土浦花火大会2019の会場とアクセスは?混雑回避と駐車場情報も

日本三大花火大会のひとつである土浦花火大会2019が、10月26日(土)に茨城県土浦市で開催される予定です。

秋田の大曲花火大会と並ぶ二大競技大会のひとつで、開催日は毎年多くの人で大混雑します。

それだけに土浦花火大会2019の会場アクセス駐車場情報は大変気になるところです。

何かいい混雑回避方法は、あるのでしょうか?

今回は、土浦花火大会2019の会場とアクセス、混雑回避と駐車場情報などについて見ていきます。

スポンサーリンク

土浦花火大会2019の会場とアクセス

土浦花火大会2019の会場は、土浦市の桜川の県道24号土浦境線に架かる学園大橋付近で、打ち上げ場所は、桟敷席の対岸にある市民運動広場です。

会場へのアクセスは、大きく電車と車に分かれますが、混雑を考えるとJR土浦駅からシャトルバスを利用するのが確実なようです。

土浦花火大会2019の会場へのアクセスは、以下の方法があります。

土浦花火大会2019の会場へのアクセス

土浦花火大会2019の会場への最寄りの駅は常磐線JR土浦駅ですが、会場までは約2.5km、徒歩約30分ほどかかります。

歩いて行けないことはないですが、花火大会当日は混雑でさらに時間を要するでしょうから、できればバスか何かで行けると助かりますよね。

そこで土浦花火大会2019では、JR土浦駅⇔会場の間でシャトルバスを運行する予定です。

シャトルバス

運行区間
JR土浦駅東口⇔会場

運行時間
行き:14:30 ~ 18:30(JR土浦駅発)
帰り:19:00 ~ 21:45(会場発)

料金
片道:大人240円、小人120円

所要時間
約10分、随時出発

※交通系ICカード対応可(PASUMO、Suicaなど)
⇒ http://kantetsu.co.jp/bus/pasmo_suica.html

詳細は、関東鉄道ホームページ ⇒ http://kantetsu.co.jp/bus/

電車の場合

最寄りの駅はJR常磐線土浦駅で、上野駅から普通電車で約70分、特急電車で約45分です。

つくばエクスプレスご利用の場合は、最寄りの駅はつくば駅ですが、会場付近への定期路線バスは交通規制のため15時以降は運休となりますので注意が必要です。

参考:「土浦花火大会」路線バス運休のお知らせ(関東鉄道㈱土浦営業所 )
⇒ http://www.tsuchiura-hanabi.jp/sp/access/pdf/2018rosenbus.pdf
※PDFファイルです。

つくば駅から会場までは約7kmで徒歩約1時間40分ほどかかりますから、JR土浦駅からシャトルバスを利用するのが無難でしょう。

車の場合

東京方面からの場合
常磐自動車道・桜土浦ICから、国道6号を経由して約5km約20分

水戸方面からの場合
常磐自動車道・土浦北ICから、国道6号を経由して約5km約20分

スポンサードリンク

土浦花火大会2019の混雑回避方法と交通規制・駐車場情報

土浦花火大会の例年の人出は、東京からのアクセスも良好なため、毎年約80万人とかなりの人出となります。

なので花火大会当日は大変な混雑が予想されます。

土浦花火大会では無料・有料合わせて約5,000台分の臨時駐車場が用意されますが、午前中から混雑が始まり、駐車場は例年15:00頃にはほぼ満車となります。

公式サイトでは、公共の交通機関の利用をすすめています。

大会当日は午前中から混雑し、午後3時頃には渋滞になるため、大変混雑します。なるべく公共交通機関をご利用ください。
また、お帰りの際も大渋滞となりますので、余裕をもったスケジュールでお越しください。

引用:土浦全国花火競技大会公式サイト

土浦花火大会2019の交通規制

土浦花火大会では毎年、花火大会の会場周辺を中心に交通規制が実施されます。

エリアによって交通規制が実施される時間帯が異なりますので、下のリンクから交通規制図を事前に確認されることをおすすめします。

土浦花火大会2019交通規制図・駐車場(土浦全国花火競技大会公式サイト)
⇒ http://www.tsuchiura-hanabi.jp/access/pdf/kotsukisei.pdf
※PDFファイルです。

土浦花火大会2019の駐車場情報

土浦花火大会2019では、無料・有料合わせて約5,000台分が用意されます。

しかし、花火大会当日の土浦市内は午前中から大変混雑し、花火大会終了後も夜遅くまで渋滞が続きます。

なので、できるだけ公共交通機関のご利用をおすすめします。

駐車場の場所など詳細は、上記の交通規制図をご参照下さい。

土浦花火大会2019の混雑回避方法

このように土浦花火大会は毎年、大混雑しますが、中でも最も混雑するのが花火大会終了直後から数十分の時間帯です。

これは、どこの花火大会でも共通していることなのですが、この大混雑を回避するには時間帯をずらして移動することです。

最後まで花火を鑑賞できないのは残念ですが花火大会終了前か、終了直後ではなく30分から1時間ほど経過してから移動するのです。

必ずしも空いているということはないかもしれませんが、混雑のピークを回避することはできるでしょう。

土浦花火大会2019公式サイトでは、次のようにすすめています。

大会終了後は大勢の方が一斉に帰路につくため、大変込み合います。慌てずにお帰り下さるようお願いします。会場周辺は大会終了後30分もすると混雑がだいぶ解消されますので、時間差で帰ることをお薦めします。なお、土浦駅では、駅構内への入場規制を行うことがあります。その場合は特急券を購入されていても優先的にお乗りいただくことができませんのでご了承ください。会場からの帰路は交通アクセス お帰りマップをご覧ください。

引用:土浦全国花火競技大会公式サイト

土浦花火大会2019の日程など概要

夏の時期に開催されることの多い花火大会の中にあって、土浦花火大会は珍しく10月に開催されます。

土浦花火大会は、もともとは海軍航空隊の戦死者を供養するために始まり、スターマインの部、10号玉の部、創造花火の部の三部門で構成され、全国から集まった花火師たちがその技を競います。

土浦花火大会2019の日程など概要は、以下の通りです。

名称
第88回土浦全国花火競技大会

日程
2019年10月26日(土)
※雨天時は、10月27日(日)か11月2日(土)のいずれかに延期

会場
茨城県土浦市 桜川河畔 学園大橋付近

打ち上げ時間
18:00~20:30(予定)

打ち上げ数
20,000発

トイレ
数か所(約600基)

問い合わせ
土浦全国花火競技大会実行委員会:029-826-1111

まとめ

今回は、土浦花火大会2019の会場とアクセス、混雑回避と駐車場情報などについて見てきました。

土浦花火大会2019の会場となる桜川の学園大橋付近には、JR土浦駅からシャトルバスを利用するのがおすすめです。

土浦花火大会には毎年約80万人が訪れ、交通規制も実施され、約5,000台分の臨時駐車場は午前中から混雑が始まり例年15:00頃にはほぼ満車となります。

この大混雑を回避する方法として時間帯をずらして移動することを公式サイトでもすすめています。

このような大きな花火大会では事前に行動計画を立てておくのが、非常に大切です。

情報を整理して、この記事が少しでもみなさんのお役に立てていただければうれしいです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ 花火大会の中でも全国の有名どころやおすすめを一挙紹介!保存版!

☞ 長岡花火大会2019日程と場所は?混雑予想と駐車場・穴場スポット

☞ 大曲花火大会2019混雑状況と穴場スポット!駐車場と屋台・トイレ

☞ 仙台七夕花火祭2019交通規制と混雑は?有料観覧席と穴場スポット

コメント

タイトルとURLをコピーしました