井上尚弥のWBSS決勝の賞金はいくら?日程とこれまでの戦績も!

ボクシング・バンタム級最強を決めるWBSS決勝が、2019年11月7日(木)、さいたまスーパーアリーナで開催されます。

日本期待の井上尚弥選手はWBSSトーナメントを順調に勝ち進み、バンタム級最強まであと1勝と迫っています。

バンタム級で優勝すると、井上尚弥選手のWBSS決勝の賞金はいくらなのでしょうか?

今回は、バンタム級優勝が期待される井上尚弥選手のWBSS決勝の賞金はいくらなのか、また日程とこれまでの戦績なども見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

井上尚弥のWBSS決勝の賞金はいくら?

各階級の最強を決めるWBSSですが、すでにクルーザー級とスーパーミドル級が開催済みです。

その時の優勝賞金は1,000万ドル(約10億円)、賞金総額は2階級で5,000万ドル(約56億円)という高額賞金でした。

では、井上尚弥選手の出場するバンタム級はどうでしょうか?

すでに行われた1回戦の元WBAスーパーチャンピオンのファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)戦と準決勝のIBFチャンピオン、エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)戦の合計の報酬額が1億円超えであることを大橋会長が明かしています。

現在、日本人の世界チャンピオンの防衛戦のファイトマネーは2,000万~3,000万円が相場といわれており、2戦で1億円超えというのは、WBSSの賞金額がいかに破格であるかを物語っています。

バンタム級は軽量級ということもあり、クルーザー級とスーパーミドル級よりは優勝賞金は低くなることは予想されますが、それでもバンタム級の優勝賞金は約400万ドル(約4億円)といわれています。

軽量級としては破格のファイトマネーと賞金であることは間違いありません。

スポンサードリンク

井上尚弥のWBSS決勝の日程

注目の井上尚弥選手のWBSS決勝は、日本での開催となります。

対戦相手のノニト・ドネア選手は元5階級制覇チャンピオンと実績も十分で、井上尚弥選手と同様に連続KO勝ちで決勝に進出しています。

まさにバンタム級最強を決めるにふさわしい対戦カードになったといえるでしょう。

KO決着必至の井上尚弥のWBSS決勝の日程と会場などは、以下の通りです。

名称
WBSSバンタム級決勝12回戦

対戦カード
WBA・IBFチャンピオン井上尚弥 VS WBAスーパーチャンピオンノニト・ドネア(フィリピン)

日程
2019年11月7日(木)

時間
18:30~

会場
さいたまスーパーアリーナ

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ 井上尚弥のWBSS決勝の地上波テレビ放送は?生放送の時間はいつ?

井上尚弥のWBSSの戦績

最後に井上尚弥選手のWBSSでの戦績を確認しておきましょう。

井上尚弥選手は、これまでキャリア18戦18勝無敗で、そのうち16KO勝ちという戦績を誇り、WBSSバンタム級でも優勝候補筆頭に挙げられています。

これまでのWBSSの戦績を見てもご覧の通り、1回戦は1ラウンド、準決勝は2ラウンドという試合序盤でのKO勝ちという圧倒的な強さを見せています。

決勝でもこれまで通りの強さを見せてくれることを期待したいですね。

井上尚弥選手のWBSSの戦績は、以下の通りです。

2019年5月18日WBSS準決勝(WBA世界バンタム級防衛戦)
VS IBF世界バンタム級チャンピオン・エマニュエル・ロドリゲス(プエルトリコ)
2R 1:19 KO勝利

2018年10月7日WBSS1回戦(WBA世界バンタム級初防衛戦)
VS WBA世界バンタム級4位・ファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)
1R 1:10 KO勝利

井上尚弥選手の戦績:18戦18勝 (16KO) 無敗
※2019年10月17日現在

まとめ

今回は、バンタム級優勝が期待される井上尚弥選手のWBSS決勝の賞金はいくらなのか、また日程とこれまでの戦績なども見てきました。

井上尚弥選手のWBSS決勝の賞金は約400万ドル(約4億円)ともいわれており、軽量級としては破格のファイトマネーと賞金です。

WBSS決勝の日程は11月7日(木)、会場はさいたまスーパーアリーナ、対戦相手のノニト・ドネア選手は元5階級制覇チャンピオンで、WBSSでの戦績は両者すべてKO勝ちという凄まじい戦績です。

見逃せない世紀の一戦になることでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました