夏の甲子園2019のドラフト注目選手はだれ?投手・打者別まとめ

夏の甲子園2019が、いよいよ8月6日(火)から開幕、決勝戦の8月21日(水)まで熱い戦いが繰り広げられます。

今年も多くの高校球児が全国から集まりますが、最近の高校野球のレベルの高さには目を見張るものがあります。

プロ野球のスカウトも未来のスター選手の視察に甲子園を訪れます。

そんな中で夏の甲子園2019のドラフト注目選手は、だれなのでしょうか?

今回は、夏の甲子園2019のいドラフト注目選手はだれなのか、投手・打者別でまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

夏の甲子園2019のドラフト注目選手まとめ

夏の甲子園は毎年、将来のスター候補や中にはアメリカ・メジャーリーグで活躍するような注目選手の宝庫ともいえます。

残念ながら、地区大会から注目選手として新聞・テレビなどで大きく取り上げられていた大船渡高校の佐々木投手のように甲子園に出場できない選手もいますが、それでも将来に大きな期待を抱かせる選手はたくさん出場します。

そんな夏の甲子園2019の出場選手の中から地区大会での成績を中心に見て、ドラフト注目選手を投手・打者別にまとめました。

投手部門

奥川恭伸(石川県・星陵)投球回24 被安打16 奪三振40 与四死球3 失点5

最速158キロを誇り、今大会ナンバーワン右腕と評価されるドラフト1位候補です。
ストレートだけでなくフォークやスライダーなどの変化球も一級品。

前佑囲斗(三重県・津田学園)投球回31 被安打19 奪三振38 与四死球6 失点4

最速152キロの右腕ですが、ストレートだけでなく変化球との緩急をつけたピッチングが高い評価を得ています。

林優樹(滋賀県・近江)投球回26 被安打10 奪三振30 与四死球6 失点0

技巧派の左腕ですが、なんといっても滋賀大会26回無失点が光ります。最大の武器であるチェンジアップにストレートにも磨きがかかっています。

打者部門

近藤遼一(青森県・八戸学院光星)打率:.583 本塁打6 打点20

青森大会で最もホームラン数が多かったのが、青森県代表の八戸学院光星で15本。
そのうち6本を打ったのが3番の近藤遼一選手で、ホームランは狙わずヒットの延長がホームランというタイプです。

坂下翔馬(奈良県・智弁学園)打率:.682 本塁打5 打点13

智弁学園は、奈良大会で12本のホームランを放ちましたが、そのうち5本は坂下選手が打ったものです。
身長164㎝と小柄な左バッターですが、奈良大会での個人新記録となるホームラン数と6割8分2厘の驚異的な打率は地区大会屈指の成績です。

井上広大(大阪府・履正社)打率:.407 本塁打4 打点10

高校通算46本のホームラン数を誇る大型外野手で、確実性を増したバッティングフォームに改良し、打率もアップしてきました。
パワーに安定感も加わって今大会でも非常に怖い存在となっています。

※紹介している成績は各地区大会の成績です。

スポンサードリンク

夏の甲子園2019のドラフト注目選手の初戦のスケジュールは?

最後に夏の甲子園2019のドラフト注目選手の初戦のスケジュールを確認しておきましょう。

夏の甲子園2019の詳しい組み合わせは以下の通りですが、6名のドラフト注目選手の初戦はそれぞれ、

・近藤遼一(青森県・八戸学院光星)⇒ 第1日 8月6日(火) 第1試合 10:30

・井上広大(大阪府・履正社)⇒ 第2日 8月7日(水) 第1試合 8:00

・前佑囲斗(三重県・津田学園)⇒ 第2日 8月7日(水) 第2試合 10:30

・奥川恭伸(石川県・星陵)⇒ 第2日 8月7日(水) 第3試合 13:00

・林優樹(滋賀県・近江)⇒ 第6日 8月11日(日) 第2試合 10:30

・坂下翔馬(奈良県・智弁学園)⇒ 第7日 8月12日(月) 第3試合 13:00

となっています。

第2日の8月7日(水)に3選手が集中して登場します。

夏の甲子園2019の日程と組み合わせ

第1日 8月6日(火)
第1試合 八戸学院光星(青森)VS 誉(愛知)
第2試合 佐賀北(佐賀)VS 神村学園(鹿児島)
第3試合 高岡商(富山) VS 石見智翠館(島根)

第2日 8月7日(水)
第1試合 履正社(大阪)VS 霞ケ浦(茨城)
第2試合 静岡(静岡)VS 津田学園(三重)
第3試合 星稜(石川)VS 旭川大(北北海道)
第4試合 秋田中央(秋田)VS 立命館宇治(京都)

第3日 8月8日(木)
第1試合 米子東(鳥取)VS 智弁和歌山(和歌山)
第2試合 明徳義塾(高知)VS 藤蔭(大分)
第3試合 前橋育英(群馬)VS 国学院久我山(西東京)
第4試合 敦賀気比(福井)VS 富島(宮崎)

第4日 8月9日(金)
第1試合 花巻東(岩手)VS 鳴門(徳島)
第2試合 飯山(長野)VS 仙台育英(宮城)
第3試合 習志野(千葉)VS 沖縄尚学(沖縄)
第4試合 高松商(香川)VS 鶴岡東(山形)

第5日 8月10日(土)
第1試合 日本文理(新潟)VS 関東一(東東京)
第2試合 熊本工(熊本)VS 山梨学院(山梨)
第3試合 岡山学芸館(岡山)VS 広島商(広島)

第6日 8月11日(日)
第1試合 筑陽学園(福岡)VS 作新学院(栃木)
第2試合 東海大相模(神奈川)VS 近江(滋賀)
第3試合 中京学院大中京(岐阜)VS 北照(南北海道)
第4試合 花咲徳栄(埼玉)VS 明石商(兵庫)

第7日 8月12日(月)
第1試合 宇和島東(愛媛)VS 宇部鴻城(山口)
第2試合 海星(長崎)VS 聖光学院(福島)
第3試合 智弁学園(奈良)VS 第1日・第1試合の勝者

まとめ

今回は、夏の甲子園2019のドラフト注目選手はだれなのか、投手・打者別でまとめてみました。

夏の甲子園2019のドラフト注目選手は、地区大会の成績などから投手・打者別で、

投手部門:奥川恭伸(星陵)、前佑囲斗(津田学園)、林優樹(近江)

打者部門:近藤遼一(八戸学院光星)、坂下翔馬(智弁学園)、井上広大(履正社)

の6選手をあげたいと思います。

ここであげた6選手以外にも有力な選手はたくさんいますが、甲子園では注目選手以外にも脚光を浴びる選手も現れることも多いです。

どんな選手が活躍するのか、楽しみに観戦したいと思います。

この記事が少しでもみなさんのお役に立てば、うれしいです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ 夏の甲子園で優勝したことない都道府県は?どうなる100回大会?

☞ 高校野球に球数制限導入決定!甲子園の投球過多による故障は防げる?

☞ 夏の高校野球岩手大会2019優勝校予想と組み合わせ!注目選手も

☞ 花巻東高校の夏の甲子園2019の試合日程は?過去の成績も

☞ 野球の難しいルールは知らなくてもこれだけ覚えていれば大丈夫!

☞ 野球のソックスの履き方も時代を反映している?履く意味と履き方も

コメント

タイトルとURLをコピーしました