神奈川・横浜の暑さはいつまで続く2018?猛暑時の気温は?



スポンサードリンク

Pocket


全国的に暑さが猛威を振るっており、連日のように40℃に迫る勢いです。

今回見ていく神奈川・横浜は海にも面しており、内陸部に比べると幾分過ごしやすいようにも思いますが、この暑さはいつまで続くのでしょうか?

はたして猛暑時の気温はどこまで上がるのでしょうか?

今回は、2018年の神奈川・横浜の暑さはいつまで続くのか、さらに猛暑時の気温についても見ていきます。




スポンサードリンク

神奈川・横浜の暑さはいつまで続く2018?

神奈川・横浜といえば、横浜中華街やみなとみらいなどが有名で、おしゃれな港町といったイメージがありますね。

海にも面しており、海風が吹けば暑さもいくらか楽なのかなというふうにも考えますが実際はどうなのでしょうか?

過去10年(2008年以降)の7月から10月までのデータを参考に調べていきます。

平均気温

まず平均気温ですが、神奈川・横浜の月別平均気温は7月が25℃、8月が26.7℃、9月が23.3℃、10月が18℃となっています。
年によっては平年を下回る年もないわけではないのですが、各月ともやや上昇傾向にあるのは明らかで温暖化の影響がうかがえます。

最高気温

最も最高気温が高かった年を調べてみると、7月は2010年の35.4℃、8月は2013年と2016年の37.4℃、9月は2010年の35.6℃、10月は2016年の31.8℃です。
7~9月はいずれも35℃超えであつのですが、気になるのは10月の最高気温も徐々に高くなってきていることです。

最高気温30℃越えの日数

最後にひと月に30℃を超えた日数が何日あったかということですが、平均すると7月は約18.1日、8月は約22.9日、9月は約8.2日、10月は約0.4日となっています。
これは7月の増加が顕著で、8・9月は1~2日増加といったところです。
10月は目立ちませんが、ここ数年で最高気温30℃越えの日が出てきています。

こうしてみると7・8月の暑さからは逃れられないといった感じですね。

10月になれば平均気温も20℃を下回ってきますので、暑くて大変だということはほとんどないでしょう。

したがって9月のいずれかの時期に気温が下がると思われますが、上旬・中旬・下旬かはちょっと予想が困難です。

昨今の異常気象で急に気温が下がったりすることもあるからです。

しかし、普通に考えれば9月のある時期に過ごしやすくなってくるのではないでしょうか。

これらのことを考えると2018年の神奈川・横浜の暑さはいつまで続くかは、9月までと予想します。

スポンサードリンク

神奈川・横浜の猛暑時の気温は?

神奈川・横浜の猛暑時の気温はどのくらいまで上昇するのでしょうか?

をここ10年のデータを見てみると猛暑時最も気温が高かったのは2013年と2016年の8月に記録した37.4℃です。

平均してみると35℃前後が猛暑時の気温として最も多いですね。

やはり海に面している影響もあるのでしょう、他の大都市に比べてやや低めではあります。

気になるのが7月で猛暑時の最高気温は2010年の35.4℃なのですが、30℃を超える日数が明らかに増えています。

これに伴って7月の猛暑時の最高気温も8月に並ぶ、あるいは超える年が出てきてもおかしくない印象を受けます。

今後は8月と同じくらい暑いと認識していたほうがよさそうですね。

まとめ

今回は、2018年の神奈川・横浜の暑さはいつまで続くのか、さらに猛暑時の気温についても見てきました。

まとめると2018年の神奈川・横浜の暑さはいつまで続くかは、9月までと予想され、猛暑時の気温は平均してみると35℃前後になるでしょう。

海に面している影響で他の大都市に比べてやや過ごしやすい印象はあるものの7月の気温の上昇が目立ち、夏が長くなっているのは間違いありません。

猛暑に警戒が必要なのは他の地域同様なので、十分に警戒して下さい。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

その他の地域の暑さに関する記事はこちらからどうぞ!
☞ 東京の暑さはいつまで続く2018?秋服を着られる時期はいつ?

☞ 宮城・仙台の暑さはいつまで続く2018?猛暑の時期はどう凌ぐ?

☞ 東海・名古屋の暑さはいつまで続く2018?涼しくなるのはいつ?

☞ 京都の暑さはいつまで続く2018?気温が下がる時期はいつ?

☞ 関西・大阪の暑さはいつまで続く2018?猛暑のピークはいつ?

☞ 福岡・博多の暑さはいつまで続く2018?衣替えの時期はいつ?