鳴子峡の紅葉2019見頃の時期は?アクセス・混雑と駐車場も!

東北屈指の紅葉の名所として知られる鳴子狭には、見頃の時期になると多くの人が訪れます。

深さ100mにも及ぶ大峡谷に連なる紅葉は圧巻の光景で、見晴台や散策道などの見どころからの景色はまさに絶景です。

ピーク時には混雑も激しく、鳴子狭周辺の道路は渋滞が発生し、駐車場に入るのもひと苦労です。

そんな鳴子峡の紅葉2019の見頃の時期はいつ頃なのでしょうか?

今回は、鳴子峡の紅葉2019見頃の時期とアクセス・混雑と駐車場情報などについて見ていきます。

スポンサーリンク

鳴子峡の紅葉2019見頃の時期は?

景勝地、また温泉でも有名な鳴子狭は、大谷川の侵蝕により造られた峡谷で宮城県でも山形県との県境に近い山深い場所にあります。

断崖絶壁のV字谷が2.5kmに渡って続き、秋になると山々と峡谷は見渡す限り、紅葉で真っ赤に染まります。

鳴子峡の紅葉は、例年10月中旬に色づき始め、10月下旬から11月上旬に見頃を迎えます。

紅葉の絶景鳴子峡2018.10.3ヒルナンデスで放送1位に輝いた空撮動画です。宮城県大崎市鳴子峡「七色の断崖」【HD】鮮やかな紅葉🍁の色ですね。国土交通省飛行承認許可を頂いております。

例年の色づき始め
10月中旬

例年の紅葉の見頃
10月下旬~11月上旬

所在地
宮城県大崎市鳴子温泉

駐車場
あり253台(詳細は下記を参照して下さい)

鳴子峡の紅葉2019へのアクセス

鳴子峡の紅葉2018へのアクセスは、主に電車か車の2通りになるかと思います。

混雑を考えると電車のほうが確実かもしれませんが、JR鳴子温泉駅とJR中山平温泉駅からの所要時間は下記の通りです。

アクセス
電車の場合
JR鳴子温泉駅から、約4㎞車で約10分、徒歩約90分
JR中山平温泉駅から、約2.2㎞車で約5分、徒歩約40分

車の場合
東北自動車道古川ICから、国道47号を新庄方面へ車で30km、約50分

鳴子峡の紅葉2019で遊歩道を利用する場合


鳴子峡遊歩道は中山平側入口から回顧橋までの片道350m(折り返し)と鳴子側入口(大谷橋)からの片道230m(折り返し)までのみ開放されており、開放時間はともに午前9時から午後4時までです。

また、鳴子峡大深沢遊歩道は平成30年4月27日から通行可となっています。

鳴子峡大深沢遊歩道は、鳴子峡レストハウスを起点にして1周約2.2㎞で、約50分かかるコースですが、ゆっくり時間をかけて見るにはちょうどいい時間かもしれませんね。

なお、鳴子峡遊歩道・鳴子峡大深沢遊歩道ともに、今シーズンは2019年4月25日から開放されていますが、11月下旬から4月下旬までは冬季閉鎖となります。

参考:「鳴子峡案内図(平成31年4月25日から)」(大崎市公式サイト)
⇒ http://www.city.osaki.miyagi.jp/index.cfm/24,1166,c,html/1166/20190419-164902.pdf
※PDFファイルです。

鳴子峡の紅葉2019の混雑予想と駐車場情報

鳴子狭は東北屈指の人気の紅葉スポットです。

それに伴って混雑も非常に激しく、特に車で行く場合は事前によく計画を練って行く必要があります。

まず混雑するのは国道47号線から鳴子峡レストハウスにかけてです。

駐車場は朝から混雑し、午前9時にはほとんど満車状態となります。

そして国道47号線は片側一車線なので、渋滞に巻き込まれれば、抜けることはできません。

なので、鳴子峡の渋滞を回避するには、この国道47号線の渋滞に巻き込まれないことがポイントとなります。

スポンサードリンク

混雑を回避するには?

体力に自信があれば、JR中山平温泉駅から歩くのが最も混雑を回避できます。

しかし、徒歩約40分とかなりの所要時間ですので、万人におすすめできる回避方法ではありません。

そこで、いくつか混雑を回避する方法を考えてみました。

鳴子峡臨時運行バス「紅葉号」

紅葉の時期には、毎年臨時バスが運行されていますので、電車の場合はこれを利用するのがおすすめです。

運行区間
鳴子温泉駅~日本こけし館~鳴子峡~しんとろの湯~中山平温泉駅

運行時間
8:30~16:00頃(1時間に1本の間隔で運行)
※今年2019年は未定です。

参考:「交通アクセス」(鳴子温泉郷観光協会公式サイト)
⇒ http://www.naruko.gr.jp/access/

古川駅で車を駐車し、電車移動

続いて第2の手段として、JR古川駅周辺の駐車場に車を停めて、古川駅から電車でアクセスする方法です。

古川駅周辺には、駐車場も十分あるので安心です。

JR陸羽東線快速「奥の細道ゆけむりライン」で、約40分でJR鳴子温泉駅に到着できます。

とにかく朝早く到着する

第3の手段は、鳴子峡レストハウスの駐車場に朝早く到着する方法です。

駐車場は午前9時には満車なので、できれば午前8時前には到着しておきたいところです。

とにかく早ければ早いほどいい混雑回避方法ですが、帰り道で渋滞に巻き込まれる可能性があります。

鳴子峡駐車場の概要

鳴子峡駐車場は、紅葉シーズンは有料となりますが、それ以外の期間は無料で利用できます。

また鳴子峡の周辺には他にも駐車場がありますが、状況はほぼ同じです。

利用期間
4月中旬~11月下旬(冬季自然閉鎖)
※10月中旬から11月上旬までの紅葉シーズンのみ有料となります。

駐車料金
大型:1,000円、中型700円、普通500円、バイク200円
※料金は変更となる場合があります。

利用時間
終日

駐車台数
バス12台、普通車253台

問合せ
鳴子峡レストハウス Tel 0229-87-2050

大崎市公式サイトより引用

まとめ

今回は、鳴子峡の紅葉2019見頃の時期とアクセス・混雑と駐車場情報などについて見てきました。

まとめると、鳴子峡の紅葉は、例年10月中旬に色づき始め、10月下旬から11月上旬に見頃を迎えます。

アクセスは電車か車が主な方法ですが混雑を考えると電車がおすすめですが、車の場合は朝早くの到着かJR古川駅で車を停め、古川駅から電車でアクセスする方法があります。

鳴子狭は人気の高い紅葉スポットだけに事前の準備が重要性になりそうです。

混雑で時間を無駄にするのをうまく回避して、思う存分、紅葉を楽しんで下さい。

この記事が少しでもみなさんのお役に立てば、うれしいです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

その他の宮城県の紅葉の記事はこちらからどうぞ!
☞ 松島・円通院の紅葉2018見頃の時期はいつ?ライトアップも!

☞ 松島・観瀾亭の紅葉2018色づきと見頃の時期は?ライトアップも!

コメント

タイトルとURLをコピーしました