クリスマスはいつ祝うのが正しいの?イブか25日かどっち?

クリスマスをいつ祝うかについては、特に意識せずにクリスマス・イブに祝うことが多いのではないでしょうか?

土日祝日の兼ね合いもあり、その年によって多少は違うことはあるにしてもクリスマスはいつ祝うのが正しいかまではあまり考えないと思います。

はたしてクリスマスはいつ祝うのが正しいのでしょうか?

多少ズレても問題はないのでしょうか?

今回は、クリスマスはいつ祝うのが正しいのか?イブか25日かどちらか?について見ていきます。

スポンサーリンク

クリスマスはいつ祝うのが正しいの?

クリスマスは、イエス・キリストの生誕を祝う日で、一般的に25日と解釈されていると思います。

なので、欧米では25日に家族などが集まってキリストの生誕を祝います。

しかし、日本ではクリスマス・イブに祝うケースが多いように見受けられます。

なんとなく世の中のムード自体がそういう方法に傾いているような気がします。

また、キリスト教の起源とされているユダヤ教では日没を日付の境とされていたことから、12月24日の日没から12月25日の日没までをクリスマス当日と考えられていました。

これだと25日の夜はすでにクリスマスが終わっていることになります。

このようなユダヤ暦で考えると、24日の夜に祝うのが正しいクリスマスの祝い方のようにも思いますが、日本の場合は宗教的な意味合いよりもイベント的な意味合いのほうが強いですから、いつ祝うかについてはあまり神経質になる必要もないのではないでしょうか?

結果的に日本ではクリスマス・イブに祝うことが多いですし、理にはかなっています。

スポンサードリンク

クリスマスケーキやチキンを食べるのはイブか25日かどっち?

では、クリスマスケーキやチキンを食べるのはクリスマス・イブと25日ではどちらがいいのでしょうか?

これは上記のユダヤ暦によればクリスマス・イブに食べたほうがよいことになります。

しかし、イベント的な意味合いの強い日本のクリスマスの場合は、個人的には家族が集まりやすい日でよいのではないでしょうか?

例えば、家族の誕生日を祝う場合、誕生日の当日より休日の前日に祝うケースが多いと思います。

つまり、家族が集まりやすい日ですね。

クリスマスケーキやチキンを食べるのも家族の誕生日と同じように考えればいいように思います。

となると特にクリスマスケーキやチキンを食べるのは、クリスマス・イブか25日にこだわる必要はないのではないでしょうか。

このように臨機応変に対応してもよいとなれば、子供たちへのプレゼントもクリスマス当日ではなく、多少ズレてもよいことになります。

しかし、相手が子供の場合は、クリスマス当日より前にプレゼントをもらうのはサプライズで喜ぶと思いますが、後ろにズレるのは注意が必要です。

サンタさんが来てくれなかった、とガッカリするかもしれませんので。

まとめ

今回は、クリスマスはいつ祝うのが正しいのか?イブか25日かどちらか?について見てきました。

クリスマスはいつ祝うのが正しいのかは、ユダヤ教で日没を日付の境とされていたことから、12月24日の日没から12月25日の日没までのクリスマス当日と考えられていました。

知っているかどうかは別として結果的に日本ではクリスマス・イブに祝うことが多く、理にかなっています。

このような考えだとクリスマスケーキやチキンを食べるのはクリスマス・イブということになりますが、イベント的な意味合いの強い日本のクリスマスの場合は、個人的には家族が集まりやすい日でよいと思います。

キリスト教徒の少ない日本ではクリスマス本来の意味はしっかり理解されてはいませんが、あまり深刻に考えずに家族みんなで楽しく過ごせるといいですね。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

その他のクリスマスに関する記事は、こちらからどうぞ!
☞ 日本でクリスマスが定着したのはいつから?歴史を探ってみた!

☞ クリスマスの本当の意味は知ってますか?起源や由来を探ってみた!

☞ クリスマスケーキを持ち帰りしたら崩れた!崩れない運び方は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました