富良野のラベンダー観光の見頃は何月?おすすめの季節と混雑とホテル

Pocket

富良野といえばラベンダー、ラベンダーといえば富良野というぐらい両者は切っても切れない関係にありますよね。

ラベンダーの見頃のシーズンになると富良野のいたる所で、美しいラベンダーが見られ、道行く人々を魅了します。

同時に富良野は多くの人で賑わい、ラベンダー畑は大変混雑します。

それでもやはり、一度は富良野のラベンダー畑を見てみたいと思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、富良野のラベンダー観光の見頃は何月か?さらにおすすめの季節と混雑とホテルなどについて、まとめてみました。

スポンサードリンク

富良野のラベンダーの見頃は何月かとおすすめの季節

ラベンダーは、見頃の期間が短い花です。

しかし、富良野ではさまざまな種類のラベンダーが栽培されており、少しずつ見頃が違うことにより6月中旬から7月いっぱいまでは、鑑賞することができます

しかし、やはりピーク時の美しさは格別です。

では、ラベンダーが最も美しい見頃を見ていきましょう。

ラベンダーの見頃は何月?

富良野のラベンダーは、品種や農場によって少しずつ見頃が違います。

見頃は何月なのでしょうか?

富良野のラベンダーは、6月中旬から咲き始めて、7月上旬に満開となる早咲きラベンダー(ようてい・濃紫3号)と7月上旬から咲き始めて、7月中旬から下旬に満開となる遅咲きラベンダー(おかむらさき・はなもいわ)に大きくわけられます。

したがって、この両方のラベンダーが揃って見られるのは、7月中旬から下旬が見頃となります。

しかし、私が行った7月上旬でも十分に美しいラベンダー畑を楽しむことができました。

ちなみに富良野では、ラベンダーの種類の中でもおかむらさきが最も多く栽培されています。

結論として、富良野のラベンダー観光のおすすめの季節は、7月上旬から下旬にかけてです。

個人的な経験から上旬まで時期を広げさせていただきました。

スポンサードリンク

富良野のラベンダー・ファーム

富良野にはたくさんのラベンダー・ファームがあります。

国道237号線沿いに多い傾向がありますが、少し離れたファームは渋滞が少なめで、穴場スポットともいえるでしょう。

車で行かれる方は、考慮に入れておいて損はないと思いますよ。

富良野のラベンダー観光の混雑予想

続いて富良野のラベンダー観光の混雑予想ですが、見頃の時期は、毎年、大変な混雑となります。

車の場合、駐車場に入るだけで、平日でも30分、休日ともなれば1時間以上ということもあります。

こんな混雑ですから、ファーム近辺だけでなく、休日は「花人街道」と言われる国道237号も渋滞します。

私は、2年前、7月上旬の平日に富良野を訪れましたが、国道は普通に流れていましたが、ファーム冨田に近づくにつれ、渋滞が始まりました。

駐車場もすんなりとは入れませんでしたが、今思えば、10分ほどで入れたのはラッキーでした。

これが、見頃の中旬から下旬だったら、どれだけ混雑したかと思うと…。

ラベンダー渋滞回避方法

富良野のラベンダーの見頃はこんなに混雑するのですから、これを避けるのは無理に思えますが、いくつか方法もないわけではないので見ていきましょう。

◎国道237号を避ける

平行して通っている東側の道路を走ることによって、国道の渋滞を回避できます。

早朝や夕方に行く

人気のファームは、朝8時頃から混雑が始まります。
これを回避し、さらに早い時間に訪問するか、逆に夕方を狙います。

「ラベンダーエクスプレス」や「ノロッコ号」の利用

車を使わない方法もありです。
この時期だけの臨時駐車場列車になりますが、「ラベンダーエクスプレス」は札幌から富良野まで乗り換えなしで行けます。
「ノロッコ号」は、インスタ映えしそうな場所で速度を落としてくれたり、窓が大きくて、観光の雰囲気満点の列車です。
ファーム冨田の徒歩圏内にこの時期だけ、「ラベンダー畑駅」が設定されて便利です。

観光バスの利用

各旅行会社からは、この時期、さまざまなラベンダー観光バスが出ています。
渋滞はあるものの観光バスには、専用の駐車場があり、ファームに到着してしまえば駐車場待ちの心配がありません。

ファーム以外の駐車場を利用

ファーム冨田が最も人気があり混雑しますが、ファーム冨田の駐車場は諦め、徒歩圏内の他の駐車場を利用します。
徒歩15分ぐらいのところに中富良野森林公園の駐車場があります。
ここに車を停めて歩くという方法もありです。

100%混雑を回避するのは難しいですが、いずれの方法もまともに行くよりは、時間を有効に活用できると思います。

ご検討下さい。

富良野のホテル情報

富良野のエリアにはホテルが20軒ほどしかありません。

したがって、ラベンダーのシーズンには人気のホテルから部屋が埋まっていきます。

ポイントは早めにホテルを予約することと、立地などを考慮してニーズにマッチしたホテルを選択することです。

地図中のマークをクリックしていただくと各ホテルのデータが見られるので、参考になさって下さい。

まとめ

今回は、富良野のラベンダー観光の見頃は何月か?さらにおすすめの季節と混雑とホテルなどについて、まとめてみました。

まずは、訪問する交通手段を決めたら、次はホテルの予約、さらに訪問するファームの決定…という具合に旅のプランを決めていくのがいいでしょう。

富良野のラベンダーは、観光シーズンが短く、見頃の時期にはここぞとばかりに観光客が集中します。

見頃が何月か見極めて富良野を訪れる際には、この記事がお役に立てればうれしいです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

アロマテラピーとしてのラベンダーの記事もあわせてどうぞ!
☞ アロマテラピーといえばラベンダー~効能・効果と認知症

その他の北海道の観光記事はこちらからどうぞ!
☞ 網走と北見の春から夏に訪れたい観光スポットや混雑状況と服装は?

☞ 美瑛観光のモデルコースや見頃と混雑状況を地図付きで青い池も!

☞ 北海道の青い池の行き方・場所などアクセスは?新駐車場も紹介!

☞ 北海道の青い池のおすすめの時期と時間帯は?ライトアップ情報も!

リンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする