ローソンのレジ袋有料化はいつから?料金は一袋いくら?

環境問題が年々深刻な問題となっていますが、G20エネルギー・地球環境分野の閣僚会議でレジ袋有料化を2020年4月にも実施することが表明されました。

スーパーではすでにレジ袋の有料化が進んでいますが、コンビニエンス業界はまだまだ進んでいないというのが現状です。

しかし、この発表を受けてコンビニ各社も法制化に備えて対応に追われることになりそうです。

そんな中、数あるコンビニエンスストアの中でもローソンではいつごろからレジ袋有料化が始まって、料金は一袋いくらになるのでしょうか?

今回は、ローソンのレジ袋有料化はいつからで料金は一袋いくらになるのかを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ローソンのレジ袋有料化はいつから?

レジ袋の有料化が早くても2020年4月以降ということを考えると、ローソンをはじめとしたコンビニエンスストアのレジ袋有料化も2020年4月がひとつの目安になるのではないでしょうか。

実際、いつからレジ袋有料化が法制化されるかはまだはっきりはしていないのですが、スーパーやスターバックスコーヒーなどがすでに環境保護の対策に乗り出している以上、コンビニエンス業界の対応も早くなると予想します。

早い場合は年内にもどこかのコンビニエンスストアでレジ袋有料化が始まり、その後次々とローソンなど各コンビニエンスストアが追随するという流れも十分に考えられます。

G20で何らかの具体的な方針が打ち出され、2020年東京オリンピックで環境保護を促進する日本の姿をアピールするような気がします。

スポンサードリンク

ローソンのレジ袋有料化~料金は一袋いくら?

ローソンのレジ袋が有料化されたとして、次に気になるのがレジ袋の料金は一袋いくらになるかということでしょう。

現在すでにレジ袋有料化を実施しているスーパーを例に見ると、レジ袋の料金は地域やレジ袋のサイズによって違いますが、だいたい3~5円となっています。

このスーパーのレジ袋の料金を踏襲するという考え方が普通のようにも思いますが、より環境保護に貢献するという意味では10~20円と高い料金に設定するという考え方もあります。

レジ袋の料金が10円なら気にならないのに対して、20円なら袋を持参するという意見が多いからというのがその理由です。

以上のことから、ローソンのレジ袋有料化に伴ってのレジ袋の料金は、少し幅がありますが、一袋3~20円と予想します。

ローソンの現在のレジ袋削減の取り組み

日本では毎年約900万トンのプラスチックごみが排出されています。

そのうち包装容器やペットボトル、レジ袋といった使い捨てプラスチックが約400万トンで、全体の半分近くを占めています。

コンビニ各社は、レジ袋を薄くしたり植物由来成分配合の素材に切り替えたりと、プラスチック使用量の削減に取り組んできましたが、有料化には至っていません。

その理由はコンビニエンスストアの店舗数はスーパーより多く、レジ袋を有料化してしまえばライバル店にお客さんを奪われてしまうのでは、という心配があったからです。

ローソンでは現在、レジ袋削減へ以下の取り組みを行っています。

「レジ袋削減キャンペーン」

全国各地の自治体と協力して実施

「JFA(一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会)レジ袋削減ポスター」

自治体で制作したステッカーなども掲出したり、店舗でお客さんへレジ袋削減の声かけを実施

「コンビニecoバッグ」の作成

お弁当とペットボトルがぴったり収まるサイズのケータイバッグを一部のローソン店舗で無償配布、その後、「Loppi(ロッピー)」で販売実施
9年で配布総枚数は約443万枚 の配布実績

まとめ

今回は、ローソンのレジ袋有料化はいつからで料金は一袋いくらになるのかを見てきました。

ローソンのレジ袋有料化はいつからかは確定していませんが、2020年4月か東京オリンピックの前までがひとつの目安になると思われます。

ローソンのレジ袋有料化に伴ってのレジ袋の料金は、一袋3~20円と予想します。

レジ袋の料金が安すぎれば効果が薄く、高ければお客さんは袋を持参するはずです。

コンビニ業界がどちらを選ぶのか密かに注目しています。

いずれにしてもやがて買い物をする時には買い物袋を持参する時代が来るのは間違いないでしょう。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ レジ袋有料化の理由とは?義務化に反対の意見もさまざま!

コメント

タイトルとURLをコピーしました