札幌の雪はいつからいつまで降る?積もる時期が終わるのは何月?

スポンサーリンク

日本の最北端に位置している北海道ですが、当然ながら冬の寒さは厳しくの量も大変多い地域です。

その北海道の政治・経済の中心地が札幌で、人口は100万人を超える大都市です。

北海道の中心であるがゆえ季節にかかわらず訪れる人も多く、冬は札幌雪まつりの時期とあって大変賑わいます。

そんな札幌の雪はいつからいつまで降るのでしょうか?

また、雪が降る時期と積もる時期には多少のズレがあるため注意が必要なようです。

今回は、札幌の雪はいつからいつまで降るのか、また雪が積もる時期が終わるのは何月になるのかを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

札幌の雪はいつからいつまで降る?

札幌の雪の降り始め(初雪)は早くて10月、遅くても11月には間違いなく降ります。

暖冬の影響で札幌の雪は年々少なくなってはいますが、それでも11月には10㎝を超える雪が1度は降ると思っていたほうがよさそうです。

その年によっても異なりますが、12月からは本格的に雪が降り積もり2月まで続き、3月から徐々に少なくなっていきます。

そして4月になって札幌には雪はほとんど降らなくなると考えていいでしょう。

大まかな目安として、札幌の雪はいつからいつまで降るのかは11月~3月頃と考えられます。

道庁所在地でもある札幌ですが、真冬は歩道も凍結しているので足元は滑りにくい靴を着用して行くことをおすすめします。

では、札幌の詳しい雪のデータを見ていきましょう。

参考:「過去の気象データ」(国土交通省・気象庁)
⇒ http://www.data.jma.go.jp/gmd/risk/obsdl/index.php

札幌の雪~降雪量合計の平均値(cm)

まず札幌の降雪量合計ですが、10月はほとんど降りませんが11月からいよいよ降り始めていることがわかります。

そして、12月には早くも1m超えとなり、2月まで1m超えが続き、3月になって徐々に少なくなり、4月にはほとんど降らなくなるという経過となります。

12月から2月までは札幌の雪のピークが続くといっていいでしょう。

札幌の降雪量合計の平均値(cm)は、以下の通りです。

札幌の降雪量合計の平均値(cm)
10月:1cm
11月:30cm
12月:113cm
1月:137cm
2月:116cm
3月:74cm
4月:6cm

札幌の雪~降雪量日合計最大(cm)

降雪量は降雪の深さのことで、ここでは1日最大どれだけ雪が積もったかを表します。

10月と4月はほとんど降雪はないといってよく、11月から降り始めて上記の降雪量合計と同様に12月から2月までがピークであることがわかります。

3月に入っても11月とさほど変わらないことから、札幌の春の訪れは本州よりかなり遅いことが想像されます。

札幌の降雪量の日合計の最大は、以下の通りです。

札幌の降雪量日合計最大(cm)
10月:1cm
11月:14cm
12月:28cm
1月:24cm
2月:24cm
3月:17cm
4月:3cm

札幌の雪~最深積雪の平均値(cm)

最深積雪とは、1日の積雪深の値の中で最大の値をいいます。

最深積雪も降雪量合計と同じような傾向がみられますが、月を追って積雪が深くなっていることから雪が融けずにさらに降り積もっていることがわかります。

3月になってようやく減少に転じ、4月は降雪量が少ないにもかかわらずまだ雪が残っています。

札幌の最深積雪の平均値(cm)は、以下の通りです。

札幌の最深積雪の平均値(cm)
10月:1cm
11月:15cm
12月:47cm
1月:76cm
2月:95cm
3月:82cm
4月:22cm

札幌の雪~最深積雪5cm以上の日数の平均値

続いて、最深積雪5cm以上となった日数です。

最深積雪5cm以上の日数は11月から見られ、12月には本格化し、1~3月まではほとんど毎日のように5cm以上の雪が見られます。

4月にほとんど見られなくなりますが、やはり本州の雪国と比べてかなり遅いことがわかります。

札幌の最深積雪5cm以上の日数の平均値は、以下の通りです。

札幌の最深積雪5cm以上の日数の平均値
10月:0.1日
11月:4.1日
12月:23.3日
1月:30.9日
2月:28.3日
3月:29.0日
4月:4.1日

※各平均値は1991年から2020年の30年のものです。

スポンサードリンク

札幌の雪~積もる時期が終わるのは何月?

続いて、札幌の雪が積もる時期が終わるのは何月なのかを見ていきましょう。

上記のデータを見ると、札幌の雪の降る時期と積もる時期には若干のズレがあることがわかります。

札幌では例年12月には根雪となりますが、4月の降雪量の平均値が6cmであるのに対して最深積雪の平均値は22cmです。

これは根雪となった雪が融けずに残っていることが考えられます。

どのくらい降るのかはその年によって違いはあるものの、近年は雪の降り方が変わってきており、短期間にまとめて降る傾向があります。

札幌は本州に比べて気温が低い影響もあって4月に入っても路面には雪が残っていることが考えられるので、本州から旅行や仕事で札幌に行かれる方はそれなりに注意していたほうがよさそうです。

また、車で札幌に行く場合は、11月から4月まではスタッドレスタイヤのほうが安心でしょう。

札幌の雪はいつからいつまで降る?~まとめ

今回は、札幌の雪はいつからいつまで降るのか、また雪が積もる時期が終わるのは何月になるのかを見てきました。

札幌の雪はいつからいつまで降るのかは11月~3月頃が大まかな目安と考えられます。

また、札幌では雪の降る時期と積もる時期には若干のズレがあり、4月は降雪量が少ない割に雪が融けずに残っていることがあります。

暖冬の影響で札幌の雪は年々少なくなってはいるものの、短期間にまとめて降ることがあるので4月になってもそれなりに注意しておくことをおすすめします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました