花粉症2019年の飛散時期と飛散量は?対策グッズは吸入器などで!

いよいよ2019年花粉症の季節がやってきます。

毎年花粉症の方には憂鬱な季節ですが、今シーズンはインフルエンザだけでなく、はしかも流行したりと体調管理には大いに気を使いましたね。

気候的にも暖冬とはいえ、寒波が押し寄せたり、雪が降ったり過ごしやすい冬というわけでもありませんでした。

はたして2019年の飛散時期飛散量は、どうなるのでしょうか?

また何かいい花粉症対策グッズなど、ないか気になります。

今回は、2019年の花粉の飛散時期と飛散量、花粉症対策グッズについて見ていきます。

スポンサーリンク

2019年花粉の飛散時期と飛散量

2019年春の花粉飛散量は、北海道を除いて2018年春より多くなる予想です。

花粉の飛散量は、中国・北陸地方で例年の140~160%、その他の地域でも例年の110%ほどで全国的に去年より多めで、飛散開始時期は全国的に例年よりもやや早くなる見込みです。

これは昨年の猛暑による影響とみていいでしょう。

例年にない厳しい暑さとなり、スギ花粉やヒノキ花粉が大いに育ってしまったためです。

一般的に前年の夏が暑ければ花粉も多いという話もありますが、これで風が吹けばおしまいです。

雨が降ってくれるとだいぶ違うんですけどね…。

気温の低い状態が続いて風が吹かなければ、もしかしたら花粉が少ないということもあるかもしれませんが、3月以降急激に暖かくなる見込みのようですから、そういうことにはあまり期待しないほうがいいでしょう。

はずれた時のショックが大きいですから…。

花粉症の方は、❝備えあれば憂いなし❞の気持ちでいたほうがいいでしょう。

スポンサードリンク

2019年花粉症対策グッズ~吸入器など

2019年の花粉症対策ですが、もうすでに花粉の飛散が確認されている地域もありますから、対策は早め早めにしておいたほうが賢明でしょう。

症状が目に出る方、鼻に出る方、その他重複する方など人によってさまざまですが、ご自身の発症パターンに合わせて薬を選択して下さい。

マスクや手洗いは基本中の基本ですので毎日欠かさずに行いましょう。

また人混みを避けたり、室内やマスクの湿気を保つことも忘れずに!

特に今年はインフルエンザも流行していますが、花粉症の予防とインフルエンザの予防は重なる部分が多いので、ぜひ意識しておきたいところです。

A&D(エーアンドデイ)口鼻両用 超音波温熱吸入器 ホットシャワー5 UN-135-P (ピンク)
「A&D(エーアンドデイ)口鼻両用 超音波温熱吸入器 ホットシャワー5 UN-135-P (ピンク)」の詳細を見る

まとめ

今回は、2019年の花粉の飛散時期と飛散量、花粉症対策グッズについて見てきました。

2019年の花粉の飛散時期は例年より早めで、飛散量も2018年春より多くなる予想です。

また、花粉症の対策グッズは吸入器・内服薬・点眼薬・点鼻薬など多種多様ですが、ご自身の発症パターンに合わせて選ぶのがよいでしょう。

ただ薬に関しては毎年のように新しいタイプのものが登場しています。

製薬会社は副作用の軽減と効果の高い薬の開発に躍起になってますので、いろいろな薬を試してみることも大切なポイントです。

予防グッズも同様に毎年、工夫を重ねています。

情報をこまめにチェックし、花粉症の症状軽減に活用しましょう。

まずは花粉が飛散しないことを祈りながら、予防からスタートです。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ 花粉の時期2019はいつまで?スギやヒノキなど種類別に!

☞ ユーカリで花粉症・眠気対策を!アレルギーに効くアロマオイル?

コメント

タイトルとURLをコピーしました