全日本大学女子駅伝2019の優勝候補は?出場校とシード校も

全日本大学女子駅伝2019が、2019年10月27日(日)、杜の都・仙台で開催されます。

コースは6区間で38.1kmですが、フィニッシュの仙台市役所前市民広場にトップでゴールするのは、はたしてどこになるのでしょうか?

優勝候補や上位にきそうなチームがやはり気になるところです。

そこで、過去の実績などから全日本大学女子駅伝2019の優勝の行方を予想してみたいと思います。

今回は、全日本大学女子駅伝2019の優勝候補や出場校、シード校、歴代優勝校などについて見ていきます。

スポンサーリンク

全日本大学女子駅伝2019の優勝候補

現在、全日本大学女子駅伝は名城大学が2連覇中です。

ちなみに昨年2018年の2位には大東文化大学、3位には立命館大学が入っています。

歴代優勝校の実績で見ると、立命館大学が10回と他を圧倒しています。

しかし、優勝候補となると本命は名城大学と予想します。

理由は、メンバーの若さと勢いです。

昨年の優勝メンバーである1・2年生が残っているとともに、2019年のこれまでの実績も十分なのですから、3連覇の可能性はかなり高いとみます。

全日本大学女子駅伝2019優勝争いは名城大学を軸に立命館大学を筆頭にしたシード校が追う展開になるのではないでしょうか?

スポンサードリンク

全日本大学女子駅伝2019の歴代優勝校

第1回(1983年11月23日)サンディエゴ州立大学
第2回(1984年11月11日)大阪体育大学
第3回(1985年11月10日)大阪体育大学
第4回(1986年11月23日)ミラノ大学
第5回(1987年11月22日)レニングラード体育大学
第6回(1988年11月27日)ミラノ大学
第7回(1989年11月26日)中央大学
第8回(1990年11月25日)サンパウロ大学
第9回(1991年11月24日)東京女子体育大学
第10回(1992年11月22日)東京農業大学
第11回(1993年11月28日)中央大学
第12回(1994年11月27日)京都産業大学
第13回(1995年11月26日)京都産業大学
第14回(1996年11月24日)京都産業大学
第15回(1997年11月23日)京都産業大学
第16回(1998年11月22日)城西大学
第17回(1999年11月28日)筑波大学
第18回(2000年11月26日)城西大学
第19回(2001年11月25日)筑波大学
第20回(2002年11月24日)筑波大学
第21回(2003年11月23日)立命館大学
第22回(2004年11月28日)立命館大学
第23回(2005年11月27日)名城大学
第24回(2006年10月29日)立命館大学
第25回(2007年10月28日)立命館大学
第26回(2008年10月26日)立命館大学
第27回(2009年10月25日)佛教大学
第28回(2010年10月24日)佛教大学
第29回(2011年10月23日)立命館大学
第30回(2012年10月28日)立命館大学
第31回(2013年10月27日)立命館大学
第32回(2014年10月26日)立命館大学
第33回(2015年10月25日)立命館大学
第34回(2016年10月30日)松山大学
第35回(2017年10月29日)名城大学
第36回(2018年10月28日)名城大学

全日本大学女子駅伝2019の出場校とシード校

全日本大学女子駅伝2019の出場校は、シード校8校と各地区予選を勝ち抜いた17校、そして地元の東北学連選抜チーム(オープン参加)を加えた計26チームが出場します。

全日本大学女子駅伝2019の出場校

各地区からは、北海道1校、東北2校、関東6校、北信越1校、東海1校、関西4校、中国四国1校、九州1校の17チームの出場で、以下の通りです。

北海道
札幌国際大学(3年連続3回目)

東北
東北福祉大学(13年連続17回目)
石巻専修大学(2年連続4回目)

関東
城西大学(25年連続26回目)
日本体育大学(8年連続31回目)
中央大学(2年ぶり28回目)
東洋大学(7年連続7回目)
拓殖大学(2年連続2回目)
玉川大学(3年連続19回目)

北信越
新潟医療福祉大学(8年連続8回目)

東海
中京学院大学(初出場)

関西
関西大学(12年連続12回目)
佛教大学(2年連続18回目)
兵庫大学(初出場)
神戸学院大学(4年ぶり12回目)

中国四国
環太平洋大学(3年ぶり2回目)

九州
福岡大学(10年連続31回目)

オープン(東北学連)
東北学連選抜チーム
※青森県立保健大学、秋田大学、岩手大学、東北大学、弘前大学、福島大学、山形大学から8名選出

全日本大学女子駅伝2019のシード校

前回大会で上位8位までに入った大学は、シード校となっています。

全日本大学女子駅伝2019のシード校は、以下の通りです。

・名城大学(21年連続21回目)
・大東文化大学(9年連続9回目)
・立命館大学(30年連続30回目)
・東京農業大学(7年連続27回目)
・松山大学(12年連続12回目)
・京都産業大学(26年連続26回目)
・大阪学院大学(11年連続26回目)
・大阪芸術大学(4年連続7回目)

全日本大学女子駅伝2019のテレビ放送

全日本大学女子駅伝2019は、地上波は日本テレビ系列で、BSはBS日テレで、CSは日テレジータスでそれぞれテレビ放送が予定されています。

詳しい放送スケジュールは、以下の通りです。

地上波-日本テレビ系列
2019年10月26日(土) 14:00~14:55(関東地区ほか)
事前番組「密着!全日本大学女子駅伝の舞台裏」

2019年10月27(日) 11:45~12:00(関東地区ほか)
直前番組「まもなく全日本大学女子駅伝」生中継

2019年10月27(日)12:00~14:35 生中継
「第37回全日本大学女子駅伝」

BS-BS日テレ
2019年10月26日(土) 15:00~15:54
事前番組「密着!全日本大学女子駅伝の舞台裏」

CS-日テレジータス
2019年11月4日(月・祝) 15:30~19:00
みどころ&録画中継「第37回全日本大学女子駅伝」

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ 全日本大学女子駅伝2019の結果速報は?区間記録とタイムも

全日本大学女子駅伝2019の日程とコースなど概要

全日本大学女子駅伝2019の日程とコースなど概要は、以下の通りです。

大会名称
第37回全日本大学女子駅伝対校選手権大会

開催日程
2019年10月27日(日)

スタート時間
12時10分

コース(6区間38.1km)
スタート:弘進ゴムアスリートパーク仙台(仙台市陸上競技場)
フィニッシュ:仙台市役所前市民広場

1区(6.6km):第1中継所 仙台育英学園(総合運動場側)
2区(3.9km):第2中継所 仙台育英学園(総合運動場側)
3区(6.9km):第3中継所 仙台市太白区役所前
4区(4.8km):第4中継所 五橋中学校前
5区(9.2km):第5中継所 ネッツトヨタ仙台黒松店前
6区(6.7km)

チーム編成
1チーム13名(監督・コーチ・マネージャー各1名、選手10名)

まとめ

今回は、全日本大学女子駅伝2019の優勝候補や出場校、シード校、歴代優勝校などについて見てきました。

全日本大学女子駅伝2019の優勝候補筆頭は名城大学で、立命館大学を筆頭にしたシード校が追う展開になると予想します。

全日本大学女子駅伝2019には8校のシード校をはじめ、各地区を勝ち抜いた大学など計26チームが出場します。

名城大学の3連覇達成なるか、それとも阻むチームが出てくるのか、注目のレースになります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ マラソンは時速何キロで走ってるの?平均速度と世界記録のペースは?

☞ マラソンの招待選手のギャラはいくら?ペースメーカーも気になる!

コメント

タイトルとURLをコピーしました