大阪の暑さはいつまで続く2021?猛暑のピークはいつ?

スポンサーリンク

近年の日本では梅雨が明ければ、いつの間にか猛暑のニュースで埋め尽くされている感がありますが、今年2021年も日本列島は暑い夏になっています。

西日本では梅雨の時期には豪雨災害が心配されたり夏には猛暑と、昨今の異常気象を感じさせるような天候には驚かされます。

夏の暑さはこれからも続くと思われますが、すでに35℃越えの地域も多く、これが毎日のように続くかと思うとウンザリします。

今回は西日本の中心でもある関西・大阪の暑さについて調べてみようと思います。

はたして今年2021年の大阪の暑さはいつまで続くのでしょうか?

また、猛暑のピークはいつ頃になるのでしょうか?

今回は、2021年の大阪の暑さはいつまで続くのか、また猛暑のピークはいつなのか、見ていきます。

スポンサーリンク

大阪の暑さはいつまで続く2021?

西日本の中心でもある関西・大阪といえば大阪城、お好み焼き、たこ焼き、USJなどが有名ですが、暑さもハンパないではないですよね。

以前、サラリーマンだった頃、夜に大阪・伊丹空港に到着した際に飛行機の外へ出た瞬間、モワッーとしたサウナのような湿った熱い空気が今でも忘れられません。

北国に住んでいた筆者にとっては信じられない暑さでした。

まさに猛暑といった感じでした。

当時、大阪に住む知人が「大阪では夏はエアコンなしじゃ生きていけない!」と言っていましたが、それを身をもって体験した瞬間でした。

もう20年以上も前のことですが、今は温暖化の影響でさらに暑くなっていることでしょう。

では早速、2020年と過去30年(1991年以降)の7月から10月までのデータを参考に見ていきましょう。

年月日平均気温最高気温最高気温30℃以上の日数
2020年7月26.0℃(27.7℃)34.4℃12(22.6)
2020年8月30.7℃(29.0℃)38.6℃31(28.3)
2020年9月25.8℃(25.2℃)35.9℃14(14.4)
2020年10月18.7℃(19.5℃)27.8℃0(0.6)

※カッコ内の気温・日数は1991年から2020年までの30年間の平均値です。

参考:「過去の気象データ」(国土交通省・気象庁)
http://www.data.jma.go.jp/gmd/risk/obsdl/index.php

大阪の暑さ~平均気温

まず大阪の過去30年の平均気温をみると、7月は27.7℃、8月は29.0℃、9月は25.2℃、10月は19.5℃となっています。

やや上昇傾向は見られるものの毎年この傾向通りとなっています。

しかし、基本的に気温が高いことに変わりはありません。

大阪の暑さ~最高気温

続いて、最高気温を見てみると2020年には8月・9月は30℃超え、10月になってようやく30℃を下回っています。

その年によるのでしょうが、とにかく9月までは暑いといしか言いようがなく、「大阪では夏はエアコンなしじゃ生きていけない!」という言葉が間違いないことがデータの上からもわかります。

大阪の暑さ~最高気温30℃以上の日数

ひと月に30℃を超えた日数が何日あったかといと、過去30年の平均では8月はほぼ毎日、9月は約半数、10月に入ってようやくなくなってきます。

2020年の8月はなんと毎日30℃を超えていました。

それにしてもすごい暑さで、データを見ただけでめまいがしてきそうです。

これに加えて湿気ですから、ちょっと油断するとすぐ体調を崩してしまいます。

7・8月の暑さはいうまでもありませんが、9月に入っても平均気温25.0℃、最高気温36.2℃、30℃超えの日数は約13.9日と7・8月もより少し楽といった感じですね。

10月になってやっと平均気温が20℃を切っています。

大阪の暑さはいつまで続く2021?
これらのことを考えると2021年の大阪の暑さは9月いっぱいまでは続くとみていいでしょう。

スポンサードリンク

大阪の猛暑のピークはいつ?

続いて、大阪の最も暑い時期、つまり猛暑のピークがいつなのかを見ていきたいと思います。

関西・大阪の猛暑のピークがいつ頃になるのか予想するのは非常に難しいといえます。

というのも7・8月はもちろん暑いのですが、9月も暑さが残るからです。

いくら異常気象とはいっても10月に猛暑のピークがくることはないとは思いますが、7月、あるいは9月というのはないことはないような気はします。

特に7月は可能性ありで、なぜなら全国的に7月の気温が上昇しているからです。

梅雨明けが早ければ、その可能性はさらに大きくなるでしょう。

したがって、2021年の大阪の猛暑のピークは7月か8月になると思われます。

ただし、大阪の場合は平均してずっと暑いので猛暑のピークがどこにくるのかを予想するのは非常に難しいといえます。

しかも瞬間的に体温より高い日も出てくる可能性もありますので、大阪の方は体調には十分気を付けて下さい。

大阪の暑さはいつまで続く2021?~まとめ

今回は、大阪の暑さ2021はいつまで続くのか、また猛暑のピークはいつなのか、見てきました。

まとめると、2021年の大阪の暑さは9月いっぱいまでは続くと思われ、猛暑のピークは7月か8月になると思われます。

関西・大阪の暑さは平均してずっと暑いですね。

昼夜にかかわらず、これに湿気が加わりますから、本当に大変な不快感です。

やはりこれまでの常識は通用しない暑さと認識して行動する必要があります。

不要不急の外出は控え、基本的な暑さ対策を徹底して行い厳しい夏を乗り切りましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました