ロンドンマラソン2018のコースと日本人の結果は?



スポンサードリンク

Pocket

今年もロンドンマラソンの開催まであと1ヶ月を切りました。

1981年から始まったロンドンマラソンは、参加者が4万人にも及ぶ世界最大級のマラソン大会のひとつです。

そんな大規模なロンドンマラソンは今なお参加者が増え続けています。

今回は、ロンドンマラソン2018のコースと日本人の結果について見ていきます。




スポンサードリンク

ロンドンマラソン2018のコースと大会概要

ロンドンマラソン2018のコースは、例年通り、ロンドンを流れるテムズ川に沿ったコースになります。

タワーブリッジからビッグベンを往復するコースで、ロンドン塔やセントポール大聖堂、バッキンガム宮殿などロンドンの観光名所が見える、いわば「観光マラソン」(?)のような感じです。

コースとしては、アップダウンのほとんどないランナーにとっては走りやすいコースです。

つまり、好タイムが期待できるコースなのです。

実際にここ最近も優勝タイムが2時間5分前後の好記録となっています。

世界記録更新が期待できるコースといえるでしょう。

ロンドンマラソン2018大会概要

開催日   2018年4月22日 9:00スタート (日本時間 17:00)
開催地   ロンドン(イギリス)
優勝賞金  55,000ドル
定員    約40,000人
参加資格  18歳以上

スポンサードリンク

ロンドンマラソンの日本人の結果は?

ロンドンマラソンでは過去に日本人ランナーが2回優勝しています。

1986年に瀬古利彦選手、1987年に谷口浩美選手となんと2年連続で日本人ランナーが優勝しています。

しかし、この両レジェンドを最後に30年、日本人ランナーの優勝はありません。

そして、2018年のロンドンマラソンで日本人ランナーはどうか?

なんとも言えないところですが、今の日本人ランナーではやはり川内優輝選手でしょうか。

タイムも2時間10分を切っていますし、参加するなら大いに期待したいですね。

ロンドンマラソン2018 テレビ放送予定

ロンドンマラソンは、過去にCS「フジテレビNEXT ライブ・プレミアム」で放送されましたが今年のテレビ放送に関しては未定です。

まとめ

今回は、ロンドンマラソン2018のコースと日本人の結果についてまとめてみました。

調べてみるとかなり規模の大きい世界的なマラソン大会であることがわかりました。

残念なのは、ロンドンマラソンもケニア勢が席巻しており、日本人ランナーの優勝が
しばらくないということです。

ぜひ、日本人ランナーの健闘を期待したいものです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ボストンマラソン2018の記事は、こちらからどうぞ!
☞ ボストンマラソン2018のコースと日本人の結果は?



スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする