分に味わえます。

秋には紅葉の名所として知られていますが、日本の伝統的な建造物と松島湾の眺望、そして紅葉は相性抜群の組み合わせです。

松島・観瀾亭の紅葉は、例年10月中旬から色づき始め、10月下旬から11月上旬に見頃を迎えます。

例年の色づき始め   10月中旬
例年の紅葉の見頃   10月下旬~11月上旬
拝観時間       8:30~17:00
休館日        なし
入館料        大人200円、大学生・高校生150円、小・中学生100円
所在地        宮城県宮城郡松島町松島字町内56
アクセス
電車
JR松島海岸駅から、徒歩約10分


三陸自動車道松島海岸ICから、約10分

松島・観瀾亭の紅葉2018のライトアップ情報

紅葉の名所として知られる松島の寺町界隈では、紅葉の見頃の時期になると毎年「松島紅葉ライトアップ」が行われ、観瀾亭もライトアップされます。

観瀾亭のライトアップは絵になる風景で、日中とは違った情緒ある幻想的な雰囲気を醸し出してくれます。

月見御殿と呼ばれるだけあって、月と松島湾を背景にした光景は観瀾亭の紅葉のハイライトとも言っても過言ではありません。

開催期間   2018年10月27日(土)~11月25日(日)
開催時間   17:30~21:00
料金     無料

スポンサードリンク

松島・観瀾亭の夜間延長営業

また、観瀾亭では下記の日程で夜間の営業が延長され、抹茶の提供が行われます。

伊達家の月見御殿と呼ばれる観瀾亭で、美しい月夜を眺めながら素敵なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか?

この季節は夜間冷え込むこともあるので、上着は忘れずに暖かい服装で出かけるようにしましょう。

開催日
10月27日(土)、11月2日(金)・3日(土)・9日(金)・10日(土)・16日(金)・17日(土)・22日(木)・23日(金)・24日(土)・25日(日)

時間   16:00~19:30(ラストオーダー 19:00)
料金   500円(抹茶・お菓子セット)

松島・観瀾亭の紅葉2018の混雑予想と駐車場

「松島紅葉ライトアップ」に伴い、松島では国道を中心に渋滞が発生しやすい状況です。

混雑は土日祝日が中心ですが、観瀾亭は国道のすぐそばという場所だけに松島の中でも非常に混雑の激しい場所です。

観瀾亭には駐車場がないので、付近の有料駐車場を利用することになります。

車で行く場合は特に渋滞に巻き込まれる可能性が高いので、空いている駐車場があったらすぐに入るようにするのがおすすめです。

松島の駐車場に関しては、こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ ゴールデンウィークの松島へのアクセスと空いている駐車場は? 

以下が観瀾亭周辺の駐車場になります。

まとめ

今回は、松島・観瀾亭の紅葉2018の色づき始めと見頃の時期、さらにライトアップ情報などについて見てきました。

まとめると、松島・観瀾亭の紅葉は、例年10月中旬から色づき始め、10月下旬から11月上旬に見頃を迎えます。

また、紅葉の見頃の時期には観瀾亭もライトアップされますが、月見御殿の異名をとる観瀾亭の紅葉のハイライトでもあり、おすすめです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

その他の宮城県の紅葉の記事はこちらからどうぞ!
☞ 松島・円通院の紅葉2018見頃の時期はいつ?ライトアップも!

☞ 鳴子峡の紅葉2018見頃の時期は?アクセス・混雑と駐車場も!



スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする