梅雨入りと梅雨明け予想2018年北陸地方はいつからいつまで?

春が来れば次は夏ですが、その前に梅雨の時期がやってきます。

最近の梅雨は異常気象の影響からか地方によって梅雨入りの時期が早まったり遅くなったりしています。

はたして北陸地方はどうでしょうか?

今回は、北陸地方の2018年の梅雨入りと梅雨明けの予想及びいつからいつまでの期間か、などを見ていきます。

スポンサーリンク

北陸地方の梅雨入り2018を予想

北陸地方とは、新潟県、富山県、石川県、福井県の4県をいいます。

北陸というと豪雪地帯で雪が多いという印象がありますよね。

また、お米がおいしいというイメージでしょうか。

そんな北陸地方ですが、過去のデータをもとに北陸地方の梅雨入り2018を予想していきます。

北陸地方の平年の梅雨入り2018はいつから?

まず北陸地方の平年の梅雨入りはいつ頃からか調べてみると、最も早い梅雨入りは1956年

の5月22日頃、最も遅い梅雨入りは1958年と1987年の6月28日頃、梅雨入りの平均値は6月

13日頃でした。(気象庁の1951年から2017年までの北陸地方の梅雨入りデータより)

そして、徐々に梅雨入りの時期が遅くなっている傾向があります。

ちなみに昨年の梅雨入りは6月25日頃でした。

これらのことから北陸地方の梅雨入り2018は、

6月5日頃 ~ 6月20日頃

になるのではないかと予想します。

スポンサードリンク

北陸地方の梅雨明け2018を予想

続いて北陸地方の梅雨明け2018を予想してみます。

同じように気象庁のデータをもとに北陸地方の平年の梅雨明けはいつ頃からか調べてみると、

最も早い梅雨明けは2001年の7月1日頃、最も遅い梅雨明けは1991年の8月14日頃、梅雨明けの平均値は7月25日頃でした。

そして、徐々に梅雨入りの時期が遅くなっているのと同様に梅雨明けの時期もやや遅くなって

いる傾向があります。

ちなみに昨年の梅雨明けは8月2日でした。

これらのことから北陸地方の梅雨明け2018は、

7月20日頃 ~ 8月5日頃

と予想します。

梅雨明けが8月になるのは勘弁してもらいたいところですが、梅雨明けが遅くなっている傾向から可能性としては大いにあり得ます。

とはいえ7月中には梅雨明けしてカラっと暑くなってほしいですね。

北陸地方の梅雨はいつからいつまで?

北陸地方の梅雨はいつからいつまでかは、上記の予想をまとめて

梅雨入りが、6月5日頃 ~ 6月20日頃、

梅雨明けが、7月20日頃 ~ 8月5日頃

と予想します。

傾向としては後ろにズレ込む可能性が高く、梅雨の期間は1か月少々といったところでしょうか。

北陸地方で梅雨の期間が最も長かった年と最も短かった年

梅雨入りの時期と梅雨明けの時期はその年によってバラつきが出るのは当然のこととして、梅雨の期間が最も長かった年と最も短かった年が気になりました。

調べてみると、北陸地方で梅雨の期間が最も短かった年は1958年の11日間、逆に梅雨の期間が最も長かった年は1956年と1991年の65日間でした。

11日間しか梅雨がなかったというのも驚きの短さですが、梅雨が65日間ということは2か月以上ということですからこれは勘弁してもらいたいですね。

家の中どころか街全体までカビが生えてきそうです。

まとめ

今回は、北陸地方の2018年の梅雨入りと梅雨明けの予想及びいつからいつまでの期間か、などをまとめてみました。

北陸地方の梅雨入り・梅雨明けの傾向として、多少時期が後ろにズレ込んでいる傾向はあるものの比較的安定しているように見受けられます。

しかし、国内全体では豪雨による災害も発生していますから油断は禁物です。

あくまで予想ですがこの記事がお役に立てればうれしいです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

その他の地方の梅雨入り情報はこちらからどうぞ!
☞ 四国の梅雨入り2018はいつか?どれくらいの期間か予想してみた 

☞ 近畿地方の梅雨入り2018と梅雨明け及びいつからいつまでかを予想 

☞ 東海地方の梅雨入り2018はいつ頃かとどれくらいの期間か予想? 

☞ 梅雨入り2018がいつ頃か予想すると関東は?例年と比べてどうか? 

☞ 東北地方の梅雨入り2018を大胆予想するもいつからかは確定困難! 

コメント

タイトルとURLをコピーしました