文章力をつけるために本を読むがブロブを書くのに影響はあったか?



スポンサードリンク

Pocket

こうやってブログを始めてみたものの元来文章を書くのが苦手なタイプでして毎回四苦八苦しながら書いております。

ブログを書くまでは文章を書くといえばメールぐらいなもので、これ自体も文章と呼べるのかどうかも非常に微妙です。

そこで今回は、文章力をつけるために一冊の本を読んだ経験を中心につぶやいてみたいと思います。




スポンサードリンク

文章力をつける、つけないではブログに差

文章力をつけると読み手にはブログが読みやすくなります。

逆に文章力がないと読みにくいブログになり、書き上げるまでに大変な時間を要します。

今の私がまさにそうです。

まだ数えるほどしか書いてませんが、一本のブログに数時間かかり、投稿した後に読み返せば火が出るほど恥ずかしいという有り様です。

そこで文章力をつける方法を考えました。

文章力をつけるための本

ブログを書くにあたって文章力はあった方がいいのは明白だと思います。

特に私のような普段文章を書いていない人間にとっては文章を書くというのはかなりのプレッシャーです。

そこで何か文章力をつける対策をしようと思い、本を読むことにしました。

いろいろ調べて手にした本が、渋谷和宏さん著の「文章は読むだけで上手くなる」です。

文章はたくさん書かないとうまくならないといわれていますが、やみくもに書いてもうまくなるまでは相当な時間がかかると思います。

この本はタイトル通り、読むだけで文章がうまくなるというものです。

大まかな内容は、読みやすい文章を形式的に書く方法ややってしまいがちな文章の勘違い、伝え方のコツなどを非常に簡単に説明しています。

スポンサードリンク

本を読んでブログに影響はあったか?

この本を読みながらなるほどと唸りながら読んでいました。

これに習って文章を書けば自分にもそこそこ読みやすい文章を書けるんじゃないかと思いました。

まだまだ駆け出しですが何本か書いたブログを振り返ってみると…。

やっぱりイマイチいい文章には感じません。

本に書いてあろことを注意しながら書いているつもりではあるんですが、なんていうか魅力を感じないんですよね。

まあ、だれも読んでいないでしょうから、いいんですが…。

しかし、この本の通りに実践できればいい文章になるのは間違いないと思うので、この先、ブログにはいい影響が出てくるのではないかと自分に期待しています。

まとめ

文章力をつけるための本を読んだ割には、今回もイマイチのブログになってしまいましたが、私にはやはり場数も必要なようです。

そうそう簡単には文章力はつかないようですね。

ただひとつ言えるのは、やみくもに文章を書くよりは文章のことを知り、何かに注意しながら場数を積むのが文章力をつける近道なのではないでしょうか?

これから私の文章がどう変化していくかはわかりませんが、知らないうちに気づいたらうまくなっていた、という日が来るのを楽しみにせっせとブログを書いていきたいと思います。

はたしてどうなることやら…。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

その他のに関する本に関する記事はこちらからどうぞ!
☞ 本を読んでいると眠くなるのはなぜ?原因と対策は? 

☞ 本が読めない人は集中力のない病気なの?原因と対策は? 

☞ 読書感想文を書きやすい本の選び方と書き方は?これで小学生も安心! 

☞ おいしい牛肉の種類や産地がわかる本 

☞ 本を捨てる方法はどうしてますか?処分する基準とタイミングは? 



スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする