卒業式に悩むお母さんの服装は?おすすめの色・生地など

今年も卒業式が近づいてきました。

お子さんは制服なので悩むことはありませんが、お母さんにとっては卒業式の服装には気を使いますよね。

あまり派手でもどうかと思いますし、結構悩ましいものです。

今回は、卒業式に出席するお母さんの服装についてどんな傾向があり、どんな服装がふさわしいのか見ていきます。

スポンサーリンク

卒業式に悩むお母さんの服装

やはり卒業式ともなれば、お子さんにとっては人生の大切な節目の日になります。

出席するお母さんにとってもある程度きちんとした服装で、という気持ちになります。

卒業式は入学式と比較するとより格式が高い儀式ですから、なおのことそう思いますよね。

入学式が明るい服装が多いのに対して卒業式がダークな色合いの服装が多いのはこのためです。

スポンサードリンク

卒業式にふさわしい服装の色・生地

出席している先生や来賓の方を見てもダーク系の服装が多いです。

お母さん方もその場にふさわしい服装が無難でしょう。

そこで、カラーの選択は、黒・ネイビー・グレー系のシックな色がおすすめです。

続いて生地ですが、卒業式は3月に行われますが、季節的には春ということもいえます。

しかし、寒暖に差が出やすいのもこの季節です。

最近の気候の変動の激しさも考えるとオールシーズン対応の生地を選ぶのがおすすめです。

オールシーズンのものなら卒業式以外のシーンでも着回しができて便利だし、大きなメリットになります。

素材は、「ツイード」やや薄手になりますが「シャンタン」「タフタ」などがあり、お母さんのお好みやシーンに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

最後はお母さんのセンスで!

そして、服装のデザインに関しては主に3つの中からの選択になるでしょうか。

「スーツ」「ワンピース」「着物」です。

それぞれどれを選んでもOKなので、ここはお母さんのお好みでどうぞ!

まとめ

今回は、卒業式にふさわしい服装で悩んでいるお母さんに簡単にポイントをまとめてみました。

卒業式の服装は小・中・高・大学と共通で、活用できます。

また地域による差もそうないと思いますので、基本的なことを抑えれば、あとはお母さんのセンスで選んで問題ないと思います。

先輩お母さんのやママ友さんの意見も参考にしていただければなおいいでしょう。

ただ学校の体育館は思ったより寒い場合が多いのでその点は注意が必要です。

お子さんの晴れの舞台です。

いい卒業式になるよう、お母さんも演出をして下さい。

では、今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました