第6期叡王戦5番勝負の日程とライブ中継は?藤井聡太の結果速報も!

スポンサーリンク

藤井聡太二冠が豊島将之叡王に挑戦する第6期叡王戦5番勝負が、いよいよ開幕します。

叡王戦5番勝負に先立って両対局者はすでに王位戦7番勝負が進行中であり、お互いに試練のダブルタイトル戦となります。

第6期叡王戦5番勝負の日程ライブ中継の予定は、どうなっているのでしょうか?

藤井聡太二冠の史上最年少三冠はなるのか、結果速報も気になります。

今回は、藤井聡太二冠が豊島将之叡王に挑戦する第6期叡王戦5番勝負の日程とライブ中継、結果速報などについて見ていきます。

スポンサーリンク

第6期叡王戦5番勝負の日程

第6期叡王戦5番勝負の日程は、7月25日(日)の第1局を皮切りに最終第5局は9月13日(月)が予定されています。

前期第5期までは7番勝負で対局によって持ち時間が変わるというユニークなタイトル戦でしたが、第6期からスポンサーの変更に伴って5番勝負、持ち時間を各4時間に固定しての開催に変わりました。

第6期叡王戦5番勝負の日程など概要は、以下の通りです。

第6期叡王戦5番勝負の日程など概要
日程と対局場
第1局 7月25日(日)
「江戸総鎮守 神田明神」(東京都)

第2局 8月3日(火)
「常磐ホテル」(山梨県)

第3局 8月9日(月・祝)
「か茂免」(愛知県)

第4局 8月22日(日)
「名古屋東急ホテル」(愛知県)

第5局 9月13日(月)
「東京・将棋会館」(東京都)

対局者
叡王:豊島将之
挑戦者:藤井聡太

持ち時間:各4時間

対局開始時間:9:00

昼食休憩:12:00~13:00

おやつ:10:00&15:00

歴代叡王

叡王戦は第1期・第2期はタイトル戦ではなくトーナメント方式の一般棋戦として開催され、決勝進出2名の棋士が3番勝負で叡王を決定していました。

第3期からタイトル戦に昇格し、トーナメント方式で決勝進出2名の棋士が7番勝負を行って叡王を決定していました。

そして、第4期から他のタイトル戦と同様に挑戦者が前期叡王と7番勝負を行って叡王を決定、第6期からは5番勝負を行って叡王を決定するシステムとなりました。

将棋叡王戦の歴代叡王は、以下の通りです。

歴代叡王
第1期(2015年)山崎隆之
第2期(2016年)佐藤天彦
第3期(2017年)高見泰地
第4期(2018年)永瀬拓矢
第5期(2020年)豊島将之

スポンサードリンク

第6期叡王戦5番勝負のライブ中継

続いて、第6期叡王戦5番勝負のライブ中継です。

叡王戦は前期まではスポンサーがドワンゴだったので第4期(2018年)まではニコニコ動画が独占ライブ中継してきました。

そして、前期から「ABERMA将棋チャンネル」もライブ中継に加わるという経緯でしたが、今期からドワンゴが撤退したためにライブ中継は「ABERMA将棋チャンネル」のみとなります。

他に解説付きの棋譜中継が、「叡王戦中継サイト」と「日本将棋連盟ライブ中継」で予定されています。

なお、第6期叡王戦5番勝負は地上波やBS・CSによるテレビ放送の予定はありません。

藤井聡太二冠の第6期叡王戦5番勝負のライブ中継・棋譜中継の視聴等は、以下からどうぞ!

ABERMA将棋チャンネル

叡王戦中継サイト

日本将棋連盟ライブ中継

第6期叡王戦5番勝負~藤井聡太の結果速報

藤井聡太二冠VS豊島将之叡王の第6期叡王戦5番勝負の対局結果速報は、第2局を終了して1勝1敗となっています。

藤井聡太二冠 1勝 VS 豊島将之叡王 1敗

第1局第2局第3局第4局第5局
藤井聡太二冠
豊島将之叡王

第6期叡王戦5番勝負の藤井聡太の結果速報~第2局

第2局8月3日(火)
「常磐ホテル」(山梨県)

先手・豊島将之叡王  VS  後手・藤井聡太二冠(対局終了)

定刻の9時になり豊島将之叡王の先手で対局が始まりました。

戦型は角換わりから相早繰り銀となり、28手目、藤井聡太二冠が後手番ながら積極的に仕掛け早くもお互いの銀をめぐる戦いとなりました。

その後、藤井二冠が飛車を4筋に転回し豊島叡王が4筋の位を受けたところで昼食休憩に入りました。
(消費時間:藤井聡太二冠1時間32分、豊島将之叡王1時間27分)

昼食休憩後は豊島叡王が敵陣に、藤井二冠が自陣に角を打ち合って激しい中盤のねじり合いが続いています。

再び角交換となりましたが、なおも激しい攻防戦が続きます。

局面はすでに終盤戦に突入し、両対局者1分将棋の中、詰むや詰まざるやの寄せ合いとなっています。

最終盤、藤井二冠の王手が続きましたが、豊島叡王が正確に受け切って161手で藤井二冠の投了となりました。
(消費時間:藤井聡太二冠4時間00分、豊島将之叡王4時間00分)

終局は19時5分でした。

藤井聡太二冠の第6期叡王戦5番勝負第2局の結果速報は、豊島将之叡王が勝ち対戦成績を1勝1敗としました。

昼食(将棋めし)とおやつ

昼食(将棋めし)とおやつは、以下の通りです。

午前のおやつ
藤井聡太二冠:「プレミアムショートケーキ(国産苺)+アイスカフェオレ」
豊島将之叡王:「アーモンドショコラ+抹茶」

昼食(将棋めし)
藤井聡太二冠:「常磐名物 カレーうどん御膳&ウーロン茶」
豊島将之叡王:「甲州牛の特製カレーライス&ウーロン茶」

午後のおやつ
藤井聡太二冠:「ミルキーバウムクーヘン(小物)・バウムクーヘン(小物)&ジンジャーエール」
豊島将之叡王:「プレミアム濃厚ベイクドチーズケーキ&アイスレモンティー」

第6期叡王戦5番勝負の藤井聡太の結果速報~第1局

第1局2021年7月25日(日)
「江戸総鎮守 神田明神」(東京都)

先手・藤井聡太二冠 〇 VS ● 後手・豊島将之叡王(対局終了)

振り駒の結果、「と金」が3枚出て藤井聡太二冠の先手に決まり対局が開始されました。

戦型は角換わりとなりましたが、藤井二冠だけ飛車先の歩を交換しましたが、豊島叡王は3三に角を打って対抗し、さらに8筋から攻めて飛車角交換となりました。

豊島叡王も8筋の歩交換を果たし、その後、再び駒組みに入った局面で昼食休憩に入りました。
(消費時間:藤井聡太二冠1時間38分、豊島将之叡王1時間21分)

昼食休憩後、お互いに桂を跳ね、着々と戦いの準備が進め、豊島叡王が玉頭から仕掛けたのに対して藤井二冠は持ち駒の2枚の角を1枚は受け、もう1枚を攻めに使いました。

その後は藤井二冠の猛攻が続き、豊島叡王も反撃に出ましたが、藤井二冠の鋭い寄せが決まり95手で豊島叡王の投了となりました。
(消費時間:藤井聡太二冠4時間00分、豊島将之叡王4時間00分)

終局は18時11分でした。

藤井聡太二冠の第6期叡王戦5番勝負第1局の結果速報は、藤井聡太二冠が勝ち対戦成績を1勝0敗としました。

昼食(将棋めし)とおやつ

昼食(将棋めし)とおやつは、以下の通りです。

午前のおやつ
藤井聡太二冠:「プレミアムモンブラン(熊本県産球磨栗)」
豊島将之叡王:「アーモンドショコラ」

昼食(将棋めし)
藤井聡太二冠:「明神カツカレー(東京ビーフカツ)&ミネラルウォーター」
豊島将之叡王:「軍鶏親子丼&アイスレモンティー」

午後のおやつ
藤井聡太二冠:「プレミアムミルキーバターサンド&リオレッドグレープフルーツジュース」
豊島将之叡王:「山形県産佐藤錦のミルクレープ&リオレッドグレープフルーツジュース」

第6期叡王戦5番勝負の見どころ

最後になりましたが、第6期叡王戦5番勝負の見どころです。

第1の見どころは藤井聡太二冠が叡王を奪取して史上最年少の三冠なるか、というのは言うまでもないと思いますが、それ以上にこれまで相性が非常に悪い豊島叡王の壁を越えられるかが最大の見どころとなるでしょう。

7月10日現在、両対局者の対戦成績は藤井二冠の1勝7敗とほとんど勝てていません。

トップ棋士同士でこれほど対戦成績に差が開くのは珍しいことで、藤井二冠にとっては将棋界の頂点に立つにはどうしても越えなければならない相手です。

また、現在の将棋界のトップ3といえば渡辺明名人、豊島将之叡王、藤井聡太二冠で間違いないと思われますが、この3人の棋士には相性という点でおもしろい関係があります。

渡辺名人は豊島叡王と相性がよくタイトル戦で2戦2勝、藤井二冠は渡辺名人と相性がよく同じくタイトル戦で2戦2勝、そして藤井二冠と豊島叡王は現在、王位戦でタイトル戦初対決、そして叡王戦も並行して戦うというダブルタイトル戦に突入します。

対戦成績では豊島叡王が藤井二冠を圧倒していますが、このダブルタイトル戦でタイトルの行方がどうなるかは将棋界の勢力図が入れ替わるかどうかの大きな分岐点といえます。

藤井二冠が勝てば三冠になる可能性もありますが負ければ無冠になる可能性もあり、将棋界天下分け目のダブルタイトル戦といっても過言ではありません。

見どころの尽きない叡王戦となるのは間違いないでしょう。

藤井二冠VS豊島竜王の王位戦2021のライブ中継と対局結果速報は、こちらをご参照下さい↓

王位戦2021藤井聡太VS豊島将之のライブ中継と対局結果速報!
こちらでは、王位戦七番勝負2021藤井聡太VS豊島将之のライブ中継と対局結果速報などについてまとめました。王位初防衛を目指す藤井聡太王位にとっては棋聖防衛戦も同時進行で、ともに最強の挑戦者を迎え試練のダブルタイトル防衛戦となります。

第6期叡王戦5番勝負の日程とライブ中継~まとめ

今回は、藤井聡太二冠が豊島将之叡王に挑戦する第6期叡王戦5番勝負の日程とライブ中継、結果速報などについて見てきました。

藤井聡太二冠が豊島将之叡王に挑戦する第6期叡王戦5番勝負の日程は、7月25日(日)の第1局から9月13日(月)の最終第5局まで、ライブ中継は「ABERMA将棋チャンネル」、棋譜中継は「叡王戦中継サイト」「日本将棋連盟ライブ中継」で予定されています。

見どころは対戦成績でほとんど勝てていない豊島将之叡王という壁を乗り越えて藤井聡太二冠が叡王を奪取して史上最年少の三冠なるか、将棋界の頂点に立つのかどうかが注目されます。

藤井聡太二冠の第6期叡王戦5番勝負の対局結果速報はわかり次第、更新していく予定です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました