USJ2018年春休みの混雑予想と対策

3月になると春の訪れを感じ、徐々に暖かくなってきます。

屋外中心のUSJを楽しむにもいい季節になりますね。

学生の方は、春休みに入るので、USJに行く計画をしている方も多いのではないでしょうか?

受験や就職活動が一段落した方は特にそうだと思います。

春休みのUSJは、大変混雑することが予想されます。

そこで今回は、USJ2018年春休みの混雑予想と対策についてまとめてみました。

スポンサーリンク

USJ2018年春休みの混雑予想

混雑予想の期間として、3月10日から4月8日までを設定しました。

大阪の公立校が春休みになるのは3月25日からで、新学期が始まるのが4月9日なのでこの期間を対象にするのが妥当と考えました。

まず3月は、USJが最も混雑する月です。

特に第2週目以降から月末にかけて混雑し、下旬にピークを迎え、3月17日(土)~31日(土)は
年間で最も混みあう期間です。

土日祝日はもちろん平日であっても普段の休日並と考えておいたほうがよいでしょう。

ちなみに2018年3月のユニバーサル年間パスの除外日は25~31日です。

4月も同様です。

4月1日(日)~8日(日)は、春休みシーズンのため、ここも年間で最も混み合う時期です。

平日であってもやはり普段の休日並と考えておいたほうがよいでしょう。

続いてアトラクションについて見ていきましょう。

最も人気のアトラクションは、クールジャパン限定の「ファイナルファンタジーXRライド」で、平日でも120分待ちは普通で、週末は200分待ちもありという凄さです。

2018年春休みに混雑しやすいアトラクションをまとめると、以下の通りです。

クールジャパン限定アトラクション(FF、モンハン、セーラームーン)

ミニオンハチャメチャライド

ハリーポッターアンドザフォービドゥンジャーニー

あくまで予想ですので参考程度に。

スポンサードリンク

USJ2018年春休みの混雑対策

USJ春休みの混雑対策について見て行きます。

日程的には、空いていると保証できる日はないといえます。

それでもやはり土日祝日は避けるのが基本でしょう。

平日なら空いているという保証もありませんが、日によって土日祝日よりはまだましな
可能性があるからです。

続いて、さまざまある混雑対策のポイントを紹介していきたいと思います。

事前にチケットを確保する

チケットを当日入場ゲートで購入するのは避けましょう。時間を大きくロスします。

ランチの時間をずらす

ランチのピーク時間を前後に避けることで待ち時間を短縮できます。

開園前に入場する

USJのオフィシャルホテルに泊まると開園前に先に入場できるアーリーパークインを
使えます。(条件は、JTB限定宿泊プランで、UFJオフィシャルホテルに宿泊)

開園時間前に来園

UFJの開園時間は、その日の混雑状況によって変わります。
早い時間に来園しているとかなり早く入場できる可能性があります。

トイレの利用

トイレも混雑しますので、比較的空いていたなら、早め早めに済ませておくことを
おすすめします。

また有料の混雑対策になりますが、アトラクションに優先で乗れるエクスプレスパスを利用するという方法があります。

好きなアトラクションが入っているパスを購入するのですが、これが結構値が張ります。

パスの種類は、次の3種類です。

エクスプレス・パス7(税込5,900~8,200円)~7種類時間短縮

エクスプレス・パス5(税込4,700~6,200円)~5種類時間短縮

エクスプレス・パス3(税込3,000~3,900円)~3種類時間短縮

事前の購入は、WEBストア、ローソンチケット、オフィシャルホテルで当日の購入は、WEBチケットストアのダイレクトイン、現地のチケットブース、ローソンチケットで可能です。

注意したいのは、待ち時間がなくなるわけではなく、短縮であることです。

また、パスの中に不要なアトラクションがあった場合は、そのアトラクションが無駄になってしまいます。

まとめ

今回は、USJ2018年春休みの混雑予想と対策について紹介してきました。

基本は、計画的な行動と早め早めの行動です。

春休みは最も混雑するシーズンなので、混雑を避ける情報をうまく活用してUSJを楽しんで下さい。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました