雨が降ると電車はなぜ遅延する?理由は安全運転以外にもあった!



スポンサードリンク

Pocket


が降るとそれほどの雨でもないのに電車に遅延が発生することが多くなります。

雨が降ると乗り物はスピードを出し過ぎるのは危険なのはわかりますが、電車が遅延する理由はそれだけではないようです。

雨が降ると電車はなぜ遅延するのでしょうか?

今回は、「雨が降ると電車はなぜ遅延する?理由は安全運転以外にもあった!」と題して、雨で電車が遅延する理由について見ていきます。




スポンサードリンク

雨で電車が遅延するのはなぜ?

「雨で電車が遅延するのはなぜ?」と聞かれたら、真っ先に思い浮かぶ答えは、安全運転のため電車の速度を落として運転するからということではないでしょうか。

電車は鉄のレールの上に車輪が乗っかって走っていますが、雨が降ると雨水がレールと車輪の間に入るため、次のような現象が発生しやすくなります。

・車輪が滑りやすくなる

・車輪の空回りが発生しやすくなる

・ブレーキの効きが悪くなりやすい

いずれも電車の遅延につながる要素ばかりです。

さらに降雨量が一定値を超えると速度制限がかかる場合もあり、さらに遅延はひどくなります。

また、晴天時には電車に遅延があれば、遅れを取り戻そうと回復運転を行いますが、雨が降った時は回復運転も相当やりにくくなります。

以上が、電車の安全運転に伴う雨天時の遅延ですが、安全運転以外にも理由があり、これがかなり影響しているようです。

スポンサードリンク

雨で電車が遅延する安全運転以外の理由

なぜ雨で電車が遅延するのかは、安全運転だけが理由ではありません。

むしろこれから紹介する遅延理由のほうが、電車の遅延に大きく貢献しているのではないでしょうか。

実際にはどれかひとつの遅延理由というわけではなく、これらの要素がいくつも重なって、電車遅延が発生していると思われます。

乗客数の増加

雨の日には、普段自転車やバイクなどを利用して電車に乗らないような方も乗ることが多くなります。

単純にこれだけでも電車遅延の原因になるでしょう。

また雨が降ると駅まで車で送ってもらう方もいらっしゃると思います。

すると駅周辺の道路が渋滞し、駅に到着するのが遅れ、遅刻ギリギリという方も増えます。

普段なら混雑を避けて一本見送っていた方も、混雑していても乗り込まざるを得なくなってしまい、さらに混雑して遅延しやすくなるというわけです。

「傘」の影響

さらに見逃せないのが「傘」の影響です。

濡れた傘に触れれば服が濡れてしまいますが、これはだれしもが嫌がります。

すると、混雑した車内でも傘を避けようと離れて立とうとし、乗客の乗り降りにも時間がかかってしまいます。

ホームの屋根の有無

地下鉄はともかく地上の駅のホームでは、屋根がない、あるいはあっても一部という場合は、屋根があるところに乗客が集中し乗降に時間がかかったり、ホームでも傘を差して歩くことも多くなります。

また、ホームが濡れている場合は、滑らないように注意して歩くため、歩行も遅くなりがちです。

まとめ

今回は、「雨が降ると電車はなぜ遅延する?理由は安全運転以外にもあった!」と題して、雨で電車が遅延する理由について見てきました。

まとめると、雨が降ると電車はなぜ遅延するのか、その理由は安全運転以外に

・乗客数の増加

・「傘」の影響

・ホームの屋根の有無

などが影響していることがわかりました。

雨で電車が遅延するというよりは、雨による混雑が電車遅延につながっているように感じます。

ありきたりのことですが、雨が降ったならば電車遅延に備え、いつもより早めに家を出ることがポイントとなるでしょう。

この記事が少しでもみなさんのお役に立てば、うれしいです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

その他の電車遅延に関する記事は、こちらからどうぞ!
☞ 電車遅延の許容範囲はどこまで?遅延証明書さえ提出すれば許される?

☞ 電車遅延による遅刻は許されない?遅刻扱いされないためには?

☞ 遅延証明書のもらい方や書き方は?どこで何分遅れからもらえるの?

☞ 電車遅延で休むのは仕方ない?有給休暇なら遅刻扱いにならない?



スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする