映画館が寒い理由と対策は?夏でもブランケットを借りるのがおすすめ



スポンサードリンク

Pocket


映画館では臨場感を体験できるので、映画を楽しむには最高の環境だと思うのですが、館内の温度が気になってしまうことがあるのも事実です。

暑いと感じることもありますが、寒いと感じることの方が多いのではないでしょうか?

特に寒いと感じるのは場が多いように思います。

映画館が寒いのはいったいどんな理由で、対策はどんなものがあるのでしょうか?

今回は、映画館が寒い理由と対策について見ていきたいと思います。




スポンサードリンク

映画館が寒い理由

映画館が寒い理由は、簡単に言ってしまうと冷房の設定温度が低めに設定されているからです。

多くの映画館では、24℃前後に設定しているようです。

私たちの家や職場でこれほど低い設定温度にしていることはほぼないと思いますから、寒いと感じるのも納得ですよね。

特に夏場は映画館側も注意しているようです。

理由は熱中症を防ぐためです。

また、満員になり混雑すると人の熱気で暑くなるので、映画館側も満員状態を想定して温度設定をすることになります。

お客さんが少ない場合は、当然、冷房が効きすぎて寒いと感じてしまうことになります。

お客さんが少ない夏場の映画館が、最も寒いのではないでしょうか。

座る場所も関係することがあり、冷房の近くではやはり寒いと感じる可能性は高いでしょう。

映画館のスタッフも座っているよりは動いていることが多いので、お客さんとの体感温度に差が生じてしまい、お客さんだけが寒いというわけです。

スポンサードリンク

映画館が寒い場合のおすすめの対策は?

映画館が寒い理由はわかりました。

では、対策はどうしたらいいのでしょうか?

特に真夏の暑い日などは、Tシャツなどの涼しい恰好で映画館に行く人がほとんどだと思います。

寒いと体が冷えてしまうだけでなく、トイレも近くなって映画を楽しむどころではなくなってしまいます。

夏なのに温かい飲み物が欲しくなったりもします。

いくつか対策をあげてみましたが、いずれも映画館のスタッフに声を掛けるのが基本的な対策になります。

夏でもブランケットを借りるのがおすすめ

最近ではかなり多くの映画館で、ブランケット毛布の貸出をしています。

映画館は天井も高く、暖気は上の方へ向かいますので、特に足元が寒く感じます。

せっかくお金を払って映画館まで行って映画を見に行くんですから、遠慮なく申し出ましょう。

また荷物になってしまいますが、夏場であっても1枚羽織るものを持参するのもおすすめです。

冷房の設定温度は下げてもらえる?

では、寒いと感じたら冷房の設定温度は変えてもらえるのでしょうか?

スタッフに寒いことを申し出て冷房の設定温度は下げてもらえる可能性はあります

映画館側では館内が暑いとか寒いという声があった場合には、その都度対応しているようです。

しかし、体感温度には個人差もあるので他のお客さんのこともあるので、ケースバイケースともいえます。

寒いと感じたなら遠慮なく、近くのスタッフに申し出てみましょう。

まとめ

今回は、映画館が寒い理由と対策について見てきました。

まとめると、映画館が寒い理由は熱中症対策が主で満員状態を想定しているからです。

対策として、夏でもブランケットや毛布を借りたり羽織るものを持参するのがおすすめです。

また、冷房の設定温度を下げてもらえる可能性もありますから、近くのスタッフに申し出てみましょう。

せっかくの映画館での映画鑑賞なのですから、快適に過ごせるように対策をしておくのがいいですね。

この記事が少しでもみなさんのお役に立てば、うれしいです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

その他の映画に関する記事は、こちらからどうぞ!
☞ 映画館には上映何分前から入れる?チケットの購入方法もこれで安心!

☞ 映画館に飲食物の持ち込みは禁止!その理由と見つかった場合

☞ 映画館で最もいい席はどこ?見やすいおすすめの席はここ!

☞ 映画館の最前列のメリットと見え方は?首が痛い対策やデメリットも

☞ 映画館は何歳から入場できて子供料金はいくら?赤ちゃんでも大丈夫?

☞ 映画館が苦手な理由は何?長いのが嫌いとか時間がもったいないなど

☞ 映画館のスマホのマナーはどう考える?気にするのは神経質過ぎる?



スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする