藤井聡太七段の6月の対局予定と中継は?今後の成績にも注目!

デビュー以来快進撃を続ける藤井聡太七段ですが、4月からは高校生になり学業との両立も心配されるところです。

まだ若いので体力の心配は必要ないかもしれませんが、学校の成績には影響が出るかもしれません。

6月も対局が多くなりそうで、見どころ満載です。

今回は、藤井聡太七段の6月の対局予定と中継と今後の成績などについて見ていきます。

スポンサーリンク

藤井聡太七段の6月の対局予定と中継は?

6月も毎週のように対局が入っていますが、見どころは個人的には2局あります。

1つは6月から始まるC級1組順位戦で、初戦で名人戦挑戦者の経験のある森下卓九段との対局です。
最年少での名人位獲得には、いいスタートを切りたいところです。

もう1つは、まだ日程は未定ですが王座戦挑戦者決定トーナメントの深浦康市九段戦です。
藤井聡太七段のタイトル挑戦に最も近いのがこの王座戦でこの対局が準々決勝です。

藤井聡太七段の6月の対局予定ですでに日程が決定しているのは以下の通りです。

6月1日(金)  10:00 VS 中村亮介六段   (棋王戦予選決勝)
6月5日(火)  10:00   VS 石田直裕五段   (竜王戦5組ランキング戦決勝)
6月17日(日)  20:00 VS 近藤誠也五段   (AbemaTVトーナメント予選・非公式戦)
6月19日(火)  10:00 VS 森下卓九段    (順位戦C級1組1回戦)
6月24日(日)  20:00 VS 三枚堂or橋本or近藤(AbemaTVトーナメント予選・非公式戦)

スポンサードリンク

藤井聡太七段日程未定対局

近々対局が組まれそうなのが、以下の4局です。

NHK杯     VS 今泉健司四段
新人王戦  VS 八代 弥六段
王座戦   VS 深浦康市九段
棋聖戦   VS 村田智弘六段VS里見香奈女流五冠戦の勝者

藤井聡太七段の6月の対局中継予定

現時点でわかっている中継は以下の通りですが、AbemaTVやニコ生がさらに追加で中継する可能性があります。

6月1日(金)
中村亮介六段戦
AbemaTV、ニコ生、日本将棋連盟携帯アプリ

6月5日(火)
石田直裕五段戦
AbemaTV、日本将棋連盟携帯アプリ、囲碁・将棋チャンネル、囲碁・将棋プレミアム

6月19日(火)
森下卓九段戦
日本将棋連盟携帯アプリ

6月17日(日)  近藤誠也五段戦
6月24日(日)  三枚堂or橋本or近藤戦
AbemaTV

AbemaTVの視聴はこちらからどうぞ! ☞ AbemaTV「将棋チャンネル」

藤井聡太七段の今後の成績にも注目!

ここまで順調に白星を積み重ねて昇段を続けている藤井聡太七段ですが、上に上がってくるにつれ、対戦相手も上位の棋士が多くなってきます。

また勝てば勝つほど対局数が増えて日程も過密になってきます。

まだ高校生なので学業との両立や愛知県に住んでいるため将棋会館までの移動時間など将棋以外の問題が出てくるかもしれません。

現に羽生竜王は高校時代に将棋の対局で多忙になり、普通科から定時制に変わったほどです。

これらの障害をうまくクリアーすればこれまで通り順調に勝ち上がっていくのではないでしょうか。

藤井聡太七段の今後の成績に大注目ですね。

藤井聡太七段、今年に入って3度目の昇段

藤井聡太七段が加藤一二三九段が17歳3ヵ月で達成した最年少記録より18か月早い15歳9か月での七段昇段を決めました。

2月に第76期順位戦C級2組全勝昇級により五段昇段、そこからわずか16日後の第11回朝日杯将棋オープン戦優勝で六段昇段、そして5月には第31期竜王戦5組ランキング戦準決勝船江恒平六段との対局に勝ち、竜王戦4組に昇級し、七段に昇段しました。

七段昇段は竜王ランキング戦連続昇級の規定によるものです。

なんと今年に入って3度目の昇段となりました。

師匠他関係者のコメント

この七段昇段には師匠の杉本昌隆七段をはじめ、将棋界のレジェンドや第一人者たちから称賛のコメントが寄せられています。

主なコメントは以下の通りです。

師匠・杉本昌隆七段
今年に入って3回目の昇段には感服します。結果を出し続ける強い棋士に対して敬意を表します。
弟子に自分と同じ段位に追いつかれることは、師匠として大きな喜び。複雑な気持ちなど微塵もありません。

日本将棋連盟会長・佐藤康光九段
最年少七段昇段、誠におめでとうございます。まだ年の初めは四段だったことを考えますと、過去に例を見ないスピードで、ただ驚くばかりです。
内容も申し分なく見事の一言に尽きます。さらなる飛躍を祈念いたします。

羽生善治竜王
2月の六段昇段から3カ月あまりで七段昇段を達成されてそのスピードに驚愕させられています。
将棋の内容も積極的な動きが特徴で磨きがかかっていると思います。今後の更なる活躍を期待します。

加藤一二三九段
快進撃の末の史上最年少、史上最速での七段昇段、心より御祝い申し上げます。15歳にして早くも高段者の域に達したことは見事の一字に尽きます。
これからも、その類稀なる才能と豊かな探究心、絶えざる情熱を以て、いまだ誰もみたことのない景色を我々にみせてくれることを楽しみにしております。

日本将棋連盟より引用

まとめ

今回は、藤井聡太七段の6月の対局予定と中継と今後の成績などについてまとめてみました。

6月の対局予定を見ると大きな対局もあり、タイトル挑戦の日も刻一刻と近づいているように思えます。

現在高校1年生で超多忙な日々を送る藤井聡太七段としては、学業との両立がかかるこの3年間をうまく乗り切れるかが大きな課題ともいえるでしょう。

対局があれば中継が入ることが多い藤井聡太七段の活躍から目が離せません。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

その他の将棋関連の記事はこちらからどうぞ!
☞ 将棋会館を見学してきたが対局場や道場もあった!アクセスや場所は?
☞ 将棋名人戦2018年の日程とテレビ中継、勝敗予想
☞ 藤井聡太六段の天才を証明する成績~最年少記録更新
☞ 藤井聡太五段初優勝~朝日杯将棋オープン戦
☞ 藤井聡太六段と杉本昌隆七段の師弟対決の結果

コメント

タイトルとURLをコピーしました