中尊寺の紅葉2018見頃はいつからいつまで?混雑とライトアップも

Pocket


世界遺産にも登録されている平泉中尊寺は、秋になると紅葉の名所でもあります。

金色堂など国宝や重要文化財が数多くありますが、紅く染まったモミジやカエデとのコラボは春とはまた違った表情を見せてくれます。

そんな中尊寺の紅葉の見頃はいつからいつまでなのでしょうか?

また混雑状況ライトアップはどうなのでしょうか?

今回は、中尊寺の紅葉2018見頃はいつからいつまでか?また混雑状況とライトアップについても見ていきます。

スポンサードリンク

中尊寺の紅葉2018見頃はいつからいつまで?

中尊寺の紅葉は、岩手県でも人気の紅葉スポットです。

やはり歴史的な建造物の厳かな雰囲気と紅葉の織りなす風景がマッチするのでしょう。

大変、趣きがありますが、見頃はいつからいつまでになるのでしょうか?

中尊寺の紅葉は例年10月中旬から色づき始め、10月下旬から11月上旬に見頃を迎えます。

毎年11月1日~3日には秋の藤原まつりが開催され、中尊寺の紅葉期間のひとつのハイライトを迎えます。

おすすめスポットは、たくさんありますが金色堂周辺経蔵周辺本堂周辺などはインスタ映えスポットとしてもおすすめです。

例年の色づき始め   10月中旬
例年の紅葉の見頃   10月下旬~11月上旬
拝観時間       8:30~17:00
拝観料        金色堂・讃衡蔵 大人800円、高校生500円、中学生300円、小学生200円
駐車場        あり(470台) 普通車1回400円、町営中尊寺第1・第2駐車場
所在地        岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関202
アクセス
電車
JR平泉駅から徒歩約25分又は巡回バス「るんるん」で10分、JR一関駅から車で約30分


東北自動車道平泉前沢ICから国道4号経由約10分、一関ICから国道4号経由約20分

中尊寺の駐車場・アクセスなどの詳細はこちらの記事をご参照下さい。
☞ 平泉中尊寺のゴールデンウイーク2018アクセスと混雑回避、駐車場 

中尊寺の紅葉2018の混雑状況は?

続いて中尊寺の紅葉2018の混雑状況なんですが、これだけの観光地で紅葉の名所ですから、さぞかし混雑するのではないかと思ったのですがそれほどでもありません。

ゴールデンウイークの混雑ぶりからは信じられないという感じでした。

筆者もある程度の混雑覚悟して訪れたことがあったのですが、平日とはいえ少々拍子抜けするほどゆっくりと観賞できた記憶があります。

混雑のことを考えると中尊寺の紅葉はかなりの穴場スポットともいえそうです。

スポンサードリンク

中尊寺の紅葉2018のライトアップや屋台は?

さて、中尊寺の紅葉のライトアップですが、実は昨年が初めてのライトアップだったんですね。

昨年は28日から参道のモミジがライトアップされ、同時に足元も歩きやすいようにとの配慮から明るく照明がつきました。

ライトアップの時間は16時から18時までで、これに伴い期間中は金色堂などの拝観時間も17時30分まで延長されます。

今年2018年のライトアップの期間や時間はまだ発表されていません。

今年も継続されるといいですね。

ライトアップによって日中とはまたひと味違う神秘的な紅葉を楽しむことができるでしょう。

また、中尊寺の紅葉の期間中における屋台ですが、特に紅葉期間に屋台というのはありません。

しかし参道の入口付近や途中には出店が通年で営業しており、団子やそば、前沢牛など岩手県の特産物をはじめとした様々なお店が営業しています。

特に屋台がなくても十分ともいえます。

まとめ

今回は、中尊寺の紅葉2018見頃はいつからいつまでか?また混雑状況とライトアップについてまとめました。

中尊寺の紅葉は例年10月下旬から11月上旬に見頃を迎え、ライトアップは昨年から始まり、今年はいつからいつまでかはまだ正式発表されていません。

ゴールデンウイークに比べれば、混雑もそれほどでもなくじっくりと紅葉を楽しめるので、中尊寺の紅葉はおすすめです。

また、すぐ近くには日本庭園が美しい毛越寺もあり、こちらも紅葉の名所として人気です。
毛越寺の紅葉の記事はこちらからどうぞ!
☞ 毛越寺の紅葉2018見頃の時期は?アクセス・混雑状況と駐車場も!

ぜひ合わせて楽しまれることをおすすめします。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

その他の岩手県の紅葉の記事はこちらからどうぞ!
☞ 八幡平の紅葉2018見頃の時期はいつからいつまで?混雑予想も

☞ 夏油高原の紅葉2018見頃の時期とアクセスは?紅葉まつりも!

リンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする