村田諒太の次の防衛戦2018はいつ・どこで?テレビ放送予定も



スポンサードリンク

Pocket

村田諒太選手の次の防衛戦が現地時間の2018年10月20日、日本時間では21日の日曜日に迫っています。

前回、4月の初防衛戦では見事なKO勝ちを飾った村田諒太選手ですが、今回は、初めてのアメリカ・ラスベガスでの防衛戦となります。

相手もミドル級2位の強敵です。

テレビ放送はDAZN(ダゾーン)というネット配信が決定しています。

はたして、どんな試合になるのでしょうか?

今回は、村田諒太の次の防衛戦2018はいつ・どこで行われるのか?さらにテレビ放送予定についても見ていきます。




スポンサードリンク

村田諒太の次の防衛戦2018はいつ・どこで?

村田諒太選手の次の防衛戦WBA世界ミドル級タイトルマッチは、村田諒太選手にとって2度目の防衛戦であるとともに初めてのアメリカ・ラスベガスでの防衛戦となります。

相手はWBA世界ミドル級2位のボブ・ブラント選手で高いKO率を持つ強敵です。

この2度目の防衛戦はいつ、どこで行われるのでしょうか?

開催日は10月20日(現地時間)で、日本時間の21日で、開催場所は「パークMGMラスベガス」パーク・シアターです。

どこで開催されるのかが、大きな意味を持つ防衛戦で、ミドル級統一王者を目指す村田諒太選手としてはラスベガスでの試合というのがポイントです。

アメリカでの認知度を上げるためにはラスベガスで勝って、村田諒太という名前を売るのが非常に重要になります。

さらに勝ち方も求められる防衛戦で、いい勝ち方をすれば、念願の王座統一戦の実現に弾みが付きます。

では、村田諒太の次の防衛戦2018の概要と両選手のプロフィールを見ていきましょう。

村田諒太の次の防衛戦2018概要

村田諒太(帝拳) VS  ロブ・ブラント(アメリカ)

開催日時 2018年10月20日(土) 19:00(現地時間) ※日本時間21日(日)11:00

開催場所 「パークMGMラスベガス」パーク・シアター(アメリカ・ネバダ州ラスベガス)

スポンサードリンク

チャンピオン村田諒太選手のプロフィール

ロンドン・オリンピックで金メダリストに耀き、2013年プロ転向、2017年10月22日ミドル級世界王座を獲得、2018年4月15日には鮮烈なKO勝ちを飾っています。

ランク   WBA世界ミドル級チャンピオン
年齢    32歳
所属ジム  帝拳
戦績    15戦14勝(11KO)1敗
身長    183cm
リーチ   184cm

挑戦者ボブ・ブラント選手のプロフィール

今回は、WBAからの指名挑戦者ということで、目下WBA最強ともいえます。

ランク   WBA世界ミドル級2位
年齢    27歳
出身国   アメリカ
戦績    24戦23勝(16KO)1敗
身長    182cm
リーチ   179cm

村田諒太の次の防衛戦2018のテレビ放送予定

村田諒太の次の防衛戦2018は、日本ではDAZN(ダゾーン)で独占生中継されます。

放送時間は日本時間の、21日(日)午前11:00から生中継です。

このDAZN(ダゾーン)はあまり、聴き慣れない方もいらっしゃると思います。

簡単に説明すると、DAZNはスポーツと音楽に特化した動画配信サービスで、今なら新規契約の方は1か月無料で視聴できるようです。

詳しくはこちらから、どうぞ ⇒ DAZN(ダゾーン)

今回、DAZN(ダゾーン)が独占生中継ということで、前回放送したフジテレビや、他のWOWOWエキサイトマッチでの放送はないようです。

まとめ

今回は、村田諒太の次の防衛戦2018はいつ・どこで行われるのか?さらにテレビ放送予定についても見てきました。

村田諒太の次の防衛戦2018はいつ、どこで行われるのか気になるところでしたが、開催日は10月20日(現地時間)で、日本時間の21日で、開催場所は「パークMGMラスベガス」パーク・シアターです。

テレビ放送予定は、DAZN(ダゾーン)で生中継され、放送時間は日本時間の、21日(日)午前11:00からです。

いよいよアメリカ進出の第一歩となる防衛戦で、村田諒太選手にとっては夢の王座統一戦実現に向けて非常に重要な防衛戦です。

夢の実現に、私たちも日本から声援を送りましょう。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

その他のボクシングに関する記事は、こちらからどうぞ!
☞ ボクシングのWBSSとは?破格の優勝賞金とルールなども

☞ ボクシング団体の種類が多すぎ!格付けと最強を決める統一戦は?

☞ ボクシングの階級を決めるのは体重だけ?身長は決め方に関係なし?

☞ ボクシングで一番の人気階級はここ!日本人チャンピオンがいるのは?

☞ ボクシング日本人最強チャンピオンはだれ?歴代と現役で考えてみた



スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする