ボヘミアンラプソディのDVD発売日とレンタル開始日はいつ?特典も

Bohemian Rhapsody | Live Aid Side by Side: "We Will Rock You" | 20th Century FOX

大ヒットを続けているロックバンド・クイーンの伝記映画「ボヘミアンラプソディ」DVD・ブルーレイ・デジタル版発売日が決定しました。

何度も映画館に足を運んだ方も多くいらっしゃると思いますが、もう少しで自宅で思う存分何度でも楽しむことができますね。

DVD・ブルーレイには映画では未公開になっていた特典映像も含まれていますから、楽しみはさらに広がること間違いなしです。

そんな映画「ボヘミアンラプソディ」のDVD・ブルーレイ発売日とレンタル開始日いつなのでしょうか?

特典映像はどんな感じなのでしょうか?

今回は、映画「ボヘミアンラプソディ」のDVD発売日とレンタル開始日はいつか、さらに特典情報についても見ていきます。

スポンサーリンク

映画「ボヘミアンラプソディ」のDVD発売日はいつ?

ロックバンドの映画としては空前の大ヒットを続けている映画「ボヘミアンラプソディ」ですが、DVD・ブルーレイの発売やレンタルを今か今かと待ち望んでいる方も少なくないと思います。

クイーンの公式サイトでは、映画「ボヘミアンラプソディ」のDVD・ブルーレイ・デジタル版の世界各国の発売スケジュールが発表されています。

それによると、日本盤DVDとブルーレイ、デジタル配信の発売日はにそれぞれ以下のような予定で順次発売される予定です。

日本盤DVD&ブルーレイ      2019年4月17日

・デジタル              2019年4月17日

アメリカでは4KウルトラHD版、ブルーレイ版、DVD版、デジタル版というラインナップで発売されます。

4月17日は「クイーンの日」で、クイーンが1975年4月17日に初めて日本の羽田空港に降り立った日です。

発売日としては最高の日ともいえるでしょう。

 

スポンサードリンク

映画「ボヘミアンラプソディ」の特典

DVD発売日がいつかわかった次に気になるのは、特典ではないでしょうか。

映画「ボヘミアンラプソディ」には劇場版の「ボヘミアンラプソディ」にはなかった素晴らしい特典があります。

映画「ボヘミアンラプソディ」では、1985年ライブエイドでのクイーンのライブ・パフォーマンスを再現していますが、ライブエイドでのクイーンの持ち時間は20分で実際のライブ・パフォーマンスは約21分でした。

演奏された曲は、「ボヘミアンラプソディ」(短縮版)「RADIO GA GA」「ハマー・トゥ・フォール」「愛という名の欲望(Crazy Little Thing Called Love)」「「We Will Rock You」「伝説のチャンピオン(We Are The Champions)」の6曲でした。

しかし、映画ではフルで収録したもののカットされた部分があり、具体的には「愛という名の欲望(Crazy Little Thing Called Love)」「We Will Rock You」の2曲は公開されていません。

この2曲を加えたライブエイド・パフォーマンスのフル・バージョン映像22分が映像特典として収録されます。

さらにブルーレイ・デジタル版にはキャストらのインタビューを含む舞台裏映像も収められます。

・4KウルトラHD・ブルーレイ・デジタル版の特典映像
ライヴエイド・パフォーマンスのフル・ヴァージョン映像21分

・ブルーレイ・デジタル版の特典映像
ライヴエイド・パフォーマンスのフル・ヴァージョン映像21分+キャストらのインタビューを含む舞台裏映像

・DVD
なし

封入特典
・日本オリジナル「クイーン」ポストカードセット3枚組(初回生産分のみ)
・映画「ボヘミアンラプソディ」デジタルブックレット(初回生産分のみ、期間限定配信)

映画「ボヘミアンラプソディ」のレンタル開始日はいつ?

映画「ボヘミアンラプソディ」のDVD・ブルーレイ発売日はわかりましたが、レンタルで済ませたいという方もいらっしゃると思います。

通常、映画のDVDレンタル開始日は、発売日と同時かやや遅れてのレンタル開始となります。

映画「ボヘミアンラプソディ」のDVDレンタル開始日がいつからかは、まだ発表されていませんが、希望を含めてDVDの発売日と同じになると予想します。

料金は、TSUTAYAもGEOも1泊2日で400円ちょっとぐらいでしょう。

DVDよりかなり安く済むのが、レンタルの魅力ですね。

DVDを見たら実際のクイーンのライブエイドがおすすめ

最後になりますが、映画「ボヘミアンラプソディ」のDVDやブルーレイなどを見たならぜひ見てもらいたい、おすすめの映像があります。

個人的に今回、本当のクイーンの姿を見られるという点で最もおすすめなのがこちらです。

それは、1985年に行われたライヴ・エイドのクイーンの実際のステージです。

映画「ボヘミアンラプソディ」のライブエイドのシーンもよくできていると思うのですが、やはり本家のステージは迫力が違います。

今回の映画「ボヘミアン・ラプソディー」でクイーンに興味を持った方は、きっと満足していただけるはずです。

この映像作品のタイトルが、「ライヴ・イン・モントリオール 1981 & ライヴ・エイド」で、DVDとBlu-rayのバージョンでリリースされています。

ライブエイドでの収録曲は上記の6曲の他に実はもう1曲あって、一度ステージを降りた後、フレディ・マーキュリーとブライアン・メイの2人が「Is This The World We Createed…?(悲しい世界)」を演奏する様子も収録されています。

さらにはライブエイドでのリハーサル風景まで収録されているので、クイーンの歴史的な1日を知るにはこれ以上ない映像作品になっています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

伝説の証 〜ロック・モントリオール1981&ライヴ・エイド1985[DVD] / クイーン
価格:3510円(税込、送料別) (2019/4/5時点)

楽天で購入

 

 

まとめ

今回は、映画「ボヘミアンラプソディ」のDVD発売日とレンタル開始日はいつか、さらに特典情報について見てきました。

映画「ボヘミアンラプソディ」のDVD・ブルーレイ発売日は、日本盤DVD・ブルーレイは2019年4月17日、デジタル配信は2019年4月17日、です。

DVDのレンタル開始日もDVD発売日と同じ日になるものと思われます。

特典は、ライヴエイド・パフォーマンスのフル・ヴァージョン映像21分で、ブルーレイ・デジタル版にはさらにキャストらのインタビューを含む舞台裏映像も追加収録されます。

映画も大ヒットしていますが、特典が魅力的なことからDVD・ブルーレイもかなり注目されるのではないでしょうか?

まだまだクイーン・ブームは続きそうです。

この記事が少しでもみなさんのお役に立てば、うれしいです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ クローズアップ現代+12月6日はクイーンの映画!出演者もロック人

☞ クイーンのテレビ番組が再放送!ボヘミアン・ラプソディ殺人事件など

☞ クイーンシンフォニックの来日2019決定!日程・座席・セトリは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました