紫陽花の花言葉は良い意味もある!紫や青や白やピンクなど色別で紹介

6月に入り、日本も南から徐々に梅雨の季節を迎えています。

ジメジメして憂うつな気分になりがちな梅雨の季節ですがこの時期ならではの花があります。

そうです、紫陽花です。

この紫陽花、花言葉がいろいろあるのですがあまりいい意味でイメージされないことも多いようですね。

しかし、紫陽花の色と同様、いろいろな意味があることがわかりました。

今回は、紫陽花の花言葉は良い意味もあるので、紫や青や白やピンクなど色別に調べてみました。

スポンサーリンク

紫陽花の花言葉は良い意味もある!

紫陽花の花言葉というと「移り気」「浮気」「冷酷」といったネガティブであまり良い意味ではない言葉を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

この他にも「ほらふき」「無情」「自慢家」「高慢」「変節」などかなり良い意味ではない花言葉があります。

これは紫陽花が時間の経過ととにその色を変えることからくるらしいんですが、これでは紫陽花の立場がありませんね。

しかし、紫陽花にはこれら以外にもたくさんの花言葉があり、ポジティブで良い意味の花言葉も少なくありません。

紫陽花の良い意味の花言葉

小さな花が寄り集まって咲く姿から「家族団欒」「家族の結びつき」、また花期が長いことから「辛抱強い」などが紫陽花の良い意味での花言葉ですね。

他にも「仲良し」「平和」「友情」「強い愛情」「乙女の愛」などポジティブで良い意味の花言葉もたくさんあります。

スポンサードリンク

紫陽花の花言葉を色別で

紫陽花にはさまざまな色があるのはご存知の通りですが、色によって花言葉が違います。

紫陽花は咲く場所の土壌や時期によって色が変わります。

では、色別に花言葉を見ていきましょう。

色別の花言葉~紫・青

青・青紫の紫陽花は、まさに紫陽花の色といったイメージがありますが、「冷淡」「高慢」というネガティブな花言葉がある一方で、「辛抱」「忍耐強い愛情」「清澄」「知的」「神秘」といった冷静で良い意味の花言葉もあります。

なかなか深い意味で、良い意味にも悪い意味にもとれますが、ここは良い意味にとりましょう。

色別の花言葉~白

白い紫陽花の花言葉は「寛容」で、とてもきれいで清楚なイメージがあり、間違いなく良い意味ですね。

結婚式にはピッタリ!

女性に好まれるのも納得です。

また白く可憐な紫陽花のアナベルには「ひたむきな愛」「辛抱強い愛情」というロマンティックな花言葉がついています。

色別の花言葉~ピンク

ピンクの紫陽花の花言葉は「元気な女性」です。

これも良い意味ですね。

母の日に使われることが多いです。

いつまでも元気なお母さんでいて欲しいというメッセージになります。

色別の花言葉~ガクアジサイ

花言葉は「謙虚」です。

ガクアジサイは日本原種で、中心につぼみのような小さな花があり、それを額縁のように囲んで飾っているような紫陽花です。

その姿が花言葉にピッタリですね。

色別の花言葉~緑

残念ながら花言葉はありませんでした。

緑の紫陽花というのは細菌に侵された状態ということです。

紫陽花の見頃

紫陽花の見頃は梅雨の時期ですが、地域によって若干の誤差が出てきます。

例年では見頃は6月~7月あたりですが、今年はいつも以上に早く咲いているようです。

関東でも5月に咲き始めている紫陽花の名所もあるようですから、紫陽花鑑賞に行かれる方は開花状況をチェックして早めに行かれたほうがいいかもしれませんね。

まとめ

今回は、紫陽花の花言葉は良い意味もあるので、紫や青や白やピンクなど色別に調べてみました。

色別のいろいろな花言葉を知ったことで、紫陽花に対するイメージも少し変わった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

良い意味で使われることもたくさんあることがわかりました。

「花言葉」とは、植物に印象的な言葉を持たせるためのものですが、紫陽花にこれだけたくさんの花言葉があるというのはそれだけ多種多様な花であるということですね。

梅雨の時期の紫陽花鑑賞もさらに楽しい時間になるかもしれませんね。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました