地震の時は玄関とトイレが安全?地震が起きたらどこに逃げる?

地震大国日本では、いつ大地震がやってくるかわかりません。

大きな地震が発生した時には、何はさておき自分自身の安全を最優先させるのは言うまでもありません。

また、玄関トイレが安全とか、机の下に隠れるのがいいとか、いろいろな説がありますが、地震が起きたらどこに逃げるのが最も安全なのでしょうか?

今回は、地震が起きたらどこに逃げるのが安全なのかをテーマに、地震の時は玄関とトイレが安全かどうかを見ていきます。

スポンサーリンク

地震が発生した時は玄関とトイレが安全?

大地震が発生したら、まずは身の安全を確保することが大切です。

続いて火元のチェック、そして玄関のドアを開けるのがいいと言われています。

玄関のドアを開けるのは、外に逃げられるように出口を確保するのが目的です。

時として、建物の変形によってドアが開かないことがあるからです。

そして、地震が発生した時は玄関とトイレが安全と言われていますが、はたしてどうなのでしょうか?

順番に見ていきたいと思います。

地震には玄関が安全?

最近の建築物は鉄筋コンクリートが増えてきて、建物が倒壊するリスクは以前ほど高くはなくなってきています。

現代は建物が倒壊するよりも、倒れてくる家具などでケガをしたり閉じ込められる可能性が心配です。

そんな場合には、地震が発生した時は玄関が安全と言われるようになりました。

玄関は耐震性が高く、実際に倒壊した建物でも玄関は残っていたという話はよくあります。

地震が発生した時は玄関が安全という説は一理あると思います。

地震にはトイレが安全?

続いて、トイレです。

トイレが安全な場所である理由は、倒れてくる家具がないからです。

また窓もないか、あっても小さい場合が多いので、窓ガラスが割れてケガをするリスクが他の部屋に比べて低いこともあげられます。

トイレは密室なので、ドアが変形して開かなくなると脱出できなくなるイメージがありますが、近年の耐震基準を満たした建物であれば、トイレはかなり安全だと言えます。

ただし、トイレに入っている時に地震が発生した時には、すぐにドアを開けるのを忘れてはいけません。

ドアが変形のリスクがあるからです。

スポンサードリンク

地震が起きたらどこに逃げるのが安全か?

地震によって命にもかかわるような場合として、考えられるのが建物の倒壊や家具の転倒による下敷きです。

となると、地震が起きたらどこに逃げるのが安全かは、大まかではありますがある程度答えが見えてくるのではないでしょうか?

それは、建物の倒壊や家具の転倒が発生しづらい場所が家の中では安全な場所と言えます。

そういった意味で、これまでに紹介してきた玄関やトイレはこの条件を満たしていると言えます。

昔からの教訓である机の下に隠れるというのは、建物の新しい古いによって違いますし、机の周りの家具などが転倒してくると逃げ道を塞いでしまう可能性もあり、ケースバイケースといったところです。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ 地震で机の下に隠れるのはなぜ?危険だから間違いという説が正しい?

そして、自身の揺れが落ち着いてきたら、速やかに外に出て安全を確保するのがいいでしょう。

玄関に逃げていればドアさえ開けばすぐに外に出られますから、なおいいですね。

地震で火を消せは過去の教訓?

以前は、地震が「発生したら火を消せ」という教訓がありました。

実際に関東大震災でも火災によって大きな被害を受けました。

また、過去の地震では火を消そうとしてケガをされた方もいらっしゃいます。

しかし、最近のガスは優秀で、震度5程度の揺れを感知すると自動でガスを停めてくれるようになっています。

わざわざガスを停めるために移動する必要はありません。

同じ火災のリスクでも電気が復旧したときに起こる通電火災のほうに気を配るべきです。

地震が発生し停電になるようなことがあれば、ブレーカーを落とすようにしましょう。

まとめ

今回は、地震が起きたらどこに逃げるのが安全なのかをテーマに、地震の時は玄関とトイレが安全かどうかを見てきました。

地震の時は、玄関とトイレが安全というのはその通りで、実際に倒壊した建物でも玄関は残っていたという話もあるほどです。

地震が起きたらどこに逃げるのが安全か ⇒ 建物の倒壊や家具の転倒が発生しづらい場所

ともいえます。

お住まいの建物が耐震基準を満たしているかどうかは大きなポイントで、それによってどこに逃げるのが安全かも違ってくるでしょう。

また、地震で火を消せは過去の教訓で、最近のガスは震度5程度の揺れを感知すると自動で停止します。

それよりも通電火災を防止するのが大切なので、地震が発生し停電になるようなことがあれば、ブレーカーを落とすことを心掛けましょう。

この記事が少しでもみなさんのお役に立てば、うれしいです。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

その他の地震に関する記事は、こちらからどうぞ!
☞ 地震が怖いのはなぜ?不安や恐怖心から対応を謝らないための対策!

コメント

タイトルとURLをコピーしました