ボクシングの試合ならエキサイトマッチで!5月のテレビ放送予定

Pocket

4月のボクシングは、ミドル級のタイトルマッチが行われ、チャンピオンの村田諒太選手が見事KO勝ちで初防衛を果たしました。

5月のボクシングも村田諒太選手のクラスのミドル級をはじめ、注目の試合がたくさん組まれています。

ゴロフキンやリナレス、ロマチェンコなどが登場し、話題がつきません。

今回は、ボクシング中継のエキサイトマッチの5月のテレビ放送予定や試合の見どころなどを見ていきます。

スポンサードリンク

エキサイトマッチ、5月の見どころ

5月のエキサイトマッチは、ミドル級で注目の試合が組まれていました。

ゲンナディ・ゴロフキンとサウル・カネロ・アルバレスの再戦です。

両者は昨年9月に対戦し、大変な注目を集めましたが、結果は引き分けに終わりました。

その再戦が5月6日に組まれていたのですが、アルバレスにドーピング陽性反応が出てしまい、再戦不可となりました。

大注目の再戦だっただけに残念でなりません。

しかし、他にリナレス対ロマチェンコ という現代ボクシング界最高峰のスピード&テクニック対決があります。

両者とも複数階級制覇チャンピオンであり、実績も十分です。

目が離せない一戦になるのはまちがいないでしょう。

スポンサードリンク

エキサイトマッチ、5月のテレビ放送予定

5月のテレビ放送予定は以下の通りです。

5月6日(日) 午前10:30(生中継)  5月7日(月) 午後9:00(再放送)

WBA・WBC世界ミドル級タイトルマッチ
3団体統一チャンピオン
ゲンナディ・ゴロフキン   VS   バーネス・マーティロスヤン

村田諒太選手はWBAの正規王座ですが、そのミドル級でゴロフキンはWBAスーパー、WBC、IBFと3団体の王座を保持し、さらに現在、19連続防衛中です。
挑戦者を急遽変更してのゴロフキン20度目の防衛戦です。

5月13日(日) 午前9:00(生中継)  5月14日(月) 午後9:00(再放送)

WBA世界ライト級タイトルマッチ
チャンピオン
ホルヘ・リナレス   VS   ワシル・ロマチェンコ

3階級王者ホルヘ・リナレスと2階級王者のワシル・ロマチェンコがライト級で現ボクシング界屈指のスピード対決!

5月21日(月) 午後9:00

WBC世界S・ライト級王座決定戦
WBC
世界S・ライト級3位      WBC世界S・ライト級1位
ホセ・ラミレス        VS   アミール・イマム

ボクシングの試合は何があるかわかりませんが勝敗予想

ご存知の通り、ボクシングの試合というのは何があるかわかりません。

しかし、今月は独断と偏見で勝敗を予想してみたいと思います。

まず、ゴロフキン対マーティロスヤン戦ですが、これはだれが予想してもゴロフキンでしょう。ただし、対戦相手が変わってモチベーションが落ちていなければいいのですが…。
順当ならゴロフキンの早い回でのKO勝ちも見られるでしょう。

難しいのが、リナレス対ロマチェンコ戦でしょう。
正直スピード・テクニックともにどちらが有利とも判断がつきません。
やってみなければわからない一戦と言ってしまえばその通りですが、当日に向けたコンディション作りが勝敗を分けるような気がします。
熱戦は必至の一戦です。

まとめ

今回は、ボクシング中継のエキサイトマッチの5月のテレビ放送予定や試合の見どころをなどまとめてみました。

ゲンナディ・ゴロフキンとサウル・カネロ・アルバレスの再戦が流れたのは残念ですが、リナレス対ロマチェンコ戦などがあり、5月のボクシングも話題いっぱいです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

リンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする