藤井聡太五段の成績が凄い!朝日杯将棋オープン戦迫る!



スポンサードリンク

Pocket

ついに実現!

   「永世七冠」VS「史上最年少棋士」

藤井聡太五段の勢いが止まりません。

最多連勝記録29連勝を達成し、今年度54勝11敗で勝率0.8307、対局数・勝数・勝率・連勝の各ランキングでトップととても新人とは思えない成績です。

対する羽生善治竜王も前人未到の永世七冠を達成し、将棋界初の国民栄誉賞受賞と負けていません。

今年の朝日杯将棋オープン戦は、準決勝で藤井聡太五段と永世七冠を達成した羽生善治竜王が公式戦ではじめて対戦するとあって大変注目を集めています。




スポンサードリンク

朝日杯将棋オープン戦で、藤井聡太五段VS羽生善治竜王

朝日杯将棋オープン戦は、全棋士とアマチュア10人、女流棋士3人によるトーナメントです。

次予選から本戦・決勝戦まで、すべてトーナメント戦で争われます。

持ち時間は40分で、優勝賞金は750万円です。

持ち時間も少なく、生観戦・テレビ放送には、もってこいの棋戦といえます。

準決勝・決勝
2月17日(土)東京・有楽町朝日ホール
10:00~17:30(9:20開場)

準決勝
羽生善治竜王 VS 藤井聡太五段
久保利明王将 VS 広瀬章人八段

スポンサードリンク

朝日杯将棋オープン戦テレビ放送予定

この世紀の対局は最初から最後までテレビで生放送で見ることができます。

朝日杯将棋オープン戦は、CSのテレ朝チャンネル2で生放送の予定です。

詳細は下記の通りです。

テレ朝チャンネル2

準決勝<生中継>
■2月17日(土)午前10:15~午後1:00

決勝<生中継>
■2月17日(土)午後2:15~5:00

解説
佐藤天彦名人
山口恵梨子女流二段
山口進(朝日新聞記者)

見るにはスカパーの契約が必要になりますが、まだの方はこちらから申し込みできます。
      👇   👇   👇

(藤井聡太六段の対局はこちらからどうぞ!)

藤井聡太五段と羽生善治竜王の公式戦初対局

なぜこの対局が注目されているかというと一言で言うと新旧中学生棋士のスーパースター対決だからです。

とにかく2人とも冒頭でも書きましたが、藤井聡太五段の今年度の驚異的な成績をあげ、羽生善治竜王は永世七冠を達成し、30年に渡って将棋界の第一人者です。

そんな2人のスーパースターが対戦するんですから、注目されないわけがありません。

公式戦初対局に向けて両者は、「こんなに早く実現できるとは思わなかったので驚いています」(羽生竜王)、「公開対局なので、熱線が演じられるように頑張ります」(藤井五段)とコメントしています。ちなみに非公式戦で2局

対戦があり、1勝1敗の五分です。

2人とも序盤・中盤・終盤とスキがなく、おまけに早指しもめっぽう強いので最後までおもしろい将棋になるのは間違いないでしょう。

朝日杯将棋オープン戦は公開対局で、テレビ放送もありますから相当な盛り上がりになりそうです。

まとめ

今年の朝日杯将棋オープン戦は、準決勝で藤井聡太五段と羽生善治竜王が公式戦で初対戦します。

公開対局とテレビ放送もあり、最近ではいつになく話題の将棋ですが、これほど注目される対局もそうそうないと思います。

2月17日は「永世七冠」VS「史上最年少棋士」を見逃せません!



スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする