棋聖戦2021の日程と生中継一覧!藤井聡太と渡辺明の対戦成績と展望も

スポンサーリンク

藤井聡太棋聖の初のタイトル防衛戦となるヒューリック杯将棋棋聖戦2021が、挑戦者に渡辺明名人を迎えて行われます。

前年2020年は渡辺明棋聖(当時)から藤井聡太七段(当時)が、史上最年少でタイトルを獲得した歴史的な戦いになりましたが、今年2021年は立場を入れ替えれのリターンマッチとなりました。

今回は、将棋棋聖戦2021の日程と生中継一覧から藤井聡太棋聖と渡辺明名人の対戦成績、五番勝負の展望などについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

棋聖戦2021の日程

将棋棋聖戦2021の日程は、6月6日(日)の第1局を皮切りに最終第5局は7月29日(木)が予定されています。

前年2020年の棋聖戦は新型コロナウイルスの影響で対局を消化できなかったため、挑戦者決定戦から五番勝負までわずか4日という異例の日程で開催されましたが、今年2021年は例年通り約1か月ほどの準備期間を設けての開催となります。

対局者は藤井聡太棋聖に挑戦者が渡辺明名人で、前年2020年と同じで立場を入れ替えての対局となります。

藤井聡太棋聖にとっては初のタイトル防衛戦となります。

棋聖戦2021の日程・会場など概要は、以下の通りです。

棋聖戦2021の日程・会場など概要
対局日程と会場
第1局 6月6日(日)
龍宮城スパホテル三日月(千葉県)

第2局 6月18(金)
ホテルニューアワジ(兵庫県)

第3局 7月3日(土)
沼津御用邸東附属邸第1学問所(静岡県)

第4局 7月18日(日)
亀岳林 万松寺(愛知県)

第5局 7月29日(木)
高志の宿 高島屋(新潟県)

対局者
棋聖:藤井聡太
挑戦者:渡辺明

持ち時間:各4時間

対局開始時間:午前9:00

昼食休憩:12:00~13:00

歴代棋聖(2000年以降)

参考までに、将棋棋聖戦の歴代棋聖(2000年以降)もチェックしておきましょう。

長期にわたり、羽生善治九段を中心に羽生世代が棋聖を独占する時代が続いていましたが、2018年に豊島将之竜王が棋聖位を奪取して以来、急速に世代交代が進み、ここ数年は毎年、棋聖が入れ替わっています。

将棋棋聖戦の2000年以降の歴代棋聖は、以下の通りです。

歴代棋聖(2000年以降)
2000年 羽生善治
2001年 郷田真隆
2002~2007年 佐藤康光
2008~2017年 羽生善治
2018年 豊島将之
2019年 渡辺明
2020年 藤井聡太

スポンサードリンク

棋聖戦2021の生中継一覧

藤井聡太棋聖のタイトル初防衛戦となる将棋棋聖戦五番勝負2021は、全5局が終局まで生中継される予定です。

テレビ放送としては地上波やBSの中継はありませんが、インターネットテレビのABEMA将棋チャンネルで生中継の予定、棋譜中継としては棋聖戦中継サイト日本将棋連盟中継アプリで生中継される予定となっています。

いずれもプロ棋士による解説付きで将棋界の様々な話題を織り交ぜながらの生中継なので、長時間でも飽きずにを楽しむことができます。

なお、ABEMA将棋チャンネルと棋聖戦中継サイトは無料、将棋連盟中継アプリは有料となっています。

将棋既成政党2021の生中継一覧は以下の通りですので、視聴など詳細はそれぞれのホームページをご参照下さい。

ABEMA将棋チャンネル
⇒ https://abema.tv/now-on-air/shogi

棋聖戦中継サイト
⇒ http://live.shogi.or.jp/kisei/

将棋連盟中継アプリ
⇒ https://www.shogi.or.jp/lp/mr201704/

棋聖戦2021~藤井聡太と渡辺明の対戦成績と展望

藤井聡太棋聖と渡辺明名人の直接対戦は過去に6局あり、対戦成績は藤井聡太棋聖の5勝1敗となっています。(5月3日現在)

タイトル戦では上述したように、藤井聡太七段(当時)の史上最年少タイトル獲得となった昨年2020年の棋聖戦での対戦が記憶に残りますが、両対局者は他にも朝日杯本戦トーナメント決勝など割と大きな場面で対局しており、これまでは藤井聡太棋聖が渡辺明名人をほとんど完全に封じ込めているといった感があります。

なので、今回のリターンマッチは渡辺明名人としてはプライドをかけて絶対に負けられない五番勝負といえます。

作戦家の渡辺明名人のことですから入念な準備をして臨むのは間違いないでしょうから、少なくとも昨年2020年の五番勝負を上回る競ったおもしろい内容になるのではないでしょうか。

渡辺明名人は名人戦、藤井聡太棋聖も途中からは王位戦とともにダブルタイトル戦となりますが、条件としてはほぼいっしょです。

現代の将棋界の頂上決戦といっていいでしょう。

藤井聡太棋聖と渡辺明名人の対戦成績
藤井聡太棋聖 5勝 – 渡辺明名人 1勝

2021年2月11日 朝日杯本戦トーナメント準決勝⇒後手・藤井聡太二冠の勝ち(相掛かり)
2020年7月16日 棋聖戦五番勝負第4局⇒後手・藤井聡太七段の勝ち(矢倉)
2020年7月9日 棋聖戦五番勝負第3局⇒後手・渡辺明三冠の勝ち(角換わり)
2020年6月28日 棋聖戦五番勝負第2局⇒後手・藤井聡太七段の勝ち(矢倉)
2020年6月8日 棋聖戦五番勝負第1局⇒先手・藤井聡太七段の勝ち(矢倉)
2020年2月16日 朝日杯本戦トーナメント決勝⇒後手・藤井聡太七段の勝ち(雁木)

※肩書きは対局当時のものです。

藤井聡太棋聖と渡辺明名人の直近(2021年度)の成績

両対局者の直近の成績もチェックしておきましょう。

2021年度になってからはまだ対局数はそれほど多くありませんが、前年度からの好調をキープしています。

2021年度もともに高勝率で、藤井聡太棋聖は連勝が19で止まったものの5勝2敗、渡辺明名人も8勝3敗となっています。

藤井聡太棋聖の2021年度成績
7局5勝2敗(0.7142)

渡辺明名人の2021年度成績
11局8勝3敗(0.7272)

※2021年6月4日現在の成績です。

棋聖戦2021の結果速報などは、こちらをご参照下さい↓

藤井聡太対渡辺明の棋聖戦2021ライブ中継と結果速報!勝敗予想も
こちらでは、藤井聡太七段対渡辺明棋聖の棋聖戦2021ライブ中継と結果速報・勝敗予想などについてまとめました。藤井聡太棋聖のタイトル初防衛がかかる棋聖戦五番勝負がいよいよ開幕します。百戦錬磨の渡辺明名人を挑戦者に迎えてどんな将棋となるか?

棋聖戦2021の日程と生中継予定~まとめ

今回は、将棋棋聖戦2021の日程と生中継一覧や藤井聡太棋聖と渡辺明名人の対戦成績と展望などについて見てきました。

将棋棋聖戦2021の日程は、6月6日(日)の第1局から最終第5局が7月29日(木)の予定で、対局はインターネットテレビのABEMA将棋チャンネル、棋譜中継としては棋聖戦中継サイト、日本将棋連盟中継アプリで生中継の予定です。

藤井聡太棋聖と渡辺明名人の対戦成績は藤井聡太棋聖の5勝1敗ですが、渡辺明名人も現役最強棋士としてのプライドをかけて絶対に負けられない五番勝負でもあり、現代の将棋界の頂上決戦に目が離せません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました