近畿地方の梅雨入り2018と梅雨明け及びいつからいつまでかを予想

春が来て夏が来るまでの間、ジメジメした梅雨がやってきます。

最近の梅雨は長期化する傾向がみられますが、近畿地方も例外ではありません。

雨の降り方も梅雨とは思えない激しい雨が多く、災害も発生しやすくなっている印象があります。

今回は、近畿地方の梅雨入り2018と梅雨明け及びいつからいつまでかを予想してみました。

スポンサーリンク

近畿地方の梅雨入り2018を予想

近畿地方とは、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、三重県、滋賀県、和歌山県の2府5県をいいます。

三重県が入るかどうかで分かれるところもあるようですが、こちらでは三重県を入れて話を進めていきたいと思います。

では早速、過去のデータをもとに近畿地方の梅雨入り2018を予想していきます。

近畿地方の平年の梅雨入り2018はいつから?

まず近畿地方の平年の梅雨入りはいつ頃からか調べてみると、最も早い梅雨入りは1956年と

2011年の5月22日頃、最も遅い梅雨入りは1958年の6月25日頃、梅雨入りの平均値は6月5日

でした。(気象庁の1951年から2017年までの近畿地方の梅雨入りデータより)

そして、徐々に梅雨入りの時期が早くなっている傾向があります。

ちなみに昨年の梅雨入りは6月20日でした。

これらのことから近畿地方の梅雨入り2018は、

6月1日頃 ~ 6月15日頃

と予想します。

近畿地方の梅雨明け2018を予想

続いて近畿地方の梅雨明け2018を予想してみます。

同じように気象庁のデータをもとに近畿地方の平年の梅雨明けはいつ頃からか調べてみると、

最も早い梅雨明けは1978年の7月3日頃、最も遅い梅雨明けは2009年の8月3日頃、梅雨明けの

平均値は7月21日頃でした。

そして、徐々に梅雨入りの時期が早くなっているのとは逆に梅雨明けの時期はやや遅くなって

いる傾向があります。

ちなみに昨年の梅雨明けは7月13日でした。

これらのことから近畿地方の梅雨明け2018は、

7月10日頃 ~ 7月25日頃

と予想します。

近畿地方の梅雨はいつからいつまで?

近畿地方の梅雨はいつからいつまでかは、上記の予想をまとめて

梅雨入りが、6月1日頃 ~ 6月15日頃、

梅雨明けが、7月10日頃 ~ 7月25日頃

と予想します。

大雑把な印象を持たれるかもしれませんが、おおよその目安と思っていただければと思います。

なお最近の傾向として梅雨入りが早くなり、梅雨明けが遅くなっている傾向があることから近畿地方の梅雨の期間は長くなっているといえるでしょう。

梅雨入り・梅雨明けはどう決まるのか?

気象庁は気象状況を見て、「梅雨入り宣言」や「梅雨明け宣言」をします。

これはどのようにして決めているのでしょうか?

まず、「梅雨入り」のおおよその目安は、

・曇りや雨が1週間以上続くと予報がされた時
・曇りや雨が1週間以上実際に続いた時
・梅雨をもたらす梅雨前線がその地域に到達した時

また、「梅雨明け」のおおよその目安として

・晴れが1週間以上続くと予報がされた時
・晴れが1週間以上実際に続いた時
・梅雨をもたらす梅雨前線が南下した、戻らなくなった時

とされています。

さらに「梅雨」の定義として

気象庁では梅雨を「晩春から夏にかけて雨や曇りの日が多く現れる期間」と定義しており、季節が移り変わる中で現れる季節現象の一つとして捉えております。「今日から梅雨」、「今日から梅雨明け」などとある1日を特定することは難しく、平均5日間程度の移り変わりの期間があることから、梅雨入り・梅雨明け日の末尾に「・・ごろ」と付けています。(気象庁より引用)

とされています。

つまり梅雨入り・梅雨明けを確定させるのはかなり困難で、「・・ごろ」と付いてしまいます。

かなり曖昧ともいえるのですが、気象庁としても晴天が続いて「梅雨明け宣言」をしてその後雨の日が続いたりしては元も子もありません。

慎重にならざるを得ない事情があるんですね。

梅雨入り・梅雨明けの予想は現在の技術を持ってしても至難の業といえるでしょう。

スポンサードリンク

気象庁の速報値と確定値の違いは?

よく梅雨の時期に聞く言葉として「速報値」と「確定値」があります。

気象庁の梅雨の発表の際に使いますが、「速報値」と「確定値」ってどう違うのでしょうか?

速報値とは?

まず「速報値」とは、梅雨入り・梅雨明けを確認したと判断したときに発表されるものです。

こちらは私たちがまさに知りたいもので、生活に大きく関わってくるものですね。

確定値とは?

確定値」とは、梅雨明けの「速報値」とは別に、梅雨の季節が過ぎてから、統計値として確定したものです。

こちらは学術的な意味合いが強そうな言葉で実際の私たちの生活にはほとんど関係のないものですね。

まとめ

今回は、近畿地方の梅雨入り2018と梅雨明け及びいつからいつまでかを予想してみました。

あまりいいことではありませんが、梅雨入りが早まっている傾向と長期化している傾向は否定できません。

温暖化の影響からか梅雨の期間にもかかわらず豪雨のような雨が多くなっているような気がします。

あくまで予想ですが、梅雨入り・梅雨明けの時期を把握して少しでも快適に過ごしていただければと思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

その他の地方の梅雨入り情報は、こちらからどうぞ!
☞ 四国の梅雨入り2018はいつか?どれくらいの期間か予想してみた
☞ 東海地方の梅雨入り2018はいつ頃かとどれくらいの期間か予想?
☞ 梅雨入り2018がいつ頃か予想すると関東は?例年と比べてどうか?
☞ 東北地方の梅雨入り2018を大胆予想するもいつからかは確定困難! 

コメント

タイトルとURLをコピーしました