東海地方の梅雨入り2018はいつ頃かとどれくらいの期間か予想?

Pocket


ゴールデンウイークも終わり、6月が近づいてきました。

これまではカラッとしたいいお天気でも梅雨入りが近づいてくると徐々にジメジメしてきます。

梅雨の期間が長いと気が滅入ってきたりもします。

できれば梅雨は短いに越したことはありませんが、はたして今年の東海地方の梅雨はどうなるでしょうか?

また、どれぐらいの期間になるのでしょうか?

今回は、東海地方の梅雨入り2018はいつ頃かとどれくらいの期間か予想してみます。

スポンサードリンク

東海地方の梅雨入り2018はいつ頃か予想

そもそも東海地方とはどこからどこまでをいうのでしょうか?

東海地方とは、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県の4県をいいます。

この東海地方の梅雨入り2018はいつ頃か、過去のデータから予想していきます。

過去1951年から2017年までのデータを見ると、最も早い梅雨入りは1963年の5月4日頃で、最も遅い梅雨入りは、1951年の6月28日頃、梅雨入りの平均時期は6月7日頃でした。

ただ、1963年の5月4日というのはかなり異常な早い梅雨入りで、通常は早くて5月20日頃と見ていいでしょう。

また、東海地方の梅雨入りの時期は年々早まっている傾向があります。

ちなみに昨年の梅雨入りは6月21日でした。

これらのことから2018年の東海地方の梅雨入りは、

5月25日 ~ 6月15日頃

と予想します。

東海地方の梅雨の期間はどれくらいの期間か予想

続いては東海地方の梅雨の期間はどれくらいの期間になるか、について見ていきます。

過去のデータを見ると最も早い梅雨明けは1963年の6月22日頃、最も遅い梅雨明けは2009年の8月3日頃で、梅雨明けの平均は、7月21日~31日頃となっています。

ちなみに昨年の梅雨明けは7月15日でした。

これらのことから2018年の東海地方の梅雨の期間は、

約40日 ~ 50日間位

になりそうです。

梅雨入りが早くて、梅雨明けが遅いという最悪の事態を想定するとなんと2か月以上も梅雨の期間が続くことも考えられます。

スポンサードリンク

梅雨のエアコン

このように長い梅雨になった場合、活躍するのがエアコンです。

使用する機能は、「ドライ(除湿)」か「冷房」ですよね。

読んで字の如く、「ドライ(除湿)」は湿度を下げる役目、「冷房」は温度を下げる役目をします。

室温にもよりますが、梅雨の季節は「ドライ(除湿)」が大活躍する季節ですね。

少々気温の高い日でも除湿することによって同じ気温でも快適度がまるで違ってきたりします。

湿度が15%下がると体感温度は1℃下がるといわれているくらいです。

エアコン代について

ここで気になるのがエアコン代です。

梅雨の季節に使用する機能として、「ドライ(除湿)」と「冷房」がありますが、除湿には、「弱冷房除湿」と「再熱除湿」の2つがあります。

水分を集めるために温度を下げ、そのまま部屋に戻すのが「弱冷房除湿」、空気の温度を下げ、ちょうどいい温度に温め直してから部屋に返すのが「再熱除湿」です。

それぞれの方式で電気代が異なりますが、「弱冷房除湿」<「冷房」<「再熱除湿」の順に電気代が高くなり、エアコンによって「除湿」より「冷房」の方が電気代が安くなるケースがあります。

使用しているエアコンのタイプを調べて、その時の状況に合わせて使用するのがいいでしょう。

まとめ

今回は、東海地方の梅雨入り2018はいつ頃かとどれくらいの期間かについて予想してみました。

東海地方は過去のデータを見ると梅雨入りの期間が幅広く、予想は大変難しいですね。

また、東海地方は台風の通り道になることも多く、雨による災害には注意が必要です。

最近の梅雨の雨は降り方が激しいことが多くなっている傾向がありますので、さらに気を使わされてしまいますね。

加えて日本の高温多湿の気候では温度管理だけでなく湿度管理が重要です。

体調への影響はもちろんですが、電気代もバカになりませんから使用しているエアコンのタイプを知り、うまく使いこなしたいものです

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

他の地方の梅雨入り情報は、こちらからどうぞ!
☞ 四国の梅雨入り2018はいつか?どれくらいの期間か予想してみた
☞ 近畿地方の梅雨入り2018と梅雨明け及びいつからいつまでかを予想
☞ 梅雨入り2018がいつ頃か予想すると関東は?例年と比べてどうか?
☞ 東北地方の梅雨入り2018を大胆予想するもいつからかは確定困難!

リンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする