ボクシング日本人最強チャンピオンはだれ?歴代と現役で考えてみた

ボクシング日本人の世界チャンピオンはこれまで多数輩出されていますが、はたして最強チャンピオンはだれなのでしょうか?

もちろん、さまざまな階級があり、対戦もしていないのですから単純に比較はできません。

それでもなおデータや記録、逸話などをもとに考えてみようと思います。

実際に試合をしているわけではないので、推測の域を出ませんが、考えていると夢が広がって楽しいですね。

今回は、ボクシング日本人最強チャンピオンはだれか、歴代と現役で考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

ボクシング日本人最強チャンピオンは?~部門別

まず、ボクシング日本人最強チャンピオンを部門別に見ていきましょう。

階級と時代が違えば単純に比較できない面もありますが、参考にはなると思います。

調べてみたのは防衛記録とパンチ力(KO率・連続KO勝利)、最多勝利数の3部門です。

はたして、どういう結果になったのでしょうか?

防衛記録編

防衛記録は、具志堅用高と山中慎介がダントツといっていいでしょう。
なんといってもこの2人は連続防衛というのが光ります。
山中慎介があと1つまで迫って記録更新が期待されましたが対戦相手のウエイトオーバーなどもあってとても残念でしたね。

1位 具志堅用高  13回(連続防衛)
2位 山中慎介   12回(連続防衛)
3位 内山高志   11回
3位 井岡一翔   11回

パンチ力編~KO率・連続KO勝利

パンチ力をKO率と連続KO勝利で、調べてみました。
パンチ力部門はKO率・連続KO勝利でともにトップの比嘉大吾で決まりでしょう。
軽量級のフライ級であることを考えるとこのKO率の高さは驚異的です。
連続KO勝利で比嘉大吾と並んでトップの浜田剛史(KO率79.2%)は、パンチ力が強すぎて何度も拳を骨折したという逸話もあります。

KO率
1位 比嘉大吾  93.7%(16試合中15KO)
2位 井上尚弥  88.2%(17試合中15KO)
3位 平仲明信  81.8%(22試合中18KO)

連続KO勝利
浜田剛史 15回
比嘉大吾 15回

最多勝利数編

最多勝利数は今の選手より昔の選手のほうが有利です。
今は選手の安全を考慮して、試合終了後は2週間の休養、KO負けの場合は90日間休養など休養が義務付けられていて試合数が昔ほど多く組めません。
最多勝利数の記録もやはり、休養義務のない時代の選手が占めています。
しかし、裏返せば、それだけタフだったともいえるでしょう。

1位 海老原博幸   62勝(33KO5敗1分け)
2位 小林弘     61勝(10KO10敗4分け)
3位 ファイティング原田  56勝(23KO7敗)

スポンサードリンク

ボクシング日本人最強チャンピオンは?歴代・現役別

では、上の3部門のデータなどから、ボクシング日本人最強チャンピオンはだれかを歴代・現役別に考えていきます。

みなさんの頭の中にも日本人最強チャンピオンはこの選手かあの選手かと浮かんできているかと思いますが、同じ階級で試合をしたらどうなるかを想像してみて下さい。

なお、ここでいう歴代チャンピオンはすでに引退したチャンピオンで、現役は含みません。

歴代チャンピオンでは?

日本の歴代チャンピオンでの最強は、上の3部門を見る限りでは具志堅用高と山中慎介が頭一つ抜けている印象がありますが、この2人が同じ階級で試合をするなんてとても想像ができません。

他にも名チャンピオンや記憶に残るチャンピオンはたくさんいますが、とてもだれが最強かは選び切れません。

現役チャンピオンでは?

日本の現役チャンピオンは、村田諒太(ミドル級)、伊藤雅雪(スパーフェザー級)、井上尚弥(バンタム級)、田中恒成(フライ級)、拳四朗(ライトフライ級)の5人です。

この5人の中で、最強のチャンピオンははたして、だれでしょうか?

KO率の高さや実績から考えると村田諒太と井上尚弥が双璧に思えますが、みなさんはどうでしょうか?

これまでの戦績は、以下の通りです。

村田諒太   14勝(11KO)1敗

伊藤雅雪   24勝(12KO)1敗1分け

井上尚弥   17勝(15KO)無敗    3階級王者

田中恒成   12勝(7KO)無敗    2階級王者

拳四朗    14勝(8KO)無敗

まとめ

今回は、ボクシング日本人最強チャンピオンはだれか、歴代と現役で考えてみました。

ボクシング日本人最強チャンピオンは、強いてあげれば歴代では具志堅用高と山中慎介が頭一つ抜けている印象がありますが、だれが最強かは決めかねます。

現役では村田諒太と井上尚弥が双璧ではないでしょうか。

かなり難しい企画をしてしまったと後から自分で思いましたが、考えてみると日本も素晴らしい世界チャンピオンがたくさん輩出していることがわかりました。

そして、これから日本という枠組みを超えて、世界の全階級を通しての最強チャンピオンが日本から生まれるかもしれません。

期待して見守りたいと思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※戦績などの情報は2018年10月10日現在のものです。

その他のボクシングに関する記事は、こちらからどうぞ!
☞ ボクシングのWBSSとは?破格の優勝賞金とルールなども

☞ ボクシング団体の種類が多すぎ!格付けと最強を決める統一戦は?

☞ ボクシングの階級を決めるのは体重だけ?身長は決め方に関係なし?

☞ ボクシングで一番の人気階級はここ!日本人チャンピオンがいるのは?

☞ ボクシング・ファイトマネーの最高額は?日本人やヘビー級の場合も

コメント

タイトルとURLをコピーしました