エキサイトマッチ6月の放送カードと井上尚弥参戦のWBSSとは?

Pocket

毎月、ビッグマッチが続くプロボクシング界ですが、5月は井上尚弥選手がバンタム級のタイトルマッチを制し、見事3階級制覇を達成しました。

井上尚弥選手がこの後参加を表明しているWBSSについての展望はどうなのか?

今回は、エキサイトマッチ6月の放送カードとともに井上尚弥参戦のWBSSについて見ていきます。

スポンサードリンク

キサイトマッチ6月の放送カード

6月のエキサイトマッチでは、S・ウェルター級の王座統一戦が最大の見どころでしょう。

主な放送カードは以下のようになります。

6月4日(月)PM8:00
「激戦区S・ウェルター級王座統一戦!」

WBA・IBF世界S・ウェルター級王座統一戦
WBA世界S・ウェルター級チャンピオン
エリスランディ・ララ(アメリカ/キューバ)

VS

IBF世界S・ウェルター級チャンピオン
ジャレット・ハード(アメリカ)

6月11日(月)PM8:00
「フェザー級トップ戦線を占うスター対決!」

WBO暫定世界フェザー級王座決定戦
元2階級制覇王者
カール・フランプトン(イギリス)

VS

元5階級制覇王者
ノニト・ドネア(フィリピン)

6月18日(月)PM9:00
「天才ボクサー、ブローナー再起なるか!?」

144ポンドキャッチウェイト契約
元4階級制覇王者
エイドリアン・ブローナー(アメリカ)

VS

元2階級制覇王者
ジェシー・バルガス(アメリカ)

6月25日(月)PM9:00
「岩佐の対抗王者、マグダレノの防衛戦!」

WBO世界S・バンタム級タイトルマッチ
WBO世界S・バンタム級チャンピオン
ジェシー・マグダレノ(アメリカ)

VS

WBO世界S・バンタム級暫定チャンピオン
アイザック・ドグボエ(ガーナ)

スポンサードリンク

井上尚弥参戦のWBSSとは?

5月25日に行われたWBA世界バンタム級タイトルマッチで井上尚弥選手が圧倒的な強さを発揮し、1R1分50秒で王者ジェイミー・マクドネルにTKO勝ちしました。

これでWBA世界バンタム級新王者となり、16戦目で3階級制覇を達成し日本最速記録を更新しました。

試合後のインタビューで、「WBSSに参加する」と宣言し、WBSSへの思いを熱く語りましたが、このWBSSとはどんなものなのでしょうか?

WBSS概要

WBSSとは、「World Boxing Super Series(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)」の略称です。

現在、ボクシング団体は複数あり、WBA、WBO、WBC、IBFが主要4団体と呼ばれています。

それぞれのボクシング団体にはチャンピオンがいて、各階級には4人ものチャンピオンが存在することになります。

チャンピオンが4人?

見る方からするとチャンピオンは1人で十分ですよね!

そこで各団体のトップレベルの選手8人でトーナメントを行って、だれが最強のチャンピオンなのかを決めようということで2017年から始まったのがWBSSです。

WBSSバンタム級開催日程

井上尚弥選手が参加するバンタム級のWBSSは2018年秋からスタートします。

7月に組み合わせ抽選を行い、1回戦は9月にアメリカ、準決勝は12月に日本、決勝は4〜6月にイギリスで開催される予定になっています。

WBSSバンタム級出場予定選手

さて気になるのはWBSSバンタム級の出場予定選手ですが、やはり凄い選手ばかりです。

WBAスーパーチャンピオンのライアン・バーネット(25歳・イギリス)、WBOチャンピオンのゾラニ・テテ(30歳・南アフリカ)、IBFチャンピオンのエマヌエル・ロドリゲス(25歳・プエルトリコ)、そしてWBAチャンピオンの井上尚弥選手(25歳・日本)の参加が、現在発表されています。

WBSSバンタム級優勝候補

少し気が早いかもしれませんが、WBSSバンタム級の優勝候補はだれなのか?

うれしいことに海外では井上尚弥選手が優勝候補筆頭に挙げられています。

「イノウエのスピード、パワー、ボディの能力で優位」との見解のようです。

圧巻のスピード、規格外のパワー、強烈無比なボディブローの3つの武器が高く評価され、「The Monster」こそが優勝候補としています。

対抗馬として挙げられているのが、“プエルトリコの怪物”ロドリゲスです。

ロドリゲスはボディ打ちが得意なボクサーと戦うことに慣れているからというのが理由ですが、はたして結果はいかに!

まとめ

今回は、エキサイトマッチ6月の放送カードと井上尚弥参戦のWBSSについてまとめてみました。

6月のエキサイトマッチも注目の放送カードが続きますが、5月はなんといっても井上尚弥選手の3階級制覇に尽きますね。

今後のWBSSでの活躍を想像すると興奮を隠しきれないファンも多いと思います。

また、チャンピオンが複数存在する時代にこのWBSSの立ち上げはまさにファンが求めている企画そのものなのではないでしょうか?

すべての階級でWBSSが開催されて真のチャンピオンが決まることを期待します。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

その他のボクシングに関する記事は、こちらからどうぞ!
☞ ボクシング団体の種類が多すぎ!格付けと最強を決める統一戦は?

☞ ボクシングの階級を決めるのは体重だけ?身長は決め方に関係なし?

☞ ボクシングで一番の人気階級はここ!日本人チャンピオンがいるのは?

☞ ボクシング日本人最強チャンピオンはだれ?歴代と現役で考えてみた

☞ ボクシング・ヘビー級のファイトマネーは?タイトルマッチ迫る!

リンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする