江戸川区花火大会2018の混雑と穴場スポットから駐車場と屋台まで

Pocket

江戸川区花火大会は東京都江戸川区と千葉県市川市で同時開催する大規模な花火大会です。

例年約140万人もの見物客が訪れる国内最大級の花火大会は観客動員数としては日本最大です。

江戸川の下町情緒あふれる花火大会は一度は見ておきたいものです。

今回は、江戸川区花火大会2018の混雑と穴場スポットから駐車場と屋台などについて見ていきます。

スポンサードリンク

江戸川区花火大会2018概要

江戸川区花火大会は東京都江戸川区では「江戸川花火大会」、対岸の千葉県市川市では「市川市民納涼花火大会」と呼ばれています。

5秒で1000発を打ち上げるオープニングに始まり、異なる8つのテーマで、BGMに乗せて打ち上げ、さまざまな演出で花火大会を盛り上げます。

名称      第43回江戸川区花火大会

開催日     2018年8月4日(土)  ※雨天の時は翌日に順延

打ち上げ時間  19:15~20:30

打ち上げ玉数  約1万4000発

打ち上げ場所  東京都江戸川区上篠崎1-25 都立篠崎公園先 江戸川河川敷

江戸川区花火大会へのアクセス

電車
・都営地下鉄新宿線篠崎駅から、徒歩約15分
・JR総武線小岩駅から、徒歩約25分
・京成本線京成江戸川駅から、徒歩約25分
・都営地下鉄新宿線瑞江駅から、徒歩約45分


午後5時から午後10時頃まで交通規制が入り、混雑するのでおすすめしません。
どうしても車で行く場合は早い時間帯に行く必要があります。

スポンサードリンク

江戸川区花火大会2018の混雑予想

江戸川区花火大会には例年約140万人もの人が訪れます。

会場へは車だけでなく自転車での来場もできません。

また会場付近は交通規制がかかり駐車場もありません。

したがって会場へのアクセスはほとんど最寄り駅からの徒歩での移動となるため、大変混雑します。

最寄りの駅は篠崎駅と小岩駅と江戸川駅になりますが、毎年この3駅が大変混雑するため、実行委員会はこれ以外の瑞江駅などの利用をすすめています。

花火観覧場所については、まず花火打ち上げ場所に近い河川敷ほど混雑します。

逆に離れるほど混雑も緩和されてきますので、いい場所を確保するためには早い時間に場所取りをする必要があります。

篠崎公園も混雑しますが、こちらも早い時間帯に行くといい場所を確保できます。

目安としてはどちらも午後3時~4時になるかと思われます。

江戸川区花火大会2018のトイレの場所

混雑している場所で問題になるのがトイレ対策です。

江戸川区花火大会2018の打ち上げ会場周辺には仮設トイレが10か所以上設置されます。

前もってトイレの場所を確認しておきましょう。

早め早めに済ませておくのは基本ですが、花火のタイミングによってトイレの混雑状況も変わってきます。

打ち上げ終了後は特に混雑するので、やはり早めに行動するしかありませんね。

また周辺のコンビニという手もありますが、たいてい数が少ないので待ち時間も長くなるようです。

江戸川区花火大会2018の穴場スポット

このように混雑の激しい江戸川区花火大会ですが、少しでも観覧しやすい場所を調べてみました。

比較的混雑の少ない駐車場穴場スポット4か所は以下の通りです。

穴場スポット1~「篠崎公園」

江戸川区花火大会の打上地点のすぐそばにある公園で、臨場感のある花火を楽しむことができます。
いい場所ほど早い時間帯に埋まっていきますが、打ち上げ開始の時間でも場所の確保はできます。

所在地:東京都江戸川区上篠崎1‐25‐1

穴場スポット2~「篠崎ポニーランド付近」

打ち上げ場所から少し離れるので花火の臨場感は落ちますが、比較的空いているので混雑を避けたい方にはおすすめの穴場スポットです。

所在地:東京都江戸川区篠崎町3丁目12番17号(江戸川河川敷内)

穴場スポット3~「市川市側河川敷」

市川市側の河川敷のほうが江戸川区側よりも比較的ゆったりと花火を鑑賞することができる穴場スポットです。

所在地:千葉県市川市大和田5丁目付近

穴場スポット4~「総武線陸橋下」

花火も大きく見えて臨場感もそこそこある穴場スポットですが、あまり混雑していないのがうれしいです。

所在地:東京都江戸川区東小岩3丁目24付近

江戸川区花火大会2018の駐車場

江戸川区花火大会の駐車場はありません

しかも交通規制もかかるので、江戸川区花火大会へのアクセスは公共の交通機関がおすすめなのですが、どうしても車で行く場合は交通規制区域外の駐車場に早い時間帯に入って車を停めることをおすすめします。

江戸川区花火大会2018交通規制

江戸川区花火大会2018の交通規制は以下の通りですが、交通規制のかかる周辺道路は大混雑必至です。

会場に近い駐車場ほど早い時間帯から満車になっていきます。

なるべく交通規制のかかっている道路周辺には近づかないようにし、帰る方向にある駐車場を確保できれば理想かと思います。

江戸川区花火大会2018の屋台事情

江戸川区花火大会にももちろん屋台は出店されます。

しかし他の花火大会と異なり、江戸川区側は混雑を緩和するために出店が規制されています。

篠崎駅や小岩駅、江戸川駅などの周辺にはいくつか屋台が出店されていますが、花火大会の観賞エリアに近づくにつれて屋台はだんだん少なくなっていきます。

また、メジャーな観覧場所の河川敷沿いですが、この土手に屋台が出店されますが江戸川区側は屋台が少なく市川市側は屋台が多い傾向があります。

また屋台の出店時間は屋台がお昼頃からで、花火の打ち上げ終了後30分くらいで閉店が多いようです。

なので、買い物は花火の打ち上げ前の早い時間帯に済ませておいたほうがいいでしょう。

花火の観覧場所に着いてから、買い物しようとして屋台がない、という事態だけは避けたいところです。

まとめ

今回は、江戸川区花火大会2018の混雑と穴場スポットから駐車場と屋台などについてまとめてみました。

混雑必至の江戸川区花火大会ですが、どちらかというと市川市側のほうがまだ混雑もマシで屋台も多い分おすすめできるかなという部分はあります。

あくまでもどちらかというとというレベルですが…。

また、江戸川区花火大会はオープニングからフィナーレまで見ることをおすすめします。

5秒で1000発を打ち上げるオープニングから、10分ごとに切り替わるテーマとBGMがラストまで続いて見どころ満載だからです。

この記事を参考にして江戸川区花火大会2018を満喫していただければうれしいです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

その他の花火大会の記事はこちらからどうぞ!
☞ 大曲花火大会2018混雑状況と穴場スポット、駐車場と屋台、トイレ 

☞ 隅田川花火大会2018の混雑予想と穴場スポット、駐車場、屋台まで 

☞ 江戸川区花火大会2018の混雑と穴場スポットから駐車場と屋台まで 

☞ 葛飾花火大会2018混雑予想と穴場スポット、駐車場と屋台情報まで 

☞ 長岡花火大会2018混雑予想と穴場スポット、駐車場や屋台情報まで 

リンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする