富士山の山開き2018の期間はいつからいつまで?混雑と駐車場も

世界遺産である富士山は、日本が世界に誇る名山です。

その美しさは、世界有数で、個人的には世界一美しい山だと思います。

人気は日本国内を超え、海外からも多くの人々が登山や見学に訪れます。

今年も富士山に登ろう、または今年こそは登ってみたいという方も多いのではないでしょうか?

今回は、富士山の山開き2018の期間はいつからいつまでかと混雑状況と駐車場情報について、見ていきます。

スポンサーリンク

富士山の山開き2018の期間はいつからいつまで?

富士山の山開きをお待ちの方は大変多いと思います。

山開きの日も地域で違い、ルートもさまざまです。

しっかり確認し、登山計画を立てましょう。

富士山の山開きは、以前は7月1日でしたが、世界遺産に登録されてから各ルートによって違いが出ています。

山梨県側の「吉田ルート」     前日から前夜祭を開催し、7月 1日 (日) 0:00 スタート
静岡県側の「須走ルート」「御殿場ルート」「富士宮ルート」 7月10日(火) 9:00   スタート

山梨県側と静岡県側で、スタート時間にも違いが出ていますので、要注意です。

また、登山道が開通している期間は、どちらのルートも9月10日までとなりますので、いつからいつまでが山開きかというと、

山梨県側の「吉田ルート」
7月1日(日)~9月10日(月)

静岡県側の「須走ルート」「御殿場ルート」「富士宮ルート」
7月10日(火)~9月10日(月)

となります。

登山のおすすめシーズンは、梅雨が明けてから、山が寒くなるまでの間、すなわち7月上旬から閉山するまでの9月10日までです。

天候も安定しますし、また曜日としては土日祝日を避けられると、なおいいでしょう。

富士山へのアクセスとおすすめのルート

富士山へのアクセスは、山梨県側と静岡県側から、以下のようないくつかのルートがあります。

吉田ルート   山梨県側の登山口で富士スバルライン五合目

アクセスは富士急行線河口湖駅・富士山駅から登山バス、または新宿駅高速バスターミナル・羽田空港(夏季運行)から高速バスが運行しています。

須走ルート   静岡県側の登山口で須走口五合目

JR御殿場線御殿場駅、小田急線新松田駅から登山バスが運行しています。

御殿場ルート  静岡県側の登山口で御殿場新五合目

JR御殿場駅からは登山バスが運行しています。

富士宮ルート  静岡県側の登山口で富士宮口五合目

JR三島駅・JR新富士駅・身延線富士宮駅からバスが運行しています。
マイカー規制などもあるので、公共の交通機関を利用することをおすすめします。

スポンサードリンク

マイカー規制

富士山の山開きがあるとほぼ同時に「マイカー規制」が行われます。

「マイカー規制」とは、富士山が最も混雑する夏期登山シーズンに行われる、マイカーでの各5合目駐車場までの通行規制をいいます。

通行が規制されるのは「マイカー」のみで、バス、タクシー、自転車等は対象外です。

渋滞の緩和や富士山の自然環境の保全を目的としています。

マイカー規制が行われるのは、山梨県側の吉田ルート、静岡県側の須走ルート・富士宮ルートで、御殿場ルートのみマイカー規制は行われません。

マイカー規制期間中は、乗り換え駐車場が設置され、駐車場から登山口まではシャトルバスによる移動となります。

富士山の山開き2018混雑状況と駐車場

2017年には、約28万人もの登山者が富士山に訪れました。

山開きが約2か月ということで、この期間に登山者が集中するのも仕方がないでしょう。

最も混雑するのが7月中旬以降の土日祝日、1日の中では日の出前です。

富士山の頂きで、ご来光を見るためです。

ちなみにご来光は、吉田・須走・御殿場の各ルートの登山道や宿泊した山小屋周辺でも見ることができます。

また、8月下旬を過ぎると気温も下がるため、登山者も少なくなる傾向があるようです。

富士山の山開き2018混雑予想

2018年の富士山の混雑も例年と同じような傾向と予想されます。

土日祝日やお盆休み期間が混雑のピークとなるでしょう。

混雑が予想される日に行かれる場合は、早め早めの行動が重要になってきます。

逆に平日を狙って行くのが、混雑を避けるポイントともいえるでしょう。

富士山の駐車場

富士山には、五合目に駐車場や多くの売店があります。

駐車場は、5合目までの途中に一合目下駐車場、樹海台駐車場、大沢駐車場、奥庭駐車場があります。

基本的に、日の出~日没までの利用で、ほとんどが無料です。

一合目下駐車場    約60台    無料

樹海台駐車場     約40台    無料

大沢駐車場      約54台    無料

奥庭駐車場      約36台    無料

富士北麓駐車場    約1,400台   普通車1回につき1,000円

須走多目的広場    約500台    普通車1回につき1,000円

水ヶ塚駐車場     約1,000台   普通車1回につき1,000円

5合目駐車場      330台(普通車)、約40台(バス) 無料
手前に路傍駐車場があり、合計で約500台駐車可能です。

富士山の閉山

8月26日・27日に富士山北口浅間神社と諏訪神社では、富士山のお山じまいの祭りといわれている「吉田の火祭・すすきまつり」が開催されます。

登山道は9月10日まで通っているので、閉山までにはまだ何日もありますが、9月10日を過ぎると登山道だけでなく、休憩所や案内所、トイレなどすべて閉鎖されます。

また、マイカー規制が解除されて、車両の通行が可能になります。

まとめ

今回は、富士山の山開き2018の期間はいつからいつまでかと混雑状況と駐車場情報について、まとめてみました。

初心者の方には登山に何かと不安材料も多く、事前に情報収集するのがポイントになるかと思います。

ルート確認や混雑状況、駐車場などチェックポイントも多岐に渡ります。

ご自身に合う登山ルートでお楽しみいただければと思います。

今回も最後までお読みいただ、きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました