ボクシング・ファイトマネーの最高額は?日本人やヘビー級の場合も

ボクシングファイトマネーを見ていると、まるで桁外れの金額で目が点になってしまうことがあります。

マイク・タイソン、モハメド・アリなど強くて有名な選手が多いヘビー級ですが、迫力では間違いなく全階級ナンバー1ですね。

やっぱりファイトマネーも一番高いのでしょうね。

いったい一試合でいくらぐらいのファイトマネーを稼ぎ出すのでしょうか?

今回は、「ボクシング・ファイトマネーの最高額は?ヘビー級や日本人はいくら?」と題して、ボクシング・ファイトマネーの最高額を日本人・ヘビー級などに分けて見ていきます。

スポンサーリンク

ボクシング・ファイトマネーの最高額は?

ボクシングではヘビー級のファイトマネーが最も高額というイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、実はそうではありません。

モハメド・アリやマイク・タイソンなど有名な世界チャンピオンはヘビー級に多いですが、意外にもファイトマネーとなるとそうでもないんです。

では、これまでのボクシングの歴史の中で、史上最高額のファイトマネーはいくらなのでしょうか?

それは、2015年5月2日にアメリカ・ラスベガスで行われたフロイド・メイウェザー・ジュニア(アメリカ)対マニー・パッキャオ(フィリピン)戦で、メイウェザーのファイトマネーが推定約200億円、パッキャオのファイトマネーが約150億円で、総額350億円を超えるファイトマネーだったといわれています。

200億円とは凄いファイトマネーで、驚くほかありません。

WBA・WBC・WBOウエルター級の3団体統一戦でした。

この試合などは、まさにアメリカン・ドリームでボクシングがまさに夢のあるスポーツだと納得させられるものです。

スポンサードリンク

ボクシング・ファイトマネーの最高額~日本人の史上最高額

では、日本人の史上最高額のファイトマネーは、どうでしょうか?

日本人の史上最高額のファイトマネーは、1994年に行われたWBC世界バンタム級王座統一戦の辰吉丈一郎対薬師寺保栄の一戦で、両者のファイトマネーは1億7,000万円といわれています。

当時、バンタム級正規王座だった薬師寺保栄と暫定王座の辰吉丈一郎の王座統一戦をWBCが両命じた試合でした。

戦前の予想では辰吉有利でしたが、結果は薬師寺が2−0の判定勝ちで、王座を統一しました。

「世紀の一戦」と謳われた試合は、試合内容も試合前から舌戦もすさまじく、記憶に残る日本人同士の世界タイトルマッチとして今もなお語り草となっています。

ボクシング・ファイトマネーの最高額~ヘビー級の史上最高額

では最後に、ヘビー級の史上最高額のファイトマネーはどうでしょうか?

筆者はボクシング・ファイトマネーの最高額はヘビー級だと思っていたのですが、実はマイク・タイソンの時代をピークにヘビー級の人気が落ちてきたため、ファイトマネーにも影響を与えているのです。

例えば現在のWBCヘビー級チャンピオンのデオンテイ・ワイルダーのファイトマネーは、試合によって多少違うものの約1億円ほどといわれています。

低い金額ではありませんが、イメージよりは全然低かったのではないかと思います。

現在は人気選手の多い中量級のファイトマネーが高い傾向があります。

ちなみにこれまでのヘビー級のファイトマネー最高額は、1997年のマイク・タイソン対イベンダー・ホリフィールドの再戦での両者3,500万ドル(約42億円)です。

例の「耳噛み事件」の一戦です。

ファイトマネーは人気のバロメーター?

こうして見るとヘビー級だからファイトマネーが高くて、フライ級だから低いと一概には言えないわけなんですね。

結局のところ、ファイトマネーの高い低いはどれだけ人気のある選手が試合をやるかにかかっているといえます。

当然、人気の高い選手同士の試合はファイトマネーが高くなりやすいといえるでしょう。

マイク・タイソンがいなくなってからは、主に中量級に人気の高い選手が多かったためにファイトマネーも跳ね上がったというわけです。

人気があれば、視聴率がアップし、スポンサーがつくのでファイトマネーも上がるという図式です。

ファイトマネーは人気のバロメーターといえます。

まとめ

今回は、「ボクシング・ファイトマネーの最高額は?ヘビー級や日本人はいくら?」と題して、ボクシング・ファイトマネーの最高額を日本人・ヘビー級などに分けて見てきました。

ボクシング・ファイトマネーの最高額は、2015年フロイド・メイウェザー・ジュニア(アメリカ)の推定約200億円、ヘビー級は1997年マイク・タイソン対イベンダー・ホリフィールドの再戦での両者約42億円、日本人では1994年辰吉丈一郎対薬師寺保栄戦の1億7,000万円といわれています。

ボクシング・ヘビー級のファイトマネーはマイク・タイソンの時代がピークで、現在では中量級のファイトマネーが高額です。

ヘビー級だからファイトマネーが高いというわけではなく、いかに人気選手が試合をするかがカギといえます。

しかし、今はヘビー級にもすごい選手が出てきていますから、あとはマッチメイクと試合内容次第で人気が復活することでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

その他のボクシングに関する記事は、こちらからどうぞ!
☞ ボクシングのファイトマネーの仕組みは?どこから出て誰が払うの?

☞ ボクシング団体の種類が多すぎ!格付けと最強を決める統一戦は?

☞ ボクシングの階級とチャンピオンはこんなに増えた!昔と比較すると?

☞ ボクシングのWBSSとは?破格の優勝賞金とルールなども

コメント

タイトルとURLをコピーしました