水戸偕楽園梅祭り2019の見頃の時期はいつ?アクセスと駐車場も

日本三名園のひとつ水戸偕楽園では、毎年2月~3月に水戸梅祭りが開催され、多くの観光客で賑わいます。

桜より一足早く春の訪れを告げる水戸偕楽園梅祭り2019の見頃の時期はいつ頃なのでしょうか?

混雑状況やアクセス駐車場はどうなっているのでしょうか?

今回は、水戸偕楽園梅祭り2019の見頃の時期はいつか、アクセスと駐車場情報などについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

水戸偕楽園梅祭り2019の見頃の時期はいつ?

水戸偕楽園梅祭りは120年以上の歴史があり、偕楽園内には約100品種3,000本もの梅が咲き誇ります。

水戸の梅祭り2019の会場となるのは、水戸市の偕楽園と弘道館で、偕楽園は「衆と偕(とも)に楽しむ場所」、弘道館は「文武を学ぶ水戸藩校」という意味で、2015年には日本の文化・伝統を守る日本遺産に認定されています。

水戸偕楽園には様々な品種の梅があり、「早咲き」「中咲き」「遅咲き」と見頃が異なるために長期間に渡って観梅を楽しむことができます。

そのため、水戸偕楽園梅祭りの梅は、時期によって梅の違った光景を見せてくれます。

水戸偕楽園の梅の見頃の時期~早咲き

早咲き梅の見頃の時期は、1月中旬~2月中旬頃で、代表的な早咲きの品種には八重寒紅、白難波、八重冬至、烈公梅などがあります。

水戸偕楽園の梅の見頃の時期~中咲き

中咲き梅の見頃の時期は、2月上旬~3月中旬頃で、代表的な中咲きの品種には、虎の尾、柳川枝垂、月影などがあります。

水戸偕楽園の梅の見頃の時期~遅咲き

遅咲き梅の見頃の時期は、3月上旬~4月上旬頃で、代表的な遅咲きの品種には、白加賀、春日野、江南所無などがあります。

最新の開花状況は、こちらで確認できます! ⇒ 「水戸の梅まつり」

水戸偕楽園梅祭り2019の概要

開催期間      2019年2月16日(土)~ 2019年3月31日(日)
時間        6:00~19:00
会場        偕楽園・弘道館
所在地       茨城県水戸市常磐町1-3-3

スポンサードリンク

水戸偕楽園梅祭り2019のアクセス

水戸偕楽園梅祭り2019へのアクセスは、電車の場合は梅まつり期間中、土・日・祝日は臨時駅として「偕楽園駅」が設置されるため、平日と土・日・祝日で分けて考えると便利です。

詳細は、以下の通りです。

電車の場合

電車の場合は、平日はJR常磐線「水戸駅」、土・日・祝日は臨時駅の「偕楽園駅」からのアクセスが便利です。

JR常磐線または上野東京ラインで、東京駅からダイレクトにアクセスできます。

JR水戸駅(全日運行)

水戸駅からは、茨城交通4番乗り場、または関東鉄道6番乗り場から偕楽園方面行きバスで約20分です。

JR偕楽園駅(土・日・祝日9:10~15:30下り線のみの運行)

JR偕楽園駅は、梅まつり期間中の臨時駅で、土・日・祝日9:10~15:30の下り線のみの停車となります。

お帰りの上り列車は、隣の水戸駅から利用となります。

JR偕楽園駅から偕楽園までは、徒歩で約3分です。

車の場合

車の場合は、常磐自動車道または北関東自動車道を利用してのアクセスが便利です。

インターチェンジは3か所からとなりますが、それぞれ以下のようになります。

常磐自動車道水戸ICからのアクセス
常磐自動車道水戸I.Cから水戸・大洗方面へ向かい、国道50号線経由で約10km約20分です。

北関東自動車道茨城町東ICからのアクセス
北関東自動車道茨城町東ICから国道50号線経由で約10km約20分です。

北関東自動車道水戸南ICからのアクセス
北関東自動車道水戸南ICから国道50号線経由で約10km約20分です。

水戸偕楽園梅祭り2019の混雑と駐車場

【告知】第123回水戸の梅まつり

水戸偕楽園は人気の高い観光地のため、梅祭り期間中はやはり混雑します。

それでも園内に入ってしまえば、まだいいのですが、周辺の道路や駐車場が特に土・日・祝日、2月より暖かい3月が混雑します。

混雑を避けるには平日に行かれるか、土・日・祝日車の場合は早い時間に到着しておく必要があります。

なお、水戸偕楽園梅祭り2019期間中は、2月17日(日)・24日(日)と3月3日(日)・10日(日)の4日間は9:00〜16:00まで一部交通規制がかかり、歩行者用道路となります。

また水戸偕楽園梅祭り2019期間中、偕楽園周辺には、有料・無料合わせて1,000台以上の駐車場が用意されています。

詳しい交通規制・駐車場の案内図はこちらからどうぞ! ⇒ 水戸の梅まつり

偕楽園周辺の有料駐車場
偕楽園・桜山第一駐車場 (271台)
偕楽園・桜山第二駐車場 (156台)
偕楽園・桜山第三駐車場 (70台)
千波湖西駐車場 (大型バス50台)
千波湖中央北駐車場 (100台)
桜川駐車場 (305台)
偕楽園下駐車場 (200台)
千波湖D51駐車場及びふれあい広場 (200台)
西の谷駐車場 (150台)
偕楽園「好文亭表門」駐車場 <身障者等優先> (小型バス6台、普通車40台)
常磐神社駐車場 (100台)

偕楽園周辺の無料駐車場
千波湖湖南坂駐車場 (50台)
千波湖中央南駐車場 (40台)
旧消防学校跡地 (100台)
弘道館前無料駐車場 (13台)
茨城県立歴史館駐車場 (大型バス5台)
弘道館駐車場
少年の森仮説駐車場 (58台)

※観光いばらきより引用

まとめ

今回は、水戸偕楽園梅祭り2019の見頃の時期はいつか、アクセスと駐車場情報などについて見てきました。

水戸偕楽園梅祭り2019の見頃の時期は、「早咲き」「中咲き」「遅咲き」によって見頃の時期が異なり、早咲き梅は1月中旬~2月中旬頃、中咲き梅は2月上旬~3月中旬頃、遅咲き梅は3月上旬~4月上旬頃となります。

水戸偕楽園梅祭り2019のアクセスは、平日はJR水戸駅、土・日・祝日は臨時駅のJR偕楽園駅からがおすすめです。

また混雑状況は、土・日・祝日、2月より暖かい3月が混雑する傾向があるので、混雑を避けるには特に車の場合は平日か、土・日・祝日車の場合は早い時間に到着しておく必要があります。

美しい梅を鑑賞するなら、2月下旬~3月中旬が様々な梅の見頃が重なっているようです。

お時間を見つけて出かけてみてはいかがでしょうか?

この記事が少しでもみなさんのお役に立てば、うれしいです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました