雨の日に湿度を下げる方法は?室内に扇風機・タオル・炭などのグッズ

の日はどうしても湿度が上がってしまいますよね。

梅雨の時期ともなれば、なおのことです。

不快なだけでなく、洗濯物も乾きにくくなって、とてもうっとうしい気分になります。

湿度を下げる方法といえばエアコンの除湿機能を使えば簡単なのかもしれませんが、電気代も気になりますし、お手入れも面倒です。

エアコンや除湿機を使用しないで、室内の湿度を下げるいい方法はないのでしょうか?

今回は、雨の日に室内に扇風機・タオル・炭などのグッズを用いて湿度を下げる方法について見ていきます。

スポンサーリンク

雨の日に室内の湿度を下げる方法は?

雨の日が続いたりして、湿度が80~90%のもなるとジメジメして不快そのものです。

確かにエアコンの除湿機能や除湿機を使うのが、簡単に室内の湿度を下げる方法だと思います。

しかし、これらの方法も手軽な反面、以下のようなデメリットもあります。

エアコンの場合

エアコンによる除湿の場合、最も大きいデメリットは、以下の2つでしょう。

・電気代がかかる

・室温が下がりすぎて寒いことがある

電気代がかかるのは仕方がないですし、どうすることもできませんが、エアコンの除湿機能は室温を下げてしまいます。

これは湿気を除去するのには室温を下げる必要があるため、このようなことが起こってしまいます。

暑い夏ならいいのですが、梅雨の時期の肌寒い日などは、困ってしまいますよね。

このようにエアコンの除湿機能には室温を下げてしまうというデメリット(?)があるのです。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ 雨と湿度の関係はどうなっている?100%になることはある?

除湿機の場合

このデメリットを解消するのに真っ先に頭に浮かぶのが、除湿機の使用です。

除湿機能はエアコンには及びませんが、除湿機は逆に温風を出すので室温を上げてしまいます。

エアコンと除湿機を両方お持ちのご家庭なら室温に応じて両者を使い分けてみるのもいいかもしれません。

エアコンも除湿機も室温に影響を与えてしまいますので、次からは室温に影響を与えずに部屋の湿度を下げる方法を見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

エアコン以外で部屋の湿度を下げる方法~グッズの使用

エアコン以外で部屋の湿度を下げる方法として、まず第一に考えられるのが換気です。

湿気は、湿度の高いところから低いところに移動して同じ湿度になろうとする性質を持っています。

もし、雨が降っていても室内より外のほうが湿度が低い場合は積極的に換気を試みてみましょう。

換気をする場合は、風の通り道を作ってあげるとさらに効果的です。

しかし、雨の日は多くの場合、外も湿度が高く換気の効果はあまり期待できないと思います。

外の方が湿度が高い場合は逆効果になってしまいます。

そんな時には、以下のようなグッズの使用がエアコン以外で部屋の湿度を下げる方法としておすすめです。

いずれも単独ではなく、複数を併用するほうが効果的です。

扇風機

まず、扇風機の使用ですが、単独よりも換気扇や除湿機と併用することをおすすめします。

いずれも換気扇や除湿機から少し離れた場所に設置して換気扇や除湿機に向かって風を送ります。

こうすることによって、室内の湿度を下げるのですが、エアコンの除湿機能には劣ります。

ペットボトル+タオル・扇風機

エアコンの機能を簡単にペットボトルに置きかえる方法です。

方法は簡単で、ペットボトルに入れた水を凍らせ、湿度の高い室内に置いておくと湿気が水滴となって結露します。

また、扇風機を当てるのもさらに効果的です。

この水滴をタオルで拭き取ります。

水滴がかなり出ますから受け皿を準備しておくのもいいですね。

大きいペットボトルを室内の何か所かに設置しておくと効果的です。

は、湿気の多い時には水分を吸収し、乾燥している時には湿気を出すという性質を持っています。

炭には細かい穴がたくさんあり、この穴に水分を吸着して除湿してくれます。

大量に使わないとなかなか効果は感じられませんが、消臭効果もあるので雨の日の匂いが気になる方にはおすすめです。

新聞紙・重曹

最後に新聞紙重曹です。

いずれも湿気を吸い取る効果があるので、室内の湿度が高い場所に置いておくだけです。

新聞紙の場合は、くしゃくしゃに丸めて置いておくと、湿気を吸い取ってジトッと湿ってきます。

洗剤でも使用する重曹の場合は、粉末の重曹をお皿に入れておくか、コップや瓶にたっぷり入れておきます。

しばらくすると重曹が湿気により固まってきます。

湿気は低い場所にたまりやすい性質があるので、室内の低い場所に置いておくといいでしょう。

湿気がたまりやすい場所としては、お風呂・台所・玄関・窓・押入れなどがあります。

まとめ

今回は、雨の日に室内に扇風機・タオル・炭などのグッズを用いて湿度を下げる方法について見てきました。

雨の日に室内の湿度を下げる方法は、エアコンの除湿機能や除湿器を使うのが簡単で効果的ですが室温も変化するというデメリットもあります。

エアコン以外で部屋の湿度を下げる方法には、扇風機・タオル・炭・新聞紙・重曹などのグッズの使用があり、室温にもほとんど影響がありません。

原始的なものが多くエアコンの除湿機能より効果は劣るので、複合的に使用することをおすすめします。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

その他の雨に関する記事は、こちらからどうぞ!
☞ 雨の音が落ち着く心理には理由があった!好きな人の特徴は?

☞ 雨を好きになる方法はある?嫌いな傘はめんどくさいからささない?

☞ 雨の匂いには名前がある?アスファルトが濡れた時もペトリコール?

コメント

タイトルとURLをコピーしました