仙台の寒さはいつまで続く2023?降雪量が少ないのはなぜ?

スポンサーリンク

仙台は宮城県の県庁所在地で、東北地方最大の都市です。

同じ東北地方でも海が近い沿岸地域と山々に囲まれた内陸部では、気温や降雪量などあらゆる面で大きく異なります。

仙台は太平洋沿岸に広がる平野という地形が影響しているためか、東北地方とは思えないほど温暖な街です。

そんな2023年の仙台の寒さはいつまで続くのでしょうか?

また、東北地方なのに降雪量が少ないのはなぜなのでしょうか?

今回は、2023年の仙台の寒さはいつまで続くのか、また降雪量が少ないのはなぜなのか、などを見ていきます。

スポンサーリンク

仙台の寒さはいつまで続く2023?

仙台は南東北に位置しており、宮城県の太平洋側に開けた東北地方最大の都市です。

東北地方の中心ともいえる仙台もいよいよ2023年を迎え、冬の寒さもいっそう厳しくなる時期になります。

東北地方は北国で寒さも厳しいというイメージがありますが、はたして2023年の仙台の冬はどうでしょうか?

平均気温・最低気温・最高気温0℃未満の日数のデータから、2023年冬の仙台の寒さはいつまで続くのかを予想していきます。

前年2022年と過去30年(1991年以降)の12月から翌3月までのデータを参考に見ていきましょう。

※カッコ内の気温・日数は1991年から2020年までの30年間の平均値です。

年月日平均気温最低気温最高気温0℃未満の日数
2021年12月4.7℃(4.5℃)-4.0℃0(0.1)
2022年1月1.7℃(2.0℃)-5.1℃0(0.4)
2022年2月1.9℃(2.4℃)-4.6℃0(0.3)
2022年3月6.4℃(5.5℃)-2.3℃0(0.0)

参考:「過去の気象データ」(国土交通省・気象庁)
⇒ http://www.data.jma.go.jp/gmd/risk/obsdl/index.php

仙台の寒さ~平均気温

まず平均気温ですが、ここでは前年2022年とともに過去30年の仙台の12月~翌3月までの平均気温を調べてみました。

すると1・2月は2℃前後まで下がるものの、平均気温は0℃以上をキープしています。

3月に入ってやっとプラスになっていることがわかりました。

また、暖冬とはいわれていますが、前年2022年1・2月はここ30年の平均気温をわずかではありますが下回っていることもわかりました。

仙台の寒さ~最低気温

続いて、前年2022年の最低気温ですが、ご覧の通り12月~翌2月までの最低気温はほぼ-5℃前後まで下がり、3月に入っても-2.3℃ほどとなっています。

東京との比較では、平均気温、最低気温ともに毎月約3℃ほど低くなっていますが、思ったほど寒くないのではないでしょうか。

夏は東京より涼しいのは言うまでもありませんから、仙台は気候的にかなり住みやすい街といえそうです。

「東京の寒さはいつまで続く?」

仙台の寒さ~最高気温0℃未満の日数

最高気温0℃未満の日数はどうでしょうか?

いわゆる真冬日ですが、前年2022年はなし、過去30年のデータでもほとんどないことがわかります。

仙台の冬は寒くても-5℃前後ほど、真冬日はなしということで、東北地方ではかなり温暖な気候といえます。

仙台の寒さはいつまで続く2023?
これらのことから、2023年の仙台の寒さはいつまで続くかを予想すると2月~3月上旬頃までと予想します。

近年は寒暖の差が激しく、急に気温が高くなったり低くなったりと極端です。

3月には暖かくなるのは間違いないとは思いますが、上旬までは寒い日があるかもしれません。

スポンサードリンク

仙台の寒さ~降雪量が少ないのはなぜ?

2023年の仙台の寒さがいつまで続くかの次は、雪はどうなのかを予想していきます。

仙台は東北地方ではあるものの降雪量はかなり少ないほうです。

しかも以前より、さらに少なくなっています。

仙台で降雪量が少ないのは、気温と同様に太平洋沿岸部に大きく開けた地形が影響しています。

仙台だけではなく、東北地方の太平洋側(岩手県~宮城県~福島県にかけて)の沿岸部の冬は、内陸部に比べて気温が高く雪が少ない傾向が顕著です。

以下、月降雪量の合計と最深積雪のデータから仙台の雪を見ていきます。

仙台の雪~降雪量合計

月降雪量の合計をこれまでの平均値と前年2022年シーズンで比較してみました。

前年2022年シーズンと平均値ともに12月~翌3月にかけて降雪があるものの、最も多くて約20cmです。

この項目を見ただけでは仙台では雪はそれほど降るという印象はありません。

仙台の降雪量合計(2022年)
12月の降雪量合計:11cm(9cm)
1月の降雪量合計:16cm(21cm)
2月の降雪量合計:21cm(18cm)
3月の降雪量合計:6cm(11cm)

※カッコ内は1991年から2020年までの30年間の平均値です。

仙台の雪~最深積雪

最深積雪はどうでしょうか?

平均値では1月と2月に10cmに達していますが、前年2020年はわずかに4cmです。

しかも平均値より少ない推移となっています。

他の月も大差なく、他の東北地方の雪国と比べれば別世界といえます。

仙台の最深積雪(2022年)
12月の最深積雪:4cm(6cm)
1月の最深積雪:4cm(10cm)
2月の最深積雪:4cm(10cm)
3月の最深積雪:2cm(6cm)

※カッコ内は1991年から2020年までの30年間の平均値です。

これらのことから、2023年の仙台で積もるような雪が降る可能性は低いことが予想されます。

もちろん雪は降る時には降りますが、根雪になるような雪が降ることはほとんどないでしょう。

仙台の寒さはいつまで続く2023?~まとめ

今回は、2023年の仙台の寒さはいつまで続くのか、また東北地方なのに積雪量が少ないのはなぜなのか、などを見てきました。

2023年の仙台の寒さはいつまで続くのかは、2月~3月上旬までと予想します。

また、仙台で降雪量が少ないのは太平洋沿岸部に大きく開けた地形が影響しており、東北地方の太平洋側の沿岸部の冬は内陸部に比べて気温が高く雪が少ない傾向が顕著です。

仙台は東北地方ではあるものの降雪量はかなり少ないほうで、過去と近年のデータからも2023年の仙台で積もるような雪が降る可能性は低いと予想します。

東北地方の中でも冬は温暖で夏の暑さもほどほどであることから仙台は気候的にかなり住みやすい街といえそうです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※個人の予想ですので、参考程度にお考えいただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました