明月院・長谷寺・成就院の紫陽花など鎌倉の名所の見頃は?

鎌倉では、6月ともなると街や寺社などいたる所に紫陽花が咲き誇ります。
たくさんの名所があり、多くの人々で賑わいます。

そんな鎌倉なので紫陽花の名所を1度に回るのは、なかなか難しいと思います。

そこで今回は、明月院・長谷寺・成就院の紫陽花など鎌倉の名所の見頃などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

明月院・長谷寺・成就院の紫陽花など鎌倉の名所の見頃

鎌倉の紫陽花の名所はたくさんありますが、その中でも三大名所といわれている場所を
ご紹介します。

明月院の見頃

別名紫陽花寺とも呼ばれ、鎌倉の紫陽花といえば明月院といわれるほどの名所です。
テレビや雑誌等でもよく取り上げられています。
門前の階段から境内奥まで、2500株の紫陽花の青色に染まり、
見頃の時期には、たくさんの観光客で賑わいます。

見頃   6月上旬~7月下旬
時間   6月は8:00~17:00
拝観料  6月は500円

神奈川県鎌倉市山ノ内189
JR北鎌倉駅より徒歩10分

長谷寺の見頃

境内の観音山斜面に一面2500株の紫陽花が咲き、その間を登りながら本堂まで向かいます。
6月には、長谷寺の一番奥の散策路が美しい紫陽花の眺望散策路として大変有名です。
明月院とは違ってカラフルな色の紫陽花が咲くのが特徴です。

見頃   6月上旬~7月下旬
時間   8:00~17:00
拝観料  300円

神奈川県鎌倉市長谷3-11-2
江ノ電 長谷駅より徒歩5分

成就院の見頃

成就院には煩悩の数と同じ108段続く階段の両脇に、般若心経の文字数と同じ262株の紫陽花が咲き誇ります。(多くの紫陽花が震災被害に遭った宮城県南三陸町に移植されたため、現在植えられているのは100株前後)
山門前で振り返ると紫陽花の合間から由比ヶ浜が見渡せます。
また、恋愛成就のお寺としても有名です。
成就院の参道工事は終了して、2018年から紫陽花を楽しめるようになります。

スポンサードリンク

見頃   6月上旬~7月下旬
時間   8:00~16:30
拝観料  無料

神奈川県鎌倉市極楽寺1-1-5
江ノ電 極楽寺駅より徒歩5分

鎌倉の紫陽花~その他の名所の見頃など

そして他にちょっとユニークな紫陽花スポットがありますので、ご紹介します。

御霊神社

江ノ電が紫陽花すれすれに通り過ぎるという神社です。
その光景は、今や鎌倉初夏の風物詩となっています。
江ノ電と紫陽花の絶好の撮影スポットとして知られています。

見頃   6月中旬~7月上旬
時間   9:00~17:00
拝観料  無料

神奈川県鎌倉市坂ノ下4-9
江ノ電 長谷駅より徒歩5分

紫陽花ポスト

ポストの周りを紫陽花が取り囲んでいる光景が
なんともいえない風情があります。
雑誌の表紙にもなったり、ここも鎌倉の人気の
撮影スポットのひとつです。
御霊神社門前にある、力餅家の脇にあります。

鎌倉市坂ノ下18-18(力餅家)
江ノ電 長谷駅より徒歩4分

 

まとめ

今回は、明月院・長谷寺・成就院の紫陽花など鎌倉の名所の見頃などについてまとめてみました。

鎌倉の紫陽花の見頃は、毎年6月上旬から7月の上旬くらいまでです。

紫陽花は雨によく似合う花で、梅雨の時期が最も見頃になります。

ぜひ見どころを無理なく回って紫陽花を楽しんで下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ 紫陽花の花言葉は良い意味もある!紫や青や白やピンクなど色別で紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました