相撲の優勝で勝ち星が少ないのは?最低記録は何勝で達成された?

相撲では横綱など上位力士が休場することがよくありますが、そんな時の優勝争いは混戦になりやすく勝ち星が非常に少ないということがよくあります。

さすがに勝ち星が一桁での優勝は見たことがありませんが、これまでの大相撲の歴史の中で優勝の勝ち星が最も少なかった(最低記録)のは何勝なのでしょうか?

今回は、相撲の優勝で勝ち星が少ない最低記録は何勝で達成されたのかを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

相撲の優勝で勝ち星が少ないのは?何勝だった?

大相撲での最少での優勝記録が何勝だったのかは、興味のあるところですね。

幕内ではさすがに一桁の勝ち星での優勝記録はなく、相撲の優勝で勝ち星が少ない最低記録は11勝(4敗)です。

これまでに3回、11勝4敗での優勝がありますが、やはり横綱や大関が休場するなどで大混戦に陥っているのが共通点で、うち2回は優勝決定戦に持ち込まれています。

11勝4敗の単独優勝も過去に1回だけありますが、優勝した力士がもし千秋楽に負けていれば、8人で優勝決定戦という前代未聞の記録が誕生するところでした。

ちなみに十両では、2001年7月場所で前頭10枚目の武雄山が9勝6敗で優勝したという最低記録があります。

勝ち星が少ないのにも驚かされますが、この時は8人でトーナメントによる優勝決定戦が行われました。

8人の優勝決定戦というのも凄すぎます。

※15日制になってからの記録です。

スポンサードリンク

最低記録の優勝は過去3回達成

上述したように最低記録11勝4敗での優勝は過去3回ありますが、1場所15日制が定着したのは1949年夏場所からになります。

なので、現在(2019年)までの70年間で、11勝4敗という最低記録での優勝3回というのはかなり少ないです。

めったに見られない、かなり稀少価値の高い(?)記録といえるかもしれません。

それにしても過去3回とも混戦の度合いが半端ではありませんね。

優勝の勝ち星が少ない最低記録の詳細は、以下の通りです。

1972年(昭和47年1月)初場所
前頭5枚目・栃東(もし栃東が千秋楽に負けていれば、10勝5敗で8人の力士による優勝決定戦)

1998年(平成8年11月)九州場所
大関・武蔵丸(幕内史上最多の曙・若乃花・貴ノ浪・魁皇との5人の力士による優勝決定戦)

2017年(平成29年9月)秋場所
横綱・日馬富士(大関・豪栄道との優勝決定戦)

※記録は2019年9月23日までのものです。

まとめ

今回は、相撲の優勝で勝ち星が少ない最低記録は何勝で達成されたのかを見てきました。

相撲の優勝で勝ち星が少ない最低記録は、11勝4敗でこれまでに3回達成されています。

いずれも大混戦となり、このうち2回は優勝決定戦にもつれ込んでいます。

昨今の大相撲はケガの多い時代になっていると思われますので、今後、横綱・大関陣の休場が増えれば勝ち星が少ない優勝の最低記録も更新されるかもしれませんね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ 相撲で優勝するといくらの賞金が支給される?他にもらえるものは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました